サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

ブックツリー

Myブックツリーを見る

本の専門家が独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの”関心・興味”や”読んでなりたい気分”に沿ってご紹介。
あなたにオススメのブックツリーは、ログイン後、hontoトップに表示されます。

検索結果 2,402 件中 1 件~ 30 件を表示

SFもミステリーも一度に楽しめる!はじめてのSFミステリー

お気に入り
41
閲覧数
1895

SFの世界観を持ちながらミステリーの手法を活かしたSFミステリーは、SFファンもミステリーファンも楽しめるお得なジャンル。とはいえ最初は、独自の世界観や物語の進み方に戸惑うかもしれません。そこでここでは、最初の一冊としてオススメのスタンダードな名著を紹介します。二つのジャンルが合わさった魅力をぜひ味わってみてください。

「どう考え、どう語るのか」を哲学するための5冊

お気に入り
11
閲覧数
995

何かについて説明しようとするとき、しかも他者が納得するような形で、ものを言おうとする私たちはどのように語ろうとするだろうか。哲学的に、論理的に語るだけでひとは納得するだろうか。もっと言えば、〈私〉自身はどのようにものを知れば自らを納得させられるのだろうか。思考し、語ることを考え直すための5冊を選びました。

「英文解釈」が熱い!英語をじっくり深く精読するために読んでおきたい本

お気に入り
7
閲覧数
590

英会話中心の「実用英語」の必要性が叫ばれる一方、受験参考書の名著復刊が話題になるなど、じっくりと英文を読み解く昔ながらの「英文解釈」の本に注目が集まっています。英語の小説や新聞を読むためにも、「英文解釈」の本に出てくる構文の知識や読解法はとても有用です。受験レベルを超えて、本物の読解力と教養が身につく本を紹介します。

いつの間にか別の世界に紛れ込んでいる?不思議な世界が味わえる幻想文学

お気に入り
167
閲覧数
6963

幻想文学のなかには、日常と地続きに怪奇や幻想、魔術が描かれているものがあります。不思議な出来事が当たり前に日常に入り込んできてしまう、現実と幻想が入り混じった物語。読んでいるといつの間にか摩訶不思議な世界に連れ込まれてしまいそうな本を、短編から長編まで取りそろえました。

本を読むにも技術は必要です!能率的な読書ができるようになる本

お気に入り
541
閲覧数
22509

本を読んでもいつの間にか内容を忘れてしまい、全然活用できていない。「もっと能率的な読書法はないのか」と、考えたことがある人は多いと思います。読書技術を高めたい方の参考になる、読書についての本を集めました。正しい読書術を知れば、本から得た知識を自分の血肉にすることができるようになるでしょう。

忙しい時こそリフレッシュしませんか?読後さわやかなミステリー短編集

お気に入り
13
閲覧数
758

毎日忙しくてストレス解消する時間もない!そんな時にオススメなのがミステリーです。謎が解けてスッキリするのはもちろんですが、読み終わった後に爽快感が残りリフレッシュにぴったり。ここでは、日常の謎を解くことで困っている人が救われる短編集を集めました。短時間でも本の世界に浸り、日々の疲れを癒してください。

生きることの意味を投げかける。日記文学の傑作

お気に入り
10
閲覧数
464

日記とは、日常の出来事や個人の想いを書き留めるものです。本来、日記をつける行為は個人のささやかな記録に留まるもの。しかしなかには、読者に深い感動を与えたり、読者に生きる意義を考えさせる日記もあります。ここではそんな生きることの意味を読者に投げかける日記文学を紹介します。

食わず嫌いはもったいない!とにかく味見して欲しいジャンルの五冊

お気に入り
55
閲覧数
3686

ハードボイルド、海外文学、戦争文学、ノンフィクション――。ハードルが高そうで、日頃はなかなか手が伸びない分野でも、時間のとりやすい長期休暇なら気軽に試せるはず。一歩踏み込めば、あなたの世界が広がることは間違いありません。ようこそ、脳と感情を揺さぶる読書体験へ。

忙しい日々を過ごす現代人へ。心がホッと落ち着く穏やかな日常を描いた小説

お気に入り
32
閲覧数
2172

仕事、家事、勉強など、忙しい現代人は毎日何かに追われているものです。ここでは、そんな忙しい日々を忘れさせてくれるような穏やかな日常を描いた小説を紹介します。日々の生活のなかで触れることができる人への思いやり、さまざまな感情、思い出など、心がホッと落ち着くようなエピソードが収録された物語ばかりを揃えました。

