サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~6/24

honto 9周年 読書応援福引キャンペーン ~6/30

hontoレビュー

沖縄生活誌 みんなのレビュー

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac
一般書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本

日常生活の沖縄

2005/12/11 12:33

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

よしもとばななさんの「なんくるない」を読んでから、
強烈に沖縄に行きたい〜という気になった。
それから沖縄関係の本を手当たり次第読んだ。
その中の一冊がこちら、岩波新書の「沖縄生活誌」。
戦後生まれで、十一人兄弟の末っ子。
沖縄で公務員もしながらが、詩人でもある高良勉さんが
沖縄の日常の生活を紹介している。
観光案内ではない、日々営まれている沖縄の生活の様子を知って、少しだけ沖縄を近くに感じた。
琉球舞踊のこと、鬼餅のこと、沖縄芝居のこと、
そして沖縄の詩人である山之口漠さんのこと。
高良さんが静岡大学へ入学した時代はまだ沖縄は
日本復帰以前だった。
だから静岡大学へ留学したと書かれている。
パスポートやビザなしでは本土と自由に往来することができない
時代もそんなに昔ではなかったのだなぁと改めて感じた。
沖縄へはいつか行きたい。
それまでにもっと沖縄を知りたいと、この本を読んで
強くそう思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

生活者の澱(オリ)

2005/11/22 01:38

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:24wacky - この投稿者のレビュー一覧を見る

歳時記風エッセイで読んだなかでは『屋久島の時間(とき)』星川淳著と並ぶ味わい深さ。こういう仕事が成り立つのは「そのとき」があるような気がする。リクエストに応じて「書かされる」のだろうが、そのリクエストの時期と著者の「熟し時」がピタリ!合ったとき、幸せな作品が生まれるのでは。そのタイミングは「沖縄戦後60年」かもしれないが、それとリンクしながらも同時に著者の生活がそのときを向かえた、ともいえるのだろう。詩人であり、公務員であり、シマンチュであり、平和運動家であり、それらがただ当たり前にそこにあり、語られる。この著者のポジションにジリジリとした憬れを感じずにはいられない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/07/19 02:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/16 11:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/19 14:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/16 06:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/24 08:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

7 件中 1 件~ 7 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。