サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 店舗情報
  3. ジュンク堂書店
  4. 郡山店/MARUZEN 郡山店(文具)

店舗詳細

ジュンク堂書店 郡山店/MARUZEN 郡山店(文具)

My店舗に登録

My店舗に登録頂くと、当店のお得なクーポン付きメールなどが受け取れます。

ジュンク堂 郡山店/MARUZEN 郡山店(文具) 郡山店/MARUZEN 郡山店(文具)

フロアマップ[543KB]

店舗の情報を携帯でチェックする

メールでURLを送る

ジュンク堂 郡山店/MARUZEN 郡山店(文具) 郡山店/MARUZEN 郡山店(文具)

モバイル端末では先のQRコードからもアクセスできます。

住所 〒963-8004
福島県郡山市中町13-1 うすい百貨店9階(8階文具)
電話番号

024-927-0440

営業時間

10:00~19:00

定休日

11月無休
12月無休

取扱商品
  • 和書
  • 洋書
  • コミック
  • 文具

取扱サービス
  • hontoポイント
  • 駐車場
  • 万年筆友の会
  • 店舗お受け取り

アクセス方法

JR郡山駅 徒歩5分

店舗地図

ジュンク堂 郡山店/MARUZEN 郡山店(文具) 郡山店/MARUZEN 郡山店(文具)

Google Mapで詳しく見る

備考 駐車場情報
駐車場情報はこちら>>(※うすい百貨店に準じます。)

代引きサービス
代金引換便での配送も承ります。送料・手数料は直接店舗までお問い合わせください。

お知らせ
当店でもPontaカード、dポイントカードがご利用いただけるようになりました。
書籍のご購入200円(税抜)ごとに1ポイントがたまります。
また、ポイントでのお支払いもできます。

しかも、お会計時にhontoカードと一緒に提示していただければ、ダブルでポイントがたまります。
ポイントご利用の際は、ポイントカードをお持ちください。


2017年4月27日、ジュンク堂書店 郡山店内に富久栄珈琲がオープン致しました。
高品質に徹底的にこだわり、流通量の少ないスペシャルティコーヒーの中でも納得のできるものを国際鑑定士が厳選して取り扱っております。
より快適にお過ごしいただけるスペースに生まれ変わりましたので、みなさまのご来店をお待ちしております。

店舗紹介
うすい百貨店の9階がジュンク堂書店、8階がMARUZENの文具売場になります。
9階ジュンク堂書店は、50万冊を超える県内最大規模の蔵書数。文芸、児童、実用といった一般書はもちろんの事、医学、理工、人文といった専門書までジュンク堂ならではの幅広い品揃え。実際に本を手に取って選ぶ楽しみを提供いたします。
8階のMARUZEN文具売場は、オリジナル商品をはじめ、一般筆記具、高級国産/輸入筆記具、ギフト雑貨など幅広い年代のお客様にお応えする多彩な商品を取り揃えております。
皆さまのご利用を心よりお待ちしております。

ソーシャルメディア情報
ジュンク堂書店 郡山店では以下のSNSから情報を発信しておりますのでぜひご覧ください。
・Twitter: @junku_koriyama
・LINE@: 「ジュンク堂書店 郡山店」で検索、またはこちらから
友だち追加

店舗画像1

ジュンク堂書店 郡山店


店舗画像2

ジュンク堂書店 郡山店


お知らせ・イベント

郡山店/MARUZEN 郡山店(文具)のフェアやサイン会などの新着イベント情報をご紹介します 一覧を見る

採用情報

    • 現在募集はございません

書店員レビュー

郡山店/MARUZEN 郡山店(文具)の書店員レビューをご紹介します 一覧を見る

指鬘物語 田口ランディ (著)

指鬘物語

書店員:「ジュンク堂書店 郡山店」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|郡山店/MARUZEN 郡山店(文具)
掌編24作品!

著者初の掌編小説。著者がなぜ指をめぐる掌編を書こうと思ったのか、あとがきに書いているのだが理由(視点)がすごい。
 生と死、いじめや介護、悪徳商法や信仰、放射線など日常の中にある問題もテーマにしつつ、その中で生きる凄さや愛情がぎゅっと書かれている。
 一日一編ずつじっくり読み、その日のとっておきの一文(ことば)を見つけるのも良いのではないだろうか。そして何よりこの著者が書く女性は、これでもかというくらい「女の性」をさらすのに、清々しくてカッコいいのが不思議で堪らない。加えて、不器用だったり、子どもっぽい男性を愛をもって書いているのが伝わってくるのが、またおもしろい。