サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2015/08/10 06:43

投稿元:ブクログ

北条氏が主役の座に躍り出る前の、関東戦国史(古河公方 vs 山内上杉 vs 扇谷上杉)の推移を丁寧にまとめた教科書的な本。厳密な意味での専門書ではないので、著者の主観による物語的な記述が混じっており、その部分は史実とは区別して理解することが重要。私のような素人には、このくらい「いい加減」な方が読みやすくてちょうどいい感じ。
本書では、豊島氏が太田道灌に敗れて石神井城と豊島城を追われてから平塚城を築城したように記述されており、私が前に読んだ本とは異なる解釈が提示されている。石神井・豊島・平塚の3城が同時に存在した証拠が残っているのかどうか分からないし、どちらが正しいか私にはまったく判断できない。
太田道灌時代の江戸城に静勝軒という建物があり、ここに京都・建仁寺の僧侶(正宗龍統)や、当代随一の詩文家(万里集九)が詩文を提供している。これらの詩文には、当時の江戸城およびその周辺の活気のある様子が書かれていて興味深い。江戸期以前の江戸が、街だったのか寒村だったのかを知るための手掛かりになるかも。(太田氏が衰退した後、徳川家康が入城するまでの空白期間が謎なままなのだが)

【川崎市立中原図書館 210.1】

1 件中 1 件~ 1 件を表示