サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「文庫」ジャンル1,500円以上に使える最大30%OFFクーポン

目次

電子書籍

「品格」の磨き方(講談社+α新書)

「品格」の磨き方

  • 山崎武也 (著)
    はじめに
    第一章 日本人の本質
    和を以て貴しと為す
    エゴよりも融和のバランス感覚
    自然の中に包含される心性
    「運を天に任せる」ということ
    略奪の文化と学びの文化
    他者に長所を見出す感性
    「謎の微笑」は好意のしるし
    「ノー」をいわない知恵
    三人の才色兼備
    「雄弁は銀、沈黙は金」
    我慢の美徳

    第二章 茶道と武士道
    利己的な人は「社会の敵」
    本物の格好よさ
    時代劇の教え
    武士の掟
    責任というもの
    一蓮托生で連帯責任
    組織に対する忠誠心
    「本分」を尽くす
    武士に二言なし
    己の言葉には切腹の気構えで
    下品な鉄面皮
    「恥を知れ」は死の宣告
    「戦い」はただのエゴ
    武士道の限界
    茶道は「生の術」

    第三章 「わび」「さび」の美学
    なぜ「礼」を尽くすか
    「親しき中にも礼儀あり」
    優雅な日本の建築
    細に工夫を凝らすもてなしの心
    システムには「芸」がない
    非対称で「動き」を演出
    「楽」にすれば「品」がなくなる
    窮屈の効用
    着物に学ぶコントラストの美
    「わび」「さび」の美的センス
    マーケティングは「悪徳」
    あわてる乞食はもらいが少ない

    第四章 下品な資本主義
    「自由競争」の正体
    経営者の条件
    ほか