サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1015-18)

秋のメディア化タイトル 全品ポイント5倍!(~10/19)

目次

電子書籍

特捜崩壊(講談社文庫)

特捜崩壊

  • 石塚健司 (著)
    はじめに(文庫版によせて)
    序章 「猟犬」が駆逐された時代
    特捜部の機能不全
    「捜査の職人」が消えた
    停滞する事件処理
    「箔付け」ポストになった特捜副部長
    精鋭部隊ではなくなった特捜部
    第一章 「苛察」と「検察」の狭間
    封印された身内の膿
    法務大臣に報告せず
    捨てられなかった「キャリアの首」
    一度は見送られた捜査が復活
    脅しで積み上げた収賄額
    ひとりで罪をかぶった銀行常務
    「盟友」国税の反撃
    次々さらわれる大蔵の縄張りポスト
    検事が赤線で消した接待
    賭けに出た証券会社
    検事総長の怒り
    不祥事にフタをした東