サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. KADOKAWA
  6. 角川文庫
  7. ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ
ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 4件

電子書籍

ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ

著者 滝本竜彦

「ごめんなさい。やっぱり私はあいつと戦います」平凡な高校生・山本陽介の前に現れたセーラー服の美少女・雪崎絵理。彼女が夜な夜な戦うのは、チェーンソーを振り回す不死身の男。何のために戦っているのかわからない。が、とにかく奴を倒さなければ世界に希望はない。目的のない青春の日々を“チェーンソー男”との戦いに消費していく陽介と絵理。日常と非日常の狭間の中、次第に距離が近づきつつあった二人に迫る、別れ、そして最終決戦。次世代文学の旗手・滝本竜彦のデビュー作。

50%OFF

【期間限定価格】ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ

10/17まで通常550

税込 275 2pt

【期間限定価格】ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.7MB 無制限
Android EPUB 3.7MB 無制限
Win EPUB 3.7MB 無制限
Mac EPUB 3.7MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

主人公の精一杯生きている姿に感動!

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やちも - この投稿者のレビュー一覧を見る

(たとえそれが“内向的”であるとわかっていても)
非日常的な世界へ挑戦することで青春時代を自分に
誠実に生ききろうとする若者の姿を真正面から描い
た傑作である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ある日、街の中、美少女とチェーンソー男に、出逢った。

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ざわ・・・ぶろぐ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本屋をぶらぶら歩いていた時、『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』という長くて、少し不思議な響きのタイトルが気になって手にとりました。買ってからはしばらく積み本と化していた本作を、ふと気まぐれで、寝る前に読み始めました。すると、どうでしょう。どんどん目が冴えていくではありませんか(笑
 キリのいいところで本を置いて、夢の中へ夢の中へ行ってみたいと思いませんか~、うふっふ~(違  ――と、現代風の言い回しを用いれば、変なテンションになってしまうような、眠いだけのような。

 しかし、読み出したら止まらないというのは、まさにその通りで、読み終えて目覚し時計を見ると4時前でした。



 毎日を中途半端にダラダラと、特にコレといった目的も無く、変化の無い生活をイライラと過ごしていた高校2年生、山本陽介。ある日、彼のもとに救いが現れる。
 セーラー服を身に纏い、正体不明、不死身で凶悪なチェーンソーを持った怪人に颯爽と立ち向かう美少女戦士の高校1年生、雪崎絵里。現実感の無い、突然どこかから降ってきたような、マンガ的アニメ的な衝撃的な出会い。
 それまでの陽介の毎日はコペルニクス的転回を経て劇的に変化した。しかし、その先に待っていたのはネガティブで、ハッピーな、チェーンソーエッヂ的物語だった。


 さらっと読めて、楽しめたけれど、考えさせられるものもある、決して軽くはなく、ネガティブ…ハッピー…何が何で、それはどうなのか…タイトルにも、センスを感じた1冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

心理描写の巧みな“キャラクター小説”

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栄太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

目的の無い青春の日々を、謎の不死身な“チェーンソー男”との戦いに費やす、平凡な高校生・山本陽介とセーラー服の美少女・雪崎絵理。現実と非現実が混ざり合った日々に、二人が迎える結末とは……?

このあらすじを読んで、本書を買うのを躊躇うのは無理も無いと思う。ライトノベルに対して偏見の少ない自分でさえその例に漏れず、文庫本になってからやっと購入してみた一人である。
この本は、ひきこもり作家・滝本竜彦の処女作である。実は小説ではなくエッセイが面白い作家なので、小説に対する期待はやや宙ぶらりんな物だった。購入後も暫く放置していたほどだ。

読み始めて数ページでその生半可な気持ちは凌駕された。
社会に溶け込めない訳ではないけれど、何事にもシニカルな視点を向け、無気力な感情に為す術も無く浸っている主人公。非現実的な力と魅力を備える、ちょっと暗い美少女——
どちらもライトノベルやら漫画やらでは有りがちな設定だが、この二人が奏でる青春のメロディーは決してそんな軽い虚構物ではない。読む者にリアルな痛みを思い起こさせる。
ただ限定させて頂くなら、九十年代以降に多感な十代を送った方に顕著であろう、ということである。何故なら自分も今十代の道を疾走中の身であるが、正に今十代の方なら解る痛みが満載なのである。この作品の魅力は、描かれたジェネレーションが特有のものであることに意味があるのは想像に難くないことと思われる。

