サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~6/24)

最大40%OFFクーポン(~6/24)

陸王(集英社文芸単行本)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 28件

電子書籍

陸王

著者 池井戸 潤

勝利を、信じろ――。足袋作り百年の老舗が、ランニングシューズに挑む。埼玉県行田市にある「こはぜ屋」は、百年の歴史を有する老舗足袋業者だ。といっても、その実態は従業員二十名の零細企業で、業績はジリ貧。社長の宮沢は、銀行から融資を引き出すのにも苦労する日々を送っていた。そんなある日、宮沢はふとしたことから新たな事業計画を思いつく。長年培ってきた足袋業者のノウハウを生かしたランニングシューズを開発してはどうか。社内にプロジェクトチームを立ち上げ、開発に着手する宮沢。しかし、その前には様々な障壁が立ちはだかる。資金難、素材探し、困難を極めるソール(靴底)開発、大手シューズメーカーの妨害――。チームワーク、ものづくりへの情熱、そして仲間との熱い結びつきで難局に立ち向かっていく零細企業・こはぜ屋。はたして、彼らに未来はあるのか?

陸王

電子書籍ストア
対象商品
最大40%OFFクーポン
「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

キャンペーン期間

2018年6月15日(金)~2018年6月30日(土)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー28件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (16件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本陸王

2016/08/03 08:09

圧倒的な面白さ

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりに物語を読む、圧倒的な楽しみに触れた気分だ。
 600ページ近い長編ながら、一気に読んだ。読みながら、まだまだこの世界にいたいという欲求とこの先はどんな危機が待っているのかという興味のはざまを揺れ動いた。
 こういう読書も久しくなかった。
 相変わらず池井戸潤氏の筆は冴えわたっている。
 「百年ののれん、と安穏と構えているように見えた老舗足袋屋」こはぜ屋。生き残りをかけて、スポーツシューズの世界へと乗り出す。しかし、資金不足やノウハウ不足の危機が何度もこはぜ屋を襲ってくる。果たしてこはぜ屋は生き残ることができるのか。
 こんなにも見事に次から次へと危機を生み出せるものだと感心しながら、その都度物語の新奥に入り込んでいることに気づかされる。

 池井戸の巧さは物語の構成だけではない。
 登場人物たちの配置の巧みさといったらない。
 こはぜ屋社長の宮沢紘一、そして就職活動中に息子大地。こはぜ屋の仕事を手伝いながら、やがて働く意味について理解していく、この息子がいい役回りをしている。
 シューズのソールに適した素材の特許を持つ飯山は自身の会社を倒産させているくせ者。シューズマイスターの村野は大手スポーツ用品メーカーから組織の理論で追い出される。
 一癖も二癖もある人物たちが一足のスポーツシューズ「陸王」の完成に人生をかけていく。
 そして、それを履いて走るランナーがいる。
 当然、その競技場面が感動の波を高めてくれる。

 長い物語を読み終わって、今はドラマ化されるのを楽しみに待っている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本陸王

2016/09/19 19:49

駅伝ファンをも泣かせる一冊。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

駅伝シーズンに差し掛かる今、オススメの読物です。

駅伝やマラソン選手も題材にされていますが、主題は零細企業経営者が親から引き継いだ右肩下がりの家業を守る為に悩み奮闘するという話。

舞台は業績が衰退し、資本力も乏しいという体力の無い会社。社長は生き残る為に新規事業に活路を見出だしますが、いつしか沢山の人達の大きな夢となっていく。知恵をしぼり、人脈を命綱にしてじわじわと現状打破していく社長の姿は、誰もが応援したくなります。 次々に降りかかる難題を仲間達と一緒に解決していくけれど、大事な決裁は一人苦悩する。社長業の重圧感がよく伝わって来ました。

成功しか知らない人より、困難を多く乗り越えた人の方が、人生に手応えを感じて生きている。 私も主人公や彼を支える人々の仲間となり、苦楽を共有したい衝動に何度も駆られました。

負け組と称されたり、圧力により理不尽な扱いをうけたり、世の中、嫌な思いは多かれ少なかれ経験あると思いますが、そんな鬱憤を晴らしてくれる本です。

義の美徳がいつまでも評価される世の中であって欲しい、本を閉じた時、そんな思いが胸に広がりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍陸王

2018/02/28 19:37

経営には熱い思いが必要なんだろうな

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:teao - この投稿者のレビュー一覧を見る

でないと、色々なプレッシャーに押しつぶされそ。負けない強い思いが。
村野や飯山のように自分の仕事にプライドをもって取り組めるようになりたいもんだ。
大地の成長もすごく良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本陸王

2017/12/30 07:45

感動

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポジティブ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本を読んだとき、涙が出てきた。テレビでもついこの間まで放送されていた<陸王>。テレビでは、この原作とは違ったおわりかただった。そのため、テレビで見ていた人も、またわくわくしながらこの本を読むことができる。是非読んでほしい一冊だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍陸王 第一章試し読み

2017/12/25 05:34

やはり活字の面白さ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しくろお - この投稿者のレビュー一覧を見る

TVドラマが終わるまでは読まずにおこうとあえてがまんしていたのですが、やはり池井戸潤、字面で読む愉しさは抜群です。ドラマほど切羽詰まった感じではなく、何となくほんわかと斜陽伝統産業会社の経営者の思いから、話は展開していく。登場人物のいろいろな思いが錯綜していくその描写、やはり文字ならではですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍陸王

