サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1019-21)

修正:続刊予約キャンペーン(1012-31)

hontoレビュー

電子書籍

空白を満たしなさい(下)(講談社文庫)

空白を満たしなさい(下) みんなのレビュー

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac
一般書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー32件

みんなの評価3.9

評価内訳

32 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

空白は満たされるのか

2016/09/13 15:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

一度死んだのに甦って復生者として生きる主人公とその家族を描いた長編作品です。上巻では主人公の死の真相が明らかになり、下巻ではその真相と向き合い、前に向かって歩き出す姿が描かれます。

自分がなぜ死んだのか、これからどう生きていけば良いのか。主人公が自分自身と周囲の人々の空白を満たしていく過程を追いかけていくと、死生観について考えさせられます。

上巻のレビューでも書きましたが、本書は感動する作品というよりは深く考えさせられる作品です。哲学的な部分もあり、不思議な気持ちになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

璃久が駆け寄ってくる。

2016/04/30 00:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:soprannome - この投稿者のレビュー一覧を見る

抱き締めるまでは、もうあと少しだった。

この最後の文章を読み終えたあと地下街を歩いていたら、大きな書店に偶然
この作者のサイン本が並んでいた。読後の余韻が残っていたので、そこを
素通りすることが出来ず、思わずその本を手にしてしまった。笑
それはともかく、再度じっくりと読みたい本ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/08/15 23:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/21 13:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/09 16:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/20 20:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/07 18:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/24 22:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/19 09:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/16 07:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/05 15:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/21 00:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/23 21:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/19 20:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/31 14:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

32 件中 1 件~ 15 件を表示