サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

東京書籍 編集制作部 藤田六郎ブックキュレーター東京書籍 編集制作部 藤田六郎

他人事とは思えない5冊

本を読むということは、著者の頭の中を覗いているようなものだろう。という意味では、どんな大作家でも哲学者でも科学者でも、彼らが描く作品・世界・想像は、言語という構造や脳という物体に拘束されるため、同じ人類である読者にとって、原理的に、常に他人事ではないはずだ。よって構図としてはなんの不思議もないのだが、時に、その逆の現象つまり読者である自分のほうが著者に頭を覗かれている・・・という感覚を持ってしまう本がある。今回は、そんな感覚を起こさせる本を5冊選んでみた。

0
お気に入り
168
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 第三世代のシステム論、オートポイエーシスの紹介者として知られる河本英夫が、「飽きる」「飽きた」をキーワードに、日々の生活で頑張るベクトルを誤っている人たちへ、もうひとブレークするための助言を、河本節満載で描く内容。努力の先に「飽きる」があると説くため、努力の前に飽きてしまう私のような人間には若干厳しいのも事実。しかし、著者が現在注力しているリハビリテーションの理論と現場での実践からは、私自身の母が言語や半身のリハビリをしている状況の中で、すぐに使えそうな「意識の分散」などの有益なアイデアが得られた。

  • 今話題の『週刊SPA!』に広告が出ており即買いした。帯の表1には、「雑談の輪に入れない」「メモが取れない」「遅刻や忘れ物が多い」「片付けができない」、「私たちは発達障害なのか?」とある。とくに共感したのが、「耳からの情報に弱い」という事例。私は、文字情報のような視覚情報はくっきりと脳裏に刻まれるのだが、耳から入ってきた音声情報は同じ情報でも刻まれ方が全く違って、記憶できなくもないが実感が伴わないのである。本書には、カウンセリング、ヒアリングの事例が多数挙げられており、対処法も紹介されている。これも他人事と思えない一冊。

  • 建築界三大巨匠のひとりであるミースの代表作であると同時に、モダニズムの感性を具現した「世界で最も美しい住宅」である。著者は本書で、長い間、ためにする理解を前提に批判されてきた「ユニバーサル」という概念をミース建築と近代建築思想の分析から再定義し、ポリフォニックに遍在するものと捉える。この感性は、私が常日頃、優れた芸術作品、例えばセザンヌの絵画などと接する際に感じていたものと完全に重なる。実際、本書を経た後に、シカゴ郊外にあるこの住宅を訪れたのだが、物体・視覚・技術・周囲・歴史・経験などがひとつに折り重なった大いなる芸術であった。

  • 古来よりスカンジナビアに伝わる、世界の創世と終末、神々と巨人の戦い、人間との交流などを説く北欧神話を読みやすく紹介した書籍。世界の終り「ラグナレク」や神々の中の王「オーディン」、またマイティ・ソーでも知られる雷鳴神「トール」などの名前は、聞いたことがある人も多いだろう。登場人物のなかでも、異彩を放つのは、神にして巨人という両義的存在であるトリックスター「ロキ」である。日頃からいたずらによって、神々にとんでもない損害を及ぼすこの神は、ついに世界の終りにまで発展していく事件を起こす・・・。何事もやりすぎには注意したい。

  • 表題となっている2篇を含む7篇からなるチェーホフの小説集。美術批評家・藤枝晃雄による最後の著書、『モダニズム以後の芸術――藤枝晃雄批評選集』(2017年)の冒頭には、本書(「中二階のある家」)からの引用「芸術家は現在の体制を支持しながら、残忍で不潔な動物を楽しませるために仕事をしているんですからね。だからぼくは仕事をしたくないし、今後もしないでしょう・・・何をする必要もありはしない。こんな地球なんぞ地獄へ落ちりゃいいんだ」という一節が掲げられている。共感しかない。そんな怜悧な人間観察、エスプリと皮肉と反抗心あふれる珠玉の一冊。

東京書籍 編集制作部 藤田六郎

ブックキュレーター

東京書籍 編集制作部 藤田六郎

GDP世界3位の日本の首都・東京と、北関東(*1)の王者(*2)・埼玉県との狭間に位置する「個性豊かな文化都市」(*3)東京都北区の王子でまもなく創業110年の出版社・東京書籍で働いております。東京書籍は教科書会社として全国の皆様に親しんでいただいている一方で、実用書、文芸書、手帳、写真集、児童書、図鑑、事典、学術書、翻訳書他、一般書籍の出版にも精力的に取り組んでいます。http://www.tokyo-shoseki.co.jp/books/ *1 衆議院選挙比例ブロックの分類による。 *2 県内総生産全国5位、かつ年間快晴日数全国1位。 *3 「北区文化芸術振興ビジョン」による。

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。