サイト内検索

詳細検索

送料無料

小説・文庫・ラノベポイント2倍(~9/29)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 世界から猫が消えたなら
世界から猫が消えたなら
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 685件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/10/24
  • 出版社: マガジンハウス
  • サイズ:20cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8387-2502-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

世界から猫が消えたなら

著者 川村 元気 (著)

僕の葬式。僕の枕元に集まる人はどんな人たちだろうか。かつての友達、かつての恋人、親戚、教師、同僚たち。そのなかで僕の死を心から悲しんでくれる人は、何人いるのだろうか。僕と...

もっと見る

世界から猫が消えたなら

1,512(税込)

世界から猫が消えたなら

670(税込)

世界から猫が消えたなら

ポイント :6pt / 紙の本より842おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

僕の葬式。僕の枕元に集まる人はどんな人たちだろうか。かつての友達、かつての恋人、親戚、教師、同僚たち。そのなかで僕の死を心から悲しんでくれる人は、何人いるのだろうか。僕と猫と陽気な悪魔の7日間の物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

「この世界からひとつだけ何かを消す。その代わりにあなたは1日の命を得ることができる」 余命あとわずかな30歳の郵便配達員は、陽気な悪魔からささやかれ…。LINEの連載小説を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

川村 元気

略歴
〈川村元気〉1979年生まれ。映画プロデューサーとして「電車男」「告白」「悪人」「モテキ」「おおかみこどもの雨と雪」等を製作。2011年優れた映画製作者に贈られる「藤本賞」を史上最年少で受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

僕は生きるために…

文教堂 二子玉川店さん

僕は生きるために、 消すことを決めた。

今日もし突然、 チョコレートが消えたなら
電話が消えたなら 映画が消えたなら
時計が消えたなら 猫が消えたら
そして
僕が消えたなら

世界はどう変化し、人は何を得て、何を失うのか
30歳郵便配達員。余命あとわずか。
陽気な悪魔が僕の周りにあるものと引き換えに1日の命を与える。
僕と猫と陽気な悪魔の摩訶不思議な7日間がはじまった―――

消してみることで、価値が生まれる。
失うことで、大切さが分かる。
感動的、人生哲学エンタテインメント。


(評者:文教堂書店二子玉川店 店長 瀬戸信之)

みんなのレビュー685件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

『生きている』という事

2013/02/16 01:56

19人中、16人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:carmen - この投稿者のレビュー一覧を見る

一日で読み切りました。
一見物語風なのに、自分が今『生きている』という事がなんなのか、人生とはなんなのかを教えられた気がします。
後半から、涙が止まりませんでした。
『大切なものは失ってから気付く』。でも、これを読んだ人は、失う前に気付けるかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不思議な清々しさ

2013/05/14 21:04

7人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スーパーヘルパー - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んでいる途中は なんとなく苦しく
それでいて 思わず吹き出してしまうシーンもあった
最後には数ページ残して 結末がわかったけれど 最後の答えは読者に任される
そのわかったあたりから とても清々しい気持ちになる
自分と親の関係が若干かぶるが 結末のようにしようとは 私は思わない
なのに残る清々しさは なんだろうか
情景を思い浮かばせる表現に長けているからなのだろうか

読み始めの重苦しい雰囲気とは裏腹に 読み終えた時の清々しさを感じるべく 読んで頂きたい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもしろいけど

2015/09/13 04:09

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tomyam0702 - この投稿者のレビュー一覧を見る

猫が好きなので、猫を飼っている主人公が究極の選択を迫られる、というストーリー展開はおもしろかったし、最後に猫を選ぶところもいいと思う。しかし、手元に大切にして繰り返し読むことはなさそうだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

タイトルにやられた

2016/09/25 17:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プロビデンス - この投稿者のレビュー一覧を見る

うーん、まあ、世界からxxが消えたら、というのは面白い発想だとはおもう、だいたいそれでタイトルが良いとおもったし。しかし、読んでみたらそれほど衝撃がない、というか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

表紙の猫が可愛い!