人間ってなんだろう、と考える小説

お気に入り
38
閲覧数
3215

社会をものすごく俯瞰から描いていたり、ゾっとするほどに人間の本質に迫っていたり、だんだん境界がぼやけてきたりするような小説を集めました。読んでいて常識がぐらぐら揺らぎ足元が不安定になる感覚や、本を置いて遠くを見つめてしまうほど果てしない気持ちになるかもしれません。人間の輪郭を旅してみませんか。

ラッパーたちが影響を受けた海外文学

お気に入り
21
閲覧数
840

ブックサイト「好書好日」の人気企画「ラッパーたちの読書メソッド」は、人気ラッパーたちのリリック(歌詞)がいかにして生まれるのかを、自身の創作と関わりの深い本をあげながら語ってもらうインタビューです。小説やマンガだけでなく、ビジネス書に写真集、洋書とあらゆる本が飛び出す連載のなかから、海外文学にしぼって紹介します。

〈常識〉から外へでてみると・・・

お気に入り
278
閲覧数
10562

これまで思ってもみなかったことに出会えるかもしれない本たちです。

『スレイヤーズ』だけじゃない!?読んでおくべき神坂一の隠れた名作

お気に入り
9
閲覧数
7650

1990年代に訪れたライトノベル全盛期。あの頃は『スレイヤーズ』という作品を知らない人はいなかった、といっても過言ではありません。アニメ化もされた大人気作品のため、神坂一作品のなかでクローズアップされるのはいつも『スレイヤーズ』ばかり。でも実は、隠れた名作が他にもあります。今、読んでおくべき神坂一作品をご紹介します!

寝苦しい夜にピッタリ!?背筋がゾクッとする本

お気に入り
3
閲覧数
69

あなたは、どんな本を読んだ時にゾクッと感じますか?怖さにも血が飛び散る直球の視覚的怖さから、得体の知れない何かがジワジワと迫ってくる怖さまで色々あります。視覚的にグロテスクな漫画や、怪異現象の原因追究にまつわる物語や地方の言い伝えに端を発する物語など寝苦しい夜に一人で読むと、アナタの周りに何かがやってくるかも!?

美人はやっぱり得?外見について考えさせられる本

お気に入り
2
閲覧数
34

自分が美人かそうでもないか、誰もが一度は考えたことがあるでしょう。人は内面が重要、と言われますが、やはり外見が一番大切なのでは?と感じてしまう場面は多いものです。ここでは容姿について、新しい価値観や考え方を知る手掛かりになる小説やエッセイを紹介します。

一瞬に永遠を感じる短編タイムトラベル小説

お気に入り
8
閲覧数
553

タイムトラベルものの短編小説を中心に集めました。読んでいるのは短い時間なのに長いあいだ時間旅行をした気分になったり、面白くて没頭してしまい時間が経っているのを忘れたり。読むこと自体もタイムトラベルですね。一駅ぶんの時間で読める超短編や、一瞬の中に永遠を垣間見るループものもあります。

アフリカ的霊性からヒップホップを考える

お気に入り
13
閲覧数
810

魂の叫びの音楽とも形容されるヒップホップ。その背景には、ヒップホップを形成してきたアフリカ系アメリカ人の霊性や宗教伝統があるといえる。いっけん宗教とは無関係な「世俗」の音楽であるヒップホップを、新しい視点から考えてみるための本を選んでみたい。【選者:山下壮起(やました・そうき:1981-:日本基督教団阿倍野教会牧師)】

仕事がつらいときに、ぜひ。職人のことばを集めた本

お気に入り
13
閲覧数
977

自分がどんな仕事に向いているのかわからない、今の仕事は天職なのだろうか、もっと自分に合う仕事があるのではないか・・・など、働くことへの悩みは尽きないものです。そんな時は、ぜひ職人たちのエッセイを読んでみてください。長年の経験で培われた思想や哲学は、どんな仕事をする人にも悩みを乗り越えるヒントを与えてくれるはずです。

なんで働いているんだっけ・・・という時に読むべき、仕事を愛する人の本

お気に入り
19
閲覧数
1817

長い仕事人生のなかで、時には疲れ果ててしまうこともあるはずです。目の前の仕事に忙殺されて、働く意味がわからなくなってしまうこともあるかもしれません。そんな時は、どんな時でも仕事を愛し抜く人物を描いた本を読んでみませんか?彼らの情熱や哲学に触れることで、また新しい気持ちで自分の仕事に向かうことができるようになるかもしれません。

ラジオな小説

お気に入り
13
閲覧数
1246

ラジオパーソナリティとして自分の番組を持ってもうすぐ5年になります。小さな番組ですがリスナーのみなさんと大事にしてきた特別な場所という思いがあります。一言で語れないラジオの良さをいろんな角度から感じられるような、ラジオをテーマにした小説をご紹介します。 ※本ブックツリーの内容は、執筆時点(2019年7月16日)の情報に基づいております。

