詳細検索

[エントリー]小説文庫ポイント10倍

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 本:小説・文学
  4. 世界から猫が消えたなら

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

世界から猫が消えたなら

  • 取扱開始日:2012/10/24
  • 出版社:マガジンハウス
  • サイズ:20cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8387-2502-1

世界から猫が消えたなら

川村 元気 (著)

  • 全体の評価 3.52件のユーザーレビュー
  • あなたの評価 この商品を評価して本棚に反映 評価しました! ×
  • 税込価格:1,512ポイント:14pt
紙書籍 1,512円(14pt) 発送可能日: 24時間 欲しい本に追加する | 本棚に登録する
電子書籍 670円(6pt) 紙書籍より:842円お得 欲しい本に追加する | 本棚に登録する

国内送料無料

【ポイント10倍】対象商品

こちらは「小説文学・文庫ポイント10倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。 

キャンペーン期間:2014年11月25日(火)~2014年11月30日(日)23:59

商品説明

僕の葬式。僕の枕元に集まる人はどんな人たちだろうか。かつての友達、かつての恋人、親戚、教師、同僚たち。そのなかで僕の死を心から悲しんでくれる人は、何人いるのだろうか。僕と...

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明- 「世界から猫が消えたなら」

僕の葬式。僕の枕元に集まる人はどんな人たちだろうか。かつての友達、かつての恋人、親戚、教師、同僚たち。そのなかで僕の死を心から悲しんでくれる人は、何人いるのだろうか。僕と猫と陽気な悪魔の7日間の物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

「この世界からひとつだけ何かを消す。その代わりにあなたは1日の命を得ることができる」 余命あとわずかな30歳の郵便配達員は、陽気な悪魔からささやかれ…。LINEの連載小説を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介- 「世界から猫が消えたなら」

川村 元気

略歴
〈川村元気〉1979年生まれ。映画プロデューサーとして「電車男」「告白」「悪人」「モテキ」「おおかみこどもの雨と雪」等を製作。2011年優れた映画製作者に贈られる「藤本賞」を史上最年少で受賞。

書店員レビュー- 「世界から猫が消えたなら」

僕は生きるために…

文教堂 二子玉川店さん

僕は生きるために、 消すことを決めた。

今日もし突然、 チョコレートが消えたなら
電話が消えたなら 映画が消えたなら
時計が消えたなら 猫が消えたら
そして
僕が消えたなら

世界はどう変化し、人は何を得て、何を失うのか
30歳郵便配達員。余命あとわずか。
陽気な悪魔が僕の周りにあるものと引き換えに1日の命を与える。
僕と猫と陽気な悪魔の摩訶不思議な7日間がはじまった―――

消してみることで、価値が生まれる。
失うことで、大切さが分かる。
感動的、人生哲学エンタテインメント。


(評者:文教堂書店二子玉川店 店長 瀬戸信之)

ユーザーレビュー- 「世界から猫が消えたなら」

全体の評価
3.5
評価内訳 全て(2件)
★★★★★(1件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(1件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

 世界から猫が消えたなら

14人中、13人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2013/02/16 01:56

『生きている』という事

評価5 投稿者:carmen - この投稿者のレビュー一覧を見る

一日で読み切りました。
一見物語風なのに、自分が今『生きている』という事がなんなのか、人生とはなんなのかを教えられた気がします。
後半から、涙が止まりませんでした。
『大切なものは失ってから気付く』。でも、これを読んだ人は、失う前に気付けるかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

 世界から猫が消えたなら

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2013/05/14 21:04

不思議な清々しさ

評価3 投稿者:スーパーヘルパー - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んでいる途中は なんとなく苦しく
それでいて 思わず吹き出してしまうシーンもあった
最後には数ページ残して 結末がわかったけれど 最後の答えは読者に任される
そのわかったあたりから とても清々しい気持ちになる
自分と親の関係が若干かぶるが 結末のようにしようとは 私は思わない
なのに残る清々しさは なんだろうか
情景を思い浮かばせる表現に長けているからなのだろうか

読み始めの重苦しい雰囲気とは裏腹に 読み終えた時の清々しさを感じるべく 読んで頂きたい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価5 投稿元:ブクログ

2014/11/20 07:53

どんな話かと思いきや、悪魔が出てくるとはビックリでした。
色々と丁寧に描かれていて、考えさせられること、再認識させられることが多々あった。
単に周囲に感謝するではなく、もっと深く思いを持って接していきたいと感じた。

評価4 投稿元:ブクログ

2014/11/19 12:58

哲学的な話はさておき
子供としての自分、親としての自分について
思いを馳せてホロホロしてしまった。
最近、とら先輩の影響か、吾が輩は猫好きである。

評価3 投稿元:ブクログ

2014/11/19 00:25

少し前に有川さんの『旅猫リポート』を読んだばかりなので、猫、主人公が病気で云々という似た設定で(自分が)飽きてしまいそう、と思ったのですが、まずまずでした。
ありがちな“感動モノ”とは一味違って、淡々とした文章から逆に「死」や「無」に余計な感傷が入ることなく、ストレートに伝わってくるような気がしました。1日寿命を延ばすために世界から何かを一つ消すという悪魔との契約。そして消すモノは、どうでもいいモノでは駄目で、その人にとって大事なモノでないと意味が無いのだろうなぁ。でも大事なモノを消してまで延命する意義ってあるのかなぁ。私だったらそんなにしてまで生きていたいと思わないかも、と思いながら読んでいました。猫好きとしては猫は絶対消せないし、本だってなくなったら… と想像したら、生きてる楽しみが半減します。 なくてもいいものなんてないのじゃないかしら。  

