ネットストア

今なら全品送料無料¥0

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)
詳細検索

【ネットストア】小説文学・文庫全商品ポイント10倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 本:小説・文学
  4. 世界から猫が消えたなら
  • 買い物カゴに入れる

    発送可能日: 24時間 納期・配送の目安について

  • 買い物カゴに入れる

    ギフト購入する

    購入前にご利用中のデバイスが
    対応しているかご確認ください。

    PC iPhone iPad Android

    電子書籍版を立ち読みする

    hontoアプリの確認

    立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

    • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

    最新の「honto」アプリをご利用の方

    立ち読みする

    最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

    hontoビューアアプリ

    ビューアアプリについて

他のSNSや方法でシェアする

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

世界から猫が消えたなら

  • 取扱開始日:2012/10/24
  • 出版社:マガジンハウス
  • サイズ:20cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8387-2502-1

読割50

  • 国内送料無料

読割50とは?

紙書籍を購入すると同一の電子書籍が50%OFF!

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。

購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

読割50または読割50のアイコンがついている商品が対象です。
一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • 書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しくみる

世界から猫が消えたなら

川村 元気 (著)

紙書籍

1,512 ポイント:14pt

発送可能日: 24時間

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

電子書籍

670(6pt) 世界から猫が消えたなら

紙書籍より:842円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

僕の葬式。僕の枕元に集まる人はどんな人たちだろうか。かつての友達、かつての恋人、親戚、教師、同僚たち。そのなかで僕の死を心から悲しんでくれる人は、何人いるのだろうか。僕と...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

僕の葬式。僕の枕元に集まる人はどんな人たちだろうか。かつての友達、かつての恋人、親戚、教師、同僚たち。そのなかで僕の死を心から悲しんでくれる人は、何人いるのだろうか。僕と猫と陽気な悪魔の7日間の物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

「この世界からひとつだけ何かを消す。その代わりにあなたは1日の命を得ることができる」 余命あとわずかな30歳の郵便配達員は、陽気な悪魔からささやかれ…。LINEの連載小説を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

川村 元気

略歴
〈川村元気〉1979年生まれ。映画プロデューサーとして「電車男」「告白」「悪人」「モテキ」「おおかみこどもの雨と雪」等を製作。2011年優れた映画製作者に贈られる「藤本賞」を史上最年少で受賞。

書店員レビュー

僕は生きるために…

文教堂 二子玉川店さん

僕は生きるために、 消すことを決めた。

今日もし突然、 チョコレートが消えたなら
電話が消えたなら 映画が消えたなら
時計が消えたなら 猫が消えたら
そして
僕が消えたなら

世界はどう変化し、人は何を得て、何を失うのか
30歳郵便配達員。余命あとわずか。
陽気な悪魔が僕の周りにあるものと引き換えに1日の命を与える。
僕と猫と陽気な悪魔の摩訶不思議な7日間がはじまった―――

消してみることで、価値が生まれる。
失うことで、大切さが分かる。
感動的、人生哲学エンタテインメント。


(評者:文教堂書店二子玉川店 店長 瀬戸信之)

ユーザーレビュー

全体の評価 4
4.0
評価内訳 全て(3件)
★★★★★(1件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(2件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

『生きている』という事

15人中、14人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2013/02/16 01:56

評価5 投稿者:carmen - この投稿者のレビュー一覧を見る

一日で読み切りました。
一見物語風なのに、自分が今『生きている』という事がなんなのか、人生とはなんなのかを教えられた気がします。
後半から、涙が止まりませんでした。
『大切なものは失ってから気付く』。でも、これを読んだ人は、失う前に気付けるかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

不思議な清々しさ

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2013/05/14 21:04

評価3 投稿者:スーパーヘルパー - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んでいる途中は なんとなく苦しく
それでいて 思わず吹き出してしまうシーンもあった
最後には数ページ残して 結末がわかったけれど 最後の答えは読者に任される
そのわかったあたりから とても清々しい気持ちになる
自分と親の関係が若干かぶるが 結末のようにしようとは 私は思わない
なのに残る清々しさは なんだろうか
情景を思い浮かばせる表現に長けているからなのだろうか

読み始めの重苦しい雰囲気とは裏腹に 読み終えた時の清々しさを感じるべく 読んで頂きたい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍 表紙の猫が可愛い!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/01/26 20:18

評価3 投稿者:3biki no shirokuma - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙の猫に一目惚れで買いました!世の中の一つのものを消す代わりに一日の余命を得る主人公。このストーリーがとても斬新で読み始めるとどんどん引き込まれていきました。ですが、前半が良かっただけに後半へ読み進めていくにつれて少し期待はずれでした。最後の終わり方については賛否両論あると思いますが私は好きだなと感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価4 投稿元:ブクログ

2015/07/09 23:47

話のテンポが早くてとても読みやすく、気持ちのいい小説でした。
人は自分の死を感じた時に何ができるのか?
何をすべきなのか?
そのすべきことに気付くことができるのか?
そんなことを考えさせられました。
元々犬派なんですが、猫もちょっといーなって思ってしまった(笑)