読み始めたら決して止まらない徹夜必至の傑作エンターテインメント小説

お気に入り
76
閲覧数
6460

ここに挙げるエンターテイメント小説は「冒険小説」「ホラー小説」「犯罪小説」「SF小説」とジャンルは様々ながら、初読から三十数年経ても全く時を感じさせない面白さを感じられます。現在、エンタメ業界で活動する私に“人々を惹きつける原理”を教えてくれた作品です。ただし、仕事日や通学日の前の日に読むのは徹夜は必至なので危険です。

実はそんな話なの!?昔話や童話をモチーフにしたミステリー

お気に入り
20
閲覧数
1141

「むかしむかしあるところに」というおなじみの一節で始まる昔話、誰もが幼いころ読み聞きした経験があるでしょう。しかし、角度を変えて観察してみるとほんわかしたイメージとは異なる一面があることがわかります。そんな昔話を新解釈したミステリーを紹介します。果たして「めでたし、めでたし」で終わるのか、あなたの目で見届けてください。

世界史を鮮やかにイメージできる!歴史が好きになる副読本

お気に入り
53
閲覧数
2137

「世界史」というと、教科書や分厚い歴史書を読もうとして無味乾燥な記述に挫折してしまった・・・という方も多いことでしょう。そんな方には世界史が鮮やかにイメージできるようになる「副読本」をオススメします。教科書と比べて断然読みやすく、歴史の見方が変わるような本をチョイスしました。

ハードで骨太な本格ミステリーの名手。はじめての柚月裕子

お気に入り
22
閲覧数
1412

2008年に『臨床真理』で「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し、デビュー。著作が次々と映像化され、注目を集めている作家・柚月裕子。テーマは骨太でハードなものが多いものの筆致は繊細で、ぐいぐいと読ませる文章の巧みさが大きな魅力といえるでしょう。ここでは、はじめての柚月裕子としてオススメの本をセレクトしました。

留学前に知っておきたい!ルーツが実感できる日本の神話と関わりのある本

お気に入り
16
閲覧数
1278

自分が日本人であることは、ふだんなかなか実感できないものです。だけど日本を出て留学するのなら、「日本」ならではの文化を説明できるようになりたい。留学予定はなくても、自分のルーツを明確にしておきたい。ここではそんな人のために、日本人としてのルーツを実感することができる日本の神話と関わりのある本を選書しました。

どうやったら手に入るのか?「自由」について考えるための本

お気に入り
18
閲覧数
995

人は、「自由」になりたいと思うものです。では、「自由」とはいったいなんなのでしょうか。また、あなたの「自由」を阻むのは、どのようなものなのでしょう。そんな「自由」について、あらゆる角度から考えた本を集めました。あなただけの「自由」が、そこから見つかるかもしれません。

騙される快感がクセになる!叙述トリック&どんでん返しが驚愕すぎる小説

お気に入り
92
閲覧数
6594

「叙述トリック」とは、ある情報を意図的に明示しなかったり、文章上のテクニカルな仕掛けによって、読者のミスリードを誘うミステリー小説における技法のひとつです。ここでは、そんな叙述トリックが効いたどんでん返しがある小説を紹介します。ただ単に「騙された!」だけでは終わらず、それが喜びに変るような本ばかりを集めました。

クラシックが苦手な僕がとことん魅了された音楽小説

お気に入り
242
閲覧数
29795

編集を生業にして50年、本にまみれて過ごしてきた。一方、音楽に関しては、鑑賞、演奏ともに得意ではない。これは、かなり偏ったクラシックファンだった父親とヒステリックなピアノ教師のせいだ。そういう僕でも、音楽の楽しみを本によって知るということはしばしばある。そこで、本屋大賞が2年連続、音楽小説だということにちなんで・・・。

そろそろ挑戦してみませんか?初心者でも読みやすいニーチェ入門本

お気に入り
21
閲覧数
8167

多くの偉大な近現代の哲学者や、文学の領域においてもさまざまな人物に大きな影響を与えている哲学者のニーチェ。「神は死んだ」などの名言では知られていますが、実際に読んでみたことのある人は少ないことでしょう。ここでは、そんな方のために初心者でも読みやすいニーチェの入門に最適な本を紹介します

気分転換にもおすすめ。ホラーが苦手な人も読める怖い話

お気に入り
16
閲覧数
1627

ホラー小説は苦手な人も多いと思いますが、ここでご紹介する「怖い話」は気分転換にも読める作品です。日常が歪んだり、目の前の世界が崩れだしたり・・・少しゾクッとするけれど、それがちょうどよい刺激になります。一人の夜に読んでどっぷり物語に浸ってもちゃんと戻ってこられる話なので、どうぞご安心を!

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。