評価3 投稿元:ブクログ

2014/11/15 22:15

文章が勢いだけで書かれた感じで、本をよくよむ人ほど、しんどいと思う。
でも、言いたいことはよく分かった。漠然と生きるな、会いたい人に会うこと、やりたいことをすることを後回しにする人生にどんな意味があるんだと。
お母さんからの手紙のあなたの良いところ10個は、泣けたなぁ。

評価3 投稿元:ブクログ

2014/11/12 06:36

H26.11.7
ネコを飼いだして1年。ネコと言う言葉を聞いたり、見たりするだけで、飛びついてしまう毎日です。
で、飛びついてしまった一冊。
タイトルだけで胸がジーンとしてしまいます。
話はさして猫のことばかりじゃなく、ちょっと期待ハズレ感ありです。
人の生と死みたいな、ちょっと哲学っぽかったり…ラストも涙あり、までいかないあっさりした終わりかただったけど、これくらいで良かったかも。私的には(笑)

評価4 投稿元:ブクログ

2014/11/11 03:56

書店に平積みになっています。
いま、売れに売れている小説。
映画プロデューサーの川村元気さんの小説デビュー作です。
自分はベストセラーに特段興味はないですが、今回も「ジャケ買い」ならぬ「タイトル買い」です。
拙宅には猫(メス)がいます。
彼女がいなくなったら、どんな気持ちがするものだろう。
そんな興味から買いました。
まず、内容そのものより、その特異なリーダビリティーから。
こんなに読みやすい小説は初めてです。
帯で秋元康さんが「川村元気の小説は、音楽だ」と書いていました。
はじめ意味が分からなかったのですが、半分読んだあたりからよく分かりました。
まるで旋律を伴った音楽みたいにスラスラと頭に入ってくるのですね。
文庫で200ページ強の分量ですが、遅読の私でも1時間40分で読了しました。
「ページを繰る手が止まらない」という常套句は通常、「面白くてやめられない」という意味で使われますが、それとも違うのです(もちろん、本作が面白くないというわけでは決してありません)。
読書というよりは呼吸とか脈拍に近いかもしれません。
で、気づいたら何ページも読み進んでいるという。
うーむ、うまく表現できないのがもどかしい。
内容はというと、余命いくばくもない郵便配達員の主人公の「僕」が悪魔と出会い、世界から何かをひとつ消せば1日生きながらえることができるという取引を持ちかけられるというもの。
取引に応じた「僕」の前からは、まず電話が消え、映画が消え、時計が消え、猫が消え…るかどうかは本作を読んでのお楽しみ。
最後に「僕」が消えることになるわけですが、クライマックスは感動的です。
個人的には、電話が消えるのは大いに結構ですが(スマホは愛用しながら憎んでいます)、映画が消えるのは悲しかったです。
やはり帯で、SEKAI NO OWARI のFukasaさんが言及していますが、181ページ4行目から「僕」の母親の手紙が出てきます。
目頭が熱くなりました。
でも、手紙の分量が短すぎて涙が出るまでには至らなかったです。
たとえば、リリー・フランキーさんの「東京タワー」のオカンの手紙はボリュームもたっぷりで十分泣かせてくれたじゃないですか。
私は本書の母の手紙を読み終えた直後、「お願い、ここまで来たら泣かせて!」と心の内で懇願してしまいました。
でも、次の瞬間、「読者にそう思わせる小説もなかなかないよな」と妙に感心した次第です。
え? もしかして故意?
いま、他の方のレビューを少し読んだら、あまりに評価が低いのでびっくり。
たしかに、過去どこかで見たり読んだりした感覚にとらわれますし、多少抹香くさいところもありますし、荒唐無稽なファンタジーと言われればそうかもしれませんが、実作もする身からすると、見た目ほどヤワな作品じゃないと思います。
作品の中に、古き良き時代の映画の風が吹いているようにも感じました。
そう、これは五感で味わう小説なのではないでしょうか。
ちなみに本作は映画化が決定した由。
本書の解説でも指摘されていましたが、何かが「生まれる」のではなく、「消える」ことを主題とした本作をどう映像化するのでしょうか。
興味がわきます。

評価5 投稿元:ブクログ

2014/11/10 21:48

良かった。
時間というものが人間のただの思い込みで、
人間は自分たちが勝手に作ったものに
勝手に縛られているんだな、ということを
痛感した。

評価4 投稿元:ブクログ

2014/11/15 11:52

喪失について、いろいろ考えさせられる。
特に、時間については確かに人間の都合で
考えられたものだよなー、共感できたし
家族に対しての心持もよかったのだが
私のようなおばちゃんが読むと
物足りなさはある。

ユーザーレビュー一覧

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.