評価3 投稿元:ブクログ

2015/06/28 17:14

2015.6.28読了。タイトルを読んで思ったのは世界から猫が消えたら私はストレスで鬱になり死ぬだろうということだ。行間が割と開いているのとも相まって遺書であり手紙みたいな話だった。冒頭を読んだら7日間の物語らしかったのでどうせなら曜日ごとに一章ずつ読もうと思い月曜は読んでしまったので火曜日が来るのを待ってから火曜日から再度読み始めた。かっこの注釈によって主人公に現実味が出てるが、常にリアルな夢の中のような印象があった。アロハこと悪魔が西洋由来の創世の話を持ち出したせいだと勝手に思っている。電話を消したのにやはり中心になるのは携帯電話なのだなとしみじみ思った。私は手帳と両方使うが、それでも携帯にしか入ってない大切な情報もある。でも消えてもいっかなとも思う。また、某デザインの番組で「ない世界」というコーナーがあり、それはコメディ調で描かれてはいるが、まさしくこの世界のことだと思った。その中に時計ではないが「カレンダーのない世界」があり、少年は誕生日を知るためにずっと木を眺め葉が茂り散り雪が積もり花が咲くのを待っていた。最後に"差"こそ生きてきた"印"と書かれており、中学時代の国語で出てきた差異と印の話のアリババの家を盗賊に把握されないように盗賊が家につけた印と同じ印を他の家全てにつけていき差異をなくしたという話をふと思い出した。事実は映画よりも奇なのだ!と主人公は主張しているが、残念。この物語もどうやら映画になってしまうらしいゾ。主人公が猫を消さなくて良かったと個人的に思っている。主人公は代わりに自分が消えることを決意し、物語は終わりへ向かっていく。しかしキャベツは本当に「母さん」を覚えていなかったのか?私は2つの予想を立てた一つはキャベツの中では「母さん」ではなく例えば「姫」だったのではないか?も一つはキャベツは母さんとの記憶と引き換えに実は何かを得ていたのではないか?ということ。前者は外れのようだが、後者は読み終わっても真相は謎のままだ。この遺書であり手紙である物語が誰宛かは最後まで読めば分かる。でも手紙だから手紙を出すところまでしかしか書かれておらず、その先は読者の数だけあるようだ。
装丁がカバーは猫の視線が印象的なシンプルなデザインだが、カバーを外すと「アロハTシャツ」のような黄色を基調にしたカラフルな世界が広がっているのが良い。

評価4 投稿元:ブクログ

2015/07/19 13:13

当たり前にそこにある、という日常を重ねてくると、それがある日存在しなくなったらーという想像すらできなくなる。奪われてみて初めて、不自由さと自由さをまのあたりにすることになり、存在する意味を考えてみたりする。
自分が存在する意味も 死 を目前にして初めて考えることになる。

歳を重ねると失うものが多い様に感じていたこともありましたが、失うからまた得られることもたくさんあるのかと。
歳を重ねられるって、

すごくありがたいことだな。。
死を感じることから生きることを考えさせてくれた作品です。

評価4 投稿元:ブクログ

2015/06/21 10:37

あまりにもポップ。
だからこそ、学生には必読ってのも納得。

かなり読みやすい。
なのに、しっかりメッセージがある。


生きるとは?
あなたとは?
家族とは?
大切なものとは?


何かが終わり
何かが始まる。


その連鎖の中で僕は
未来からの逆風の中で
どう生きていくのか。

とかく、素直に生きる。

評価3 投稿元:ブクログ

2015/06/03 22:11

関わりのないものが、意外なところで関連があったことを気づく。
テンポよく、こざっぱりとした読了感。
タイトルのセンスも好き。

評価4 投稿元:ブクログ

2015/06/02 22:25

タイトルは主人公が死と向き合う1週間での1コマ(1日)の出来事を表しており、悪魔から死を宣告された主人公が1日の延命と引き換えに、世の中の何か(悪魔が指定したもの)を1つ消すという設定で、主人公が1日の延命と引き換えに、1つ何かを消すということに対して、だんだん生と死に対する価値観が変わっていき、また何かを消すということに対する罪悪感にも苛まれ、最後は死を選択するのだが、生きている価値も同時に見出すことができて、最後の最後に本当に自分が悔いの残らない行動が何かを見つけることができたという話で、なかなか深い内容で面白かったです。

評価3 投稿元:ブクログ

2015/05/19 00:15

小学生向けかとおもった。どっかで読んだような話。もうちょっとひねればおもしろくもなりそうなのに、ひねらないで終わった。

評価5 投稿元:ブクログ

2015/05/18 10:51

-何かを得るには何かを失わなくてはね-

余命を一日得る代償として、世界から何かをひとつ消すことを必要とされた主人公のお話。


「大いなる力には大いなる責任が伴う」
「道を知っていることと、実際に歩くことは違う」
「生きていくことは美しく素晴らしい。くらげにだって生きている意味がある」
「ほとんどの大切なことは失われた後に気づくもの」

