サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

新八犬伝(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 7件

電子書籍

新八犬伝 完結

著者 著者:石山 透

時は室町時代、安房の国は里見城で打ち首となった玉梓(たまずさ)の祟りに立ち向かうため、伏姫(ふせひめ)は犬の八房(やつふさ)とともに己の胎内から八つの珠を持つ八犬士を生み出す。十数年後、「孝」の珠を持つ犬塚信乃(いぬづかしの)は、父の形見の名刀村雨を、さもしい浪人網乾左母二郎(あぼしさもじろう)にだまし取られ、恋人浜路とも離れ離れになるが、それはすべて、玉梓が怨霊の仕業だった。『南総里見八犬伝』の大胆な解釈のもと大人気を博した人形劇を、脚本家石山透自らが書き下ろした、完全小説版!

※本書は、二〇〇七年四月ブッキング(現・復刊ドットコム)より刊行された『新八犬伝 上の巻』を改題したものが底本です。

新八犬伝 起

税込 704 6pt

新八犬伝 起

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 8.5MB 無制限
Android EPUB 8.5MB 無制限
Win EPUB 8.5MB 無制限
Mac EPUB 8.5MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本新八犬伝 起

2017/06/02 18:07

人形劇

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:七無齋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

これぞ冒険活劇。まるで坂本九の声が聞こえてきそうな臨場感。往年のテレビ番組を見ていたものにとって映像がほとんど残っていない今、ありがたい作品だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本新八犬伝 結

2017/06/25 16:11

人形劇新八犬伝完結

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:七無齋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

勢ぞろいした八犬士たちがいよいよ扇が谷と対決。勧善懲悪ものとは違う大団円だからこそ心をひきつける。再映像化も望みたいところ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本新八犬伝 転

2017/06/07 18:45

新八犬伝 第3巻

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:七無齋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

舞台は諏訪湖に近江に都にあちこちに剣士たちの活躍の場は広がりますます痛快無比となる。8人が勢ぞろいするのはまだまだ先のお話。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本新八犬伝 承

2017/06/06 18:26

新八犬伝 第2巻

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:七無齋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

主な登場人物が小文吾になり浅草やら甲斐、越後、熊野など各地に物語の舞台が広がっていく。痛快活劇。人形劇を知らなくても十分楽しめる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本新八犬伝 起

2017/10/01 15:08

玉梓が怨霊

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

新八犬伝と言えば、1973年(昭和48年)から1975年(昭和50年)まで、夕方の6時30分にNHKで放送された人形劇です(全464話)。
 坂本九さんの司会で進行、主題歌も坂本九さんが歌っていました。私は小学校3年生。毎日、楽しみに見ていたのを覚えています。現在、放送テープはほとんど残っていないらしく、本書を店頭で見かけ衝動買いしました。テレビと同じ講談調の名調子で書かれており、調子よく読み終わりました。
 本巻は、伏姫の死から、八犬士のうち、犬塚信乃、犬飼現八、犬川額蔵、犬山道節が登場。勧善懲悪なので安心して読み進めることができます。

 ところで、「我こそは玉梓が怨霊」の「が」が「の」を意味することを、小学校3年生の私に理解できるはずもなく、そういうものだと聞いていたのが懐かしいです。また坂本九さんの歌うエンディング「夕やけの空」がとても良い歌で、よく口ずさんでいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本新八犬伝 転

2017/10/05 20:57

最弱犬士、犬阪毛野

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

犬塚信乃は琉球で活躍したり、犬山道節は出雲に向かったりと、犬士たちは東へ西への大活躍。
 犬士が行くところ奇怪な事件ばかりです。得体の知れない化け物や欲深い悪党どもと戦いながら、犬士を捜す旅が続きます。
 その中で、犬阪毛野は、怪しい珠の妖気にあてられ重病患者に。これが、八犬士の中で犬阪毛野が最弱だと私が思っていたエピソードでした。ストーリーは全くと言って良いほど覚えていませんが、断片的に記憶している話もあるものですね。
 さあ、犬士はあと一人。なかなか手がかりがつかめない中、話は、いよいよ最終巻へ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本新八犬伝 承

2017/10/01 16:58

犬田小文吾がメインの展開

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

本巻は犬田小文吾(悌)がメインの展開。
 犬阪毛野(智)、犬村角太郎(礼)も登場。荒唐無稽な話の連続に、段々訳が分からなくなってきましたが、悪事あるところ必ず玉梓が怨霊、舟虫、網乾左母二郎ありという感じ。また犬塚信乃の彼女である浜路は、いつも危機一髪に。瀕死の重傷を負うときもあります。まさにハラハラドキドキの展開。
 いよいよ残る犬士は一人。いつどこで登場するのでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。