2015/01/26 20:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:3biki no shirokuma - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙の猫に一目惚れで買いました!世の中の一つのものを消す代わりに一日の余命を得る主人公。このストーリーがとても斬新で読み始めるとどんどん引き込まれていきました。ですが、前半が良かっただけに後半へ読み進めていくにつれて少し期待はずれでした。最後の終わり方については賛否両論あると思いますが私は好きだなと感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

月並み

2016/02/13 22:19

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

脳腫瘍で余命わずかと知った30男。何か1つを消せば、1日命が延びると悪魔と取引。児童文学にはよくある話で、全く目新しさはない。おまけに文章が下手だから、投げ出したくなるのを我慢して読むのは、かなりつらかった。猫というタイトルに釣られた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

全く共感できず・・・

2016/06/28 22:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すずうき - この投稿者のレビュー一覧を見る

期待が高すぎたせいもあり、小説としては文章が稚拙な感じがするのが気になってストーリーに入り込めないまま終わってしまいました。キャラクターの設定もだいぶ前にヒットしたとある本に似ています。小説なのか、自己啓発本っぽくしたかったのか、どっちつかずで私はあまり好きになれませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/05/19 00:15

投稿元:ブクログ

小学生向けかとおもった。どっかで読んだような話。もうちょっとひねればおもしろくもなりそうなのに、ひねらないで終わった。

2013/01/09 16:17

投稿元:ブクログ

思いがけず手にすることができた本書。
クリスマスプレゼントとして届きました。
「読みたい!」気持ちが通じたみたい。
○○社さんに心から感謝。

クリスマスに届いて以来、なかなかゆっくり読む時間が持てなかったので、
年明け早々に読んだ1冊。

読み始めて、以前話題になった某俳優さんの処女作の冒頭のような印象で、このあとどうなるだろう・・・と思ったけど、テーマがぶれることなく、
尤も、自分にとってどうしても琴線に触れてしまう「母」だったり「父」だったり、「家族」というテーマを最後まで丁寧に書いてくれたことで、前述のそれとは全く違う着地点となり、結果思いがけずラストで涙。

デビュー作だということだし、どうしても文章の稚拙さは否めないけど、
もともと読んでみたいと思ったきっかけが、「告白」「悪人」「モテキ」と、わたしにとってはどれも衝撃的な作品だった数々の作品のそれら全てをプロデュースしていたというこの著者が、どんな作品を書くのか読んでみたかった、の一言に尽きる。

2014/01/11 11:00

投稿元:ブクログ

確かに猫は世界から消してはいかん、と猫バカな自分が呟いてみる。映画の話が沢山出てくるなと思ったら、映画プロデューサーの方が書いているのですね。

2013/07/23 22:15

投稿元:ブクログ

朝日新聞に講評が書いてあったから借りたんですが…
軽かったです。
おちもおちだったし,
うーーん

2015/11/22 00:48

投稿元:ブクログ

帯の文章からして信用できなかったけど、やっぱり軽ーい小説でした。どこで泣けばいいのかよくわからなかった。

2013/02/05 23:20

投稿元:ブクログ

◎2013 年(第10回)本屋大賞候補作品。

2013年2月5日(火)読了。

2013-7。

2014/02/07 16:34

投稿元:ブクログ

結構軽いノリで始まったものだから、そこまで売れるほどのものか?と半信半疑でした。しかし、さらりと書いている内容が本質をついている。後半に行くへつれていい意味で裏切られていった。

2013/03/28 18:13

投稿元:ブクログ

面白く一気に読み終えた。
印象としては、小説ではないなぁという感じ。

ただ、世界から消していくものという入り方から、
実は既に彼の周りから(消えてしまったもの)を
語っていく構成は、巧いなーと思った。

を感じなかった。
つまり、空間を感じなかった。
まるで舞台を見ている感覚でした。

しかしまぁ、いろいろ考えさせられました。
読んだ後に、いい余韻も残りますし。
ただ面白い(小説)貸してよ、と友達に言われたら、
小説としては、薦められないですかねぇ〜。