映画の名言で小説が彩られる。

世界に何かが存在する理由はあっても、失われる理由なんて、まったくない。

僕が消したモノたち。これらが消えても世界は変わらないかもしれない。でもどれもがこの世界を支えている。


パリから届くあくびをした猫の切手が張られたハガキにすべてが集約されているようで涙がとまらなくなる。


主人公と一緒に大切なことを感じられた一冊でした。

評価3 投稿元:ブクログ

2015/05/11 14:27

余命一日を宣告された末期ガンの郵便配達人が、一日ずつ延命する契約を悪魔と結び、人生を見つめ直すファンタジー。悪魔が一日の代償として世界から消すように要求する必需品?がなくなるごとに、主人公の独白が核心に近づく展開に引き込まれすいすい読めた。自分が欠かせないと思っているものの幾つかは、いざとなれば無くても大丈夫なんだろうなあ、とケータイを弄りつつ思う。

評価4 投稿元:ブクログ

2015/04/29 23:53

人生で大事なものは何だろう、きっと本当に大切なものは数少ない。それを見極めて大事にしていきたい。



何かを得るためには、何かを失わなくてはね

ただ相手に気持ちを伝え、相手の気持ちを聞くことができれば良かったのだ

死と同じように避けられないものがある、それは生きることだ

生きていくことは美しく素晴らしい

ほとんどの大切なことは、失われた後に気付く

目の前のことに追われれば追われるほど、本当に大切なことをする時間は失われていく、そして恐ろしいことに、その大切なことをする時間が失われていることに気付かないのだ

ちょっと考えれば、自分の人生にとって重要なのかはわかることだったのに

家族ってあるものじゃなかった、するものだったんだ。
ただ血が繋がっているだけの、個人だった。それなのにお互いに甘えて、甘んじて、気がついたときにはどうしようもないところまで来てしまっていた

私が死ぬまでにしたい10のことを考えてみることにしました。
旅行に行きたい、美味しいものを食べたい、オシャレしたい…色々書き出していくうちに、私は思いました。
私が死ぬまでにしたいことは、本当にそういうことなのかと。
それで改めてゆっくりと考えてみたら、気づいたことがありました。
私が死ぬまでにしたいことは、全部あなたのためにしたいことだったのです。
あなたの人生はこれから何年も続くでしょう、辛いことや悲しいこともたくさんあると思います。
だから、私はあなたがこれから生きていくうえで、辛くなったり、悲しくなったりしたときに、それでも前を向いて明日を生きていけるように、あなたの素敵なところを10個伝えておきたいと思います。

あなたの素敵なところ、これだけを忘れずに生きてください。それさえあればあなたも幸せだし、あなたのまわりの人もきっと幸せだと思うから。

ただ生きることに意味がないじゃないですか。どう生きるかに意味があるんじゃないですか

人間というのは、選んだ人生から選ばなかった方の人生を眺めて、羨ましがったり、後悔したりしている生き物ですから

大切な人や、かけがいのないものに気付き、この世界で生きていることの素晴らしさを知った。自分の生きている世界を一周まわってみて、あらためて見る世界は例え退屈な日常であったとしても、十二分に美しいということに気づいたんです

明日死ぬかもしれないと思う人間は、限られている時間を目一杯生きるんだ、という人がいた。それは嘘だと僕は思う。

人は自分の死を自覚した時から、生きる希望と死への折り合いをゆるやかにつけていくだけなんだ。無数の些細な後悔や、叶えられなかった夢を思い出しながら。

でもその後悔が美しいと思える。それこそが僕が生きてきた証だからだ。

どうせ後悔だらけの人生だ。自分らしく生きるはずが、生きられなかった人生。ついぞ自分らしさを見つけられなかった人生。
無数の失敗や後悔、叶えられなかった夢、会いたかった人、食べたかったものや行きたかった場所。とにかくそんなものを無数に抱えながら僕は死んでいく。でもそれでいいんだ。僕は今の自分でいいと思える。ここではないどこか、ではなく、ここにいて良かったと今は思える。

自分に与えられているモノやヒトや時間、当たり前だと思っていたそれらこそが僕自身をかたどって僕たらしめているのだということを知りました。

僕は彼らに何を与え、何を残してきたのだろうと。自分が存在した世界と、存在しなかった世界。そこにあるであろう、微細な差異。そこに生まれた小さな小さな差こそが、僕が生きてきた印なのだ。

評価4 投稿元:ブクログ

2015/04/19 18:17

大事なものは失ってから気づく。人生、いつ死ぬかなんて分からないけど大事なものの重要さにちゃんと気づいていけたらなあと思った。それが難しいのかもしれないけども。

評価5 投稿元:ブクログ

2015/04/19 09:32

言葉は伝えたい時に伝えないと
いつか、、、では
後悔する時がくる。

大好きな家族。
ずっとずっとずっと
一緒にいたいけど
必ずさよならの時がくる。

《時間》に、縛られすぎず
いま手にしている
この時に、何をするか。
誰に会うか。何を伝えるか。

噛み締めて生きたい

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.