詳細検索

コミック全品ポイント10倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 本:小説・文学
  4. 世界から猫が消えたなら

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

世界から猫が消えたなら

  • 取扱開始日:2012/10/24
  • 出版社:マガジンハウス
  • サイズ:20cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8387-2502-1

世界から猫が消えたなら

川村 元気 (著)

  • 全体の評価 3.53件のユーザーレビュー
  • あなたの評価 この商品を評価して本棚に反映 評価しました! ×
  • 税込価格:1,512ポイント:14pt
紙書籍 1,512円(14pt) 発送可能日: 1~3日 欲しい本に追加する | 本棚に登録する
電子書籍 670円(6pt) 紙書籍より:842円お得 欲しい本に追加する | 本棚に登録する

国内送料無料

商品説明

僕の葬式。僕の枕元に集まる人はどんな人たちだろうか。かつての友達、かつての恋人、親戚、教師、同僚たち。そのなかで僕の死を心から悲しんでくれる人は、何人いるのだろうか。僕と...

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明- 「世界から猫が消えたなら」

僕の葬式。僕の枕元に集まる人はどんな人たちだろうか。かつての友達、かつての恋人、親戚、教師、同僚たち。そのなかで僕の死を心から悲しんでくれる人は、何人いるのだろうか。僕と猫と陽気な悪魔の7日間の物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

「この世界からひとつだけ何かを消す。その代わりにあなたは1日の命を得ることができる」 余命あとわずかな30歳の郵便配達員は、陽気な悪魔からささやかれ…。LINEの連載小説を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介- 「世界から猫が消えたなら」

川村 元気

略歴
〈川村元気〉1979年生まれ。映画プロデューサーとして「電車男」「告白」「悪人」「モテキ」「おおかみこどもの雨と雪」等を製作。2011年優れた映画製作者に贈られる「藤本賞」を史上最年少で受賞。

書店員レビュー- 「世界から猫が消えたなら」

僕は生きるために…

文教堂 二子玉川店さん

僕は生きるために、 消すことを決めた。

今日もし突然、 チョコレートが消えたなら
電話が消えたなら 映画が消えたなら
時計が消えたなら 猫が消えたら
そして
僕が消えたなら

世界はどう変化し、人は何を得て、何を失うのか
30歳郵便配達員。余命あとわずか。
陽気な悪魔が僕の周りにあるものと引き換えに1日の命を与える。
僕と猫と陽気な悪魔の摩訶不思議な7日間がはじまった―――

消してみることで、価値が生まれる。
失うことで、大切さが分かる。
感動的、人生哲学エンタテインメント。


(評者:文教堂書店二子玉川店 店長 瀬戸信之)

ユーザーレビュー- 「世界から猫が消えたなら」

全体の評価
3.5
評価内訳 全て(3件)
★★★★★(1件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(2件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

 世界から猫が消えたなら

14人中、13人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2013/02/16 01:56

『生きている』という事

評価5 投稿者:carmen - この投稿者のレビュー一覧を見る

一日で読み切りました。
一見物語風なのに、自分が今『生きている』という事がなんなのか、人生とはなんなのかを教えられた気がします。
後半から、涙が止まりませんでした。
『大切なものは失ってから気付く』。でも、これを読んだ人は、失う前に気付けるかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

 世界から猫が消えたなら

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2013/05/14 21:04

不思議な清々しさ

評価3 投稿者:スーパーヘルパー - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んでいる途中は なんとなく苦しく
それでいて 思わず吹き出してしまうシーンもあった
最後には数ページ残して 結末がわかったけれど 最後の答えは読者に任される
そのわかったあたりから とても清々しい気持ちになる
自分と親の関係が若干かぶるが 結末のようにしようとは 私は思わない
なのに残る清々しさは なんだろうか
情景を思い浮かばせる表現に長けているからなのだろうか

読み始めの重苦しい雰囲気とは裏腹に 読み終えた時の清々しさを感じるべく 読んで頂きたい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価4 投稿元:ブクログ

2015/01/16 10:03

感動です。何かを得るためには、何かを失わなくてはならない。悪魔はきのこの山が好きだ。死と同じように避けられないものがある。それは生きることだ。母からの手紙が感動。涙。ゆっくり目をつぶって、笑顔を作って、また、ゆっくり目をつぶる、母さんの魔法。父さんへの手紙読みたい。映画が楽しみです。

評価4 投稿元:ブクログ

2015/01/06 08:08

あまり小説という類は読まないが、
たまたま本屋へ立ち寄って、ふと買ってしまった。
気がついた読み終えていて、
久々に素敵な小説に出会えました。

評価3 投稿元:ブクログ

2015/01/04 16:17

映画原作本。

余命1日の郵便配達員の主人公。
世の中から何か一つを消す代わりに、
寿命を1日伸ばすという契約を悪魔と結ぶ。

電話・時計と消していく中で、主人公に訪れる気付き。
無くなって初めて気付くもの、死に直面して気付くもの・・・
それらに普段から気付きたいと切に思う小説。

悲しい内容ながらも、生きることに前向きになれる1冊。

評価3 投稿元:ブクログ

2015/01/01 12:20

著者のプロフを後から見て納得。映画の構成本のような筆致。馴染めなかったけど、こういうのが一般的にウケるのかぁ、という参考にはとてもなりました。

評価3 投稿元:ブクログ

2014/12/19 18:10

余命わずかの郵便配達員の目の前に現れた悪魔。悪魔の言うことにはこの世から何かを一つなくす代わりに自分の命が1日伸ばすことができるということなのだが。。。
人や動物が死ぬ話で感動を誘うのはずるいです。感想以上

評価4 投稿元:ブクログ

2014/12/10 14:37

さらっと読めてじわっと暖かい。
眠る前にいい感じの読みものだと思います。
他の人は何を消したんだろう。
私なら何を消すのだろう。
…まず本を消しましょうか!と言われそうだなあ。
困るなあ。困らないかなあ。
自分で書けばいいやとか思うのかもなあ。

評価5 投稿元:ブクログ

2014/11/20 07:53

どんな話かと思いきや、悪魔が出てくるとはビックリでした。
色々と丁寧に描かれていて、考えさせられること、再認識させられることが多々あった。
単に周囲に感謝するではなく、もっと深く思いを持って接していきたいと感じた。

評価4 投稿元:ブクログ

2014/11/19 12:58

哲学的な話はさておき
子供としての自分、親としての自分について
思いを馳せてホロホロしてしまった。
最近、とら先輩の影響か、吾が輩は猫好きである。

ユーザーレビュー一覧

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.