今まで生きてきた中で、確かなアイデンティティーを得ることができただろうか……若しくは先々手に入れられるだろうか—— 
そんなもやもやして掴めない靄のように不安な日々を、主人公達は“チェーンソー男”と戦いながら自覚し変わっていく。言葉に出来ない不安を乗り越えていく。
滝本氏も言っているように“後ろ向きな青春”を送ることによって、主人公は前向きな現実と自己を獲得していくのである。この内容に付いた“ネガティブハッピー”というタイトルは素晴らしく的を射ている。読後感は、妙に清々しくも有る。

人生に悩みながら遣る瀬無く日々を送る学生は勿論、物質で満たされようとも空虚な精神の歪みを見出している大人の方々にも読んで頂きたい。何故なら本書には、稚拙でちぐはぐしてはいるが、一つの明確な社会との共存する姿が描かれているのだから。

個人的には、阿倍吉俊氏のイラストが表紙の時点で買う価値あり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

絶対に勝てない怪物との戦い

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:suguzr - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「普通の」高校生の<陽介>と<絵理>は、夜な夜な現れる不死身の<チェーンソー男>との戦いに、貴重な青春の時間を浪費し続ける。<絵理>は、<チェーンソー男>が現れるのと同時に人間離れした身体能力を手に入れ、投げナイフで<チェーンソー男>と戦うのだが、<陽介>のほうは何の能力も得ることもなく、それを見ていることしかできない。
 ”途中でいろいろ諦めておくのが、一番まっとうな、普通のやり方なのだ。”
 「普通」に生活していれば、<チェーンソー男>が現れることはない。では「普通」とは何だ? ……などと考え始めるとヤツが闇の向こうから忍び寄ってくる。
 考えてはいけない。ヤツには絶対に勝てない。ヤツに負けない唯一の方法は戦わないことだ。諦めろ。
 しかしまた、<絵理>が人間離れした身体能力を手に入れたように、ヤツに出会うことで、何かが変わることも確かだ。<陽介>は何の能力も得ることは無かったが<絵理>のそばにいることができた。<陽介>も望めば能力が手に入ったのかもしれない。ただし、能力を得たなら戦わなくてはならない。”そいつと戦える力が急にあたしに付いちゃったんだから、あたしが戦うのが普通でしょう?”
 そう、道を選んだなら最後まで行かなくてはならない。そしてその道に最後などない。私たちはそれを出発する前から既に知っている。夥しい数の文字、リアルでない体験、消費するための物語から私たちは学びとってしまった。それゆえに私たちは道を行くことはおろか、道を選ぶことすらできない。そして雨戸を閉め切った狭い部屋に引きこもるのだ。始まらない旅は終わらず、道を行く脚の痛みもない。しかし狭い部屋で動かさない体は生活習慣病を引き起こす。どちらにしても苦しみから逃れることはできない。なんてひどい話だ。”この世は地獄だ。不条理に満ちあふれた永遠の地獄だ。”
 私たちは未来を知っている。既知の未来は既に未来ではない。私たちに未来はない。
 私たちは孵化することを夢見つつ、変わることを恐れる。不確定なはずの未来におぼろな夢を託しながらも、未来が既に決定している事を確信している。あしたやれば…… あした…… そして何も成すこともなく、あしたは来なくなる。決定した未来から逃れること、それは終わること。私たちは全ての終焉、どこか懐かしい練炭の光に拠って、爆走する鉄塊の咆哮に拠って、スパークするエレキギターの火花に拠って、美しく輝く博物館の標本のように、完成する——すべての呪縛から解き放たれこれ以上何もすることのない、完璧に自由な状態になる——ことを望んでいる。もしも、何処かの誰かが、勝てない怪物に勝てたとき、彼はもうこの世界にはいない。そしてそのとき彼は、この世界の何よりも、絶望的に美しい。
 ”ダッシュだ。ジャンプだ。危ない、落とし穴! 逃げろ! ヤツが来る。誰もヤツには勝てやしない。だから逃げるんだ。逃げよう。逃げ出せ。一直線に。”
そして彼らは「普通」になった。<チェーンソー男>はもはや現れることもなくなった。
きっとそれが一番マトモで、ジャスティスで、フツーな事なんだろう。
 ……。
読書サイト「積書生活」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。