2017/11/14 07:59

涙脆くなったのは年のせいか

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ホットアイス - この投稿者のレビュー一覧を見る

本を読んで久しぶりに泣きました。年のせいかもしれませんが、感動出来ました。そして、スカッとする読後感。お勧めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本陸王

2017/06/02 09:04

池井戸氏の「下町ロケット」に次ぐ「モノ」づくりにかけた人々の物語です!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、今や売れっ子作家の池井戸潤氏の作品です。本書は、直木賞を受賞した「下町ロケット」に次ぐ、「モノ」づくりにかけた人々の熱い物語です。行田で百年以上も足袋製造を営む「こはぜ屋」の社長が、スポーツシューズの分野に挑みます。最最初は失敗の連続でしたが、次第にノウハウを身につけていきます。この過程が実によく描かれており、読者を物語の中に引き込んでいきます。「下町ロケット」に劣らないよい作品になっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍陸王

2017/05/30 15:09

読んでスッキリ、さすが池井戸作品

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sacchibi - この投稿者のレビュー一覧を見る

「半沢直樹」や「花咲舞が黙ってない」、「下町ロケット」などドラマになると必ず見てしまいます。

今回は、老舗の足袋屋さん「こはぜや」が陸上の競技用シューズの開発に挑むストーリーである。
銀行の融資問題、大手シューズメーカーとのやり取りなども巧みである。

信じる者は救われる。
頑張る者が最後に勝つ!

勧善懲悪なところが読んでいて、いつもながらスッキリします。

本の装丁もシンプルで素敵だ。

タイトルと同名のシューズの商品がうまく軌道に乗るところがワクワクします。

さすがです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本陸王

2017/01/18 21:56

ドラマも楽しみ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スーさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

池井戸さんの本は読後の爽快感が最高です。この本も苦難を乗り越え、最後にハッピーエンド。スッキリしました。日本の中小企業、頑張れ!という気分になりました。ドラマ化されるとのこと。楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍陸王

2016/12/06 22:17

裏切らない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きく - この投稿者のレビュー一覧を見る

金融機関に勤めており、池井戸さんの新作は毎回チェックしています。毎回読み終わった後には爽快感と満足感が得られます。この陸王も例に漏れずだと思います。
初めて電子書籍で本を読みましたが、わからない単語は一瞬で調べられるため、非常に快適でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本陸王

2016/11/08 16:44

お薦めします

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:延野の武蔵 - この投稿者のレビュー一覧を見る

小説のタイトルが読み進むにつれ輪郭を際立たせる。経営者の粘りと周囲の人間との信頼関係がいくつもの逆境を潜り抜けていく。読み急がず味わいながらも一気に読んでしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本陸王

2016/11/03 10:17

陸王

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あさやん - この投稿者のレビュー一覧を見る

中小企業の経営者が大企業からの吸収に応ずることなく、伝統産業の足袋の特性を活かして新素材の開発と使用者であるランナーの意思を取り入れ、さらにあらゆる妨害や嫌がらせに対抗し、社長をはじめ後継者の子ども、社員そして銀行員が一丸となって伝統産業をさらに生々発展していく姿が一段と感じられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本陸王

2016/10/26 22:36

面白かった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テントウムシ - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても面白かったです!
下町ロケットのような感じで、靴がメインとなる話です。
ドラマ化して欲しい!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本陸王

2016/10/21 22:07

こはぜ屋に入りたい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えるべっく - この投稿者のレビュー一覧を見る

池井戸作品は銀行ものが多いが、
本作はランニングシューズがテーマ。

一応、少しは大会にも出る草ランナーとしては、
いつも以上に興味と期待を持って読んだ。

シューズ陸王に会社の再建を賭けるこはぜ屋、
陸王を履いて再起に賭ける茂木。

このふたつが交差して物語は展開してゆく。

できるなら
こはぜ屋に就職して、
開発チームに入りたい。

そんな気持ちを
強く持った作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍陸王 第一章試し読み

2016/09/19 19:12

駅伝ファンを泣かせる一冊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

駅伝シーズンに差し掛かる今、オススメの読物です。
駅伝やマラソン選手も題材にされていますが、主題は零細企業経営者が親から引き継いだ右肩下がりの家業を守る為に悩み奮闘するという話。
舞台は業績が衰退し、資本力も乏しいという体力の無い会社。社長は生き残る為に新規事業に活路を見出だしますが、いつしか沢山の人達の大きな夢となっていく。知恵をしぼり、人脈を命綱にしてじわじわと現状打破していく社長の姿は、誰もが応援したくなります。 次々に降りかかる難題を仲間達と一緒に解決していくけれど、大事な決裁は一人苦悩する。社長業の重圧感がよく伝わって来ました。
成功しか知らない人より、困難を多く乗り越えた人の方が、人生に手応えを感じて生きている。 私も主人公や彼を支える人々の仲間となり、苦楽を共有したい衝動に何度も駆られました。
負け組と称されたり、圧力により理不尽な扱いをうけたり、世の中、嫌な思いは多かれ少なかれ経験あると思いますが、そんな鬱憤を晴らしてくれる本です。
義の美徳がいつまでも評価される世の中であって欲しい、本を閉じた時、そんな思いが胸に広がりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する