サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. ジュンク堂書店
  4. MARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店

店舗詳細

MARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店

My店舗に登録

My店舗に登録頂くと、当店のお得なクーポン付きメールなどが受け取れます。

ジュンク堂 MARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店 MARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店

フロアマップ[595KB]

店舗の情報を携帯でチェックする

メールでURLを送る

ジュンク堂 MARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店 MARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店

モバイル端末では先のQRコードからもアクセスできます。

住所 〒060-0061
北海道札幌市中央区南1条西1-8-2 丸井今井南館地下2階~5階
電話番号

011-223-1911

営業時間

書籍売場…10:00~21:00 / 文具売場…10:00~19:00

定休日

11月無休
12月無休
※12/31=10:00~18:00
    (文具売場10:00~17:00)

取扱商品
  • 和書
  • 洋書
  • コミック
  • 文具
  • メガネ

取扱サービス
  • カフェ
  • hontoポイント
  • 万年筆友の会
  • 店舗お受け取り

アクセス方法

札幌市営地下鉄東豊線 / 東西線 / 南北線 大通駅 34番出口直結

店舗地図

ジュンク堂 MARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店 MARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店

Google Mapで詳しく見る

備考 お知らせ
<2階「丸善メガネ」のご案内>
営業時間=10:00~20:00
直通電話番号=011-241-7571



駐車場情報
税込2,000円以上お買い上げで、「まるいパーキング」が、2時間無料でご利用頂けます。
※プリペイドカードの購入及び検定の受験料等は、サービスの対象外とさせて頂きます。
(2時間を超えた場合には、30分ごとに税込190円を頂きます。)
「まるいパーキング」駐車場情報はこちら>>

◇「まるいパーキング」が満車の場合は、カモンチケット加盟駐車場(60分無料)もございます。
 加盟駐車場はこちらでご確認ください。
 →詳細はこちらから>>

代引きサービス
代金引換による配送サービスを承ります。送料・手数料は店舗まで直接お問い合わせください。

店舗紹介
「さっぽろテレビ塔」のほど近く、丸井今井札幌本店南館にございます。
地下2階から地上5階まで約2,000坪の広さです。
一般書はもとより専門書にも力を入れており、他店では中々見つからない珍しい商品も多数取り揃えております。
また文具売場やカフェも併設しており、飽きずにゆっくりお買物を楽しんでいただけます。
スタッフ一同、皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げております。
※カフェへの精算前商品の持込みは、ご遠慮頂いております。



店舗画像1

MARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店


店舗画像2

MARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店


店舗画像3

MARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店


店舗画像4

MARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店



お知らせ・イベント

札幌店のフェアやサイン会などの新着イベント情報をご紹介します 一覧を見る

採用情報

札幌店では働きたい方を募集しています 一覧を見る

書店員レビュー

札幌店の書店員レビューをご紹介します 一覧を見る

坂の途中の家 角田 光代 (著)

坂の途中の家

MARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店店員

書店員:「MARUZEN&ジュンク堂書店札幌店」のレビュー

ジュンク堂書店
MARUZEN&ジュンク堂書店|札幌店
家族の光と闇

「最愛の娘を殺した母親は、私かもしれない。」
主人公の里沙子は、2歳の娘、文香を育てている時、乳幼児虐待事件の補助裁判員になる。子どもを殺した母親、水穂の証言にふれていくうちに里沙子は、幸せだと思っていた自分の家族が、実は偽りの幸せだったのだという事に気づき愕然とする。
「幸せだと思っていたものは偽者だった。」主人公が心の中で呟く言葉は重く読者にのしかかる。義祖母の優しい言葉には悪意があり、最愛の夫の言葉も裏返せば里沙子に劣等感を植え付けてくるものだった。
 家族の光と闇をテーマにしたこの小説は、読んでいると息苦しくなる。他人事と割り切って読み終わりたかったのに、それが自分の身近にもごく普通に潜んでいる心の闇なのだと気づいた時、心が凍りつく思いがした。
文芸書担当:島守