サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~12/31

新規会員50%OFFクーポン ~10/31

2巻まで無料

電子書籍

進撃の巨人 完結

著者 諫山創(著)

手足をもがれ、餌と成り果てようと、人類は巨人に挑む!! 巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の戦いが始まってしまう。――震える手で、それでもあなたはページを捲る。超大作アクション誕生! これが21世紀の王道少年漫画だ!!

無料

【期間限定 無料】進撃の巨人 attack on titan (1)

12/16まで通常462

税込 0 0pt

【期間限定 無料】進撃の巨人 attack on titan (1)

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 93.9MB
Android EPUB 93.9MB
Win EPUB 93.9MB
Mac EPUB 93.9MB

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー797件

みんなの評価4.3

評価内訳

深いものを感じさせる予感がする物語である。

25人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みどりのひかり - この投稿者のレビュー一覧を見る

 人間を襲って食う巨人。人々は巨人から逃れるために周りを高い壁で囲んだ中の安全な地域で暮らしている。その安全地域も、もしも壁が巨人に破られた場合に備え、その内側にも一回り狭い地域が壁で囲まれており、全体で3重に囲まれた地域がある。壁の高さは50メートルあった。巨人は最大でも15メートルだった。ところが、ある日、その50メートルの壁から顔を出すほどの大型の巨人が現われる。一番外側の壁は破られ、次々と巨人たちが入って来て、人類は食べられていく。
 その巨人と戦うために訓練兵となり、主席で卒業したミカサ・アッカーマン。わけあって、そのミカサと同じ家で暮らしていたエレン・イェーガーは5番の成績だった。彼らはやがて巨人と戦うようになる。そしてエレンは巨人に食われてしまう。ミカサはまだそのことを知らない。

 恐ろしい物語だが、これは人類が他の生物に対してやっている残酷な仕打ちと変わらない。いや、人類はもっと恐ろしいことをやっている。

 深いものを感じさせる予感がする物語である。


***

「般若心経物語」は私、”みどりのひかり”が書いたものです。この「進撃の巨人」とは直接的な関係はありませんが、どこか奥底でつながっているように思います。いや、つながらなくてはならないと考えているのかも知れません。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あかされた謎、深まる謎

8人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:qima - この投稿者のレビュー一覧を見る

ジークの思惑がようやく見えたけれど、エレンの思惑はさっぱり読めないまま。物語が悲劇と不穏な空気の連鎖で合間にほっとするエピソードが散りばめられて、本当にコミックス1冊とは思えない充実さ。そして、もうじき終末が近い予感。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

核心

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

諌山先生の才能を再認識させれる巻。

ついに女型の巨人の正体が明らかとなる。
主人公たちが黒幕と心理戦を繰り広げている時の緊張感や、仲間を疑わなければならない葛藤などがリアルに伝わってきた。
他にも大きな伏線が張られていたりと、終始物語に引き込まれっぱなしだった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

32巻、一気読みしました

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:びびそむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

一気読みをした、というより、一気に読まされた、という感覚です。
連休中に毎晩朝まで読み耽ってまで32巻を一気読みせざるを得なかった漫画は、生まれて初めてです。
挫折組というのをよく耳にしますが、進撃に関しては、どこで挫折できるのかわかりません。
正直、これまで読んできた漫画は挫折してばかりでした。最終巻まで集められたことの方が珍しいくらいです。
でも進撃に関しては毎回毎回「気になる」の連続で、その好奇心が絶えることなく沸き続け、あっという間に32巻まで走り切ってしまいました。
諌山先生の構成力の高さは、他の漫画や小説、どんなドラマや映画より卓越しています。

本題の感想ですが、32巻を読んだ直後だと、次巻が最終巻でもおかしくないくらいの展開ですね。
「地鳴らし」を止められるのか否かは、ミカサやアルミンら104期生にかかっています。
エレンが本当に彼らを、彼らの未来を守りたい一心で彼らの敵となる人類を絶滅させんとするならば、もし彼ら104期生が目の前に立ちはだかり命を捨てようとする時、エレンは本当に彼らを踏み潰すことができるのでしょうか。
彼らの命や未来を踏みにじった先に、エレンの望む世界はあるのでしょうか。
それこそ、アニの「もう意味がないから降りる」という結論になるのもわかる気がします。

私はエレンが単独行動を始めた辺りで、もしかしたらエレンは「九つの巨人」の力をすべて自身に集約させたうえで、何らかの方法をもって巨人の力そのものを自分ごと葬るつもりなのかと思っていました。
しかし、物語は私なんぞの陳腐な想像が及ばない方向へと向かい始め、ますます引き込まれました。

二千年前の惨劇が、再び繰り返されてしまうのか。
それとも、エレンにはまだ明かされていない考えがあるのか。

まだまだ諌山先生の世界に振り回されたいです。
次巻が待ち遠しくてたまりません!

しかし、こんなにも面白く得るものの多い話に、漫画やアニメ嫌いのため出会う機会すら無い人たちは本当に勿体無い…(まさに私の親世代ですが)
実写にならなければ見る機会が無い、現実感を持てないなんて言ってる人たちの度肝を抜く作品であることは間違いないのに。
全世界の全人類に読んでほしい作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最高

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みむも - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白かったです。
いよいよクライマックスという感じで
緊張感がいつにも増してありました。
20巻がとても楽しみ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

.進撃の巨人(16)

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Carmilla - この投稿者のレビュー一覧を見る

未曾有の大ヒットマンガも、いよいよ終幕が近づきつつある。今巻の最大の見所はヒストリア(クリスタ)の決断と、エレンの判断。彼ら二人の決断が、今後の物語の展開に、どう影響するのだろうか?ヒストリアとエレンの父・グリシャの因縁、そして実は呪われた家系だったヒストリアの一族。「対人制圧部隊」の首謀者「人切りケニー」ことケニー・アッカーマンの野望の原点も明るみになる。巨人を相手にしていた調査兵団の格闘技術と戦術が、人間にも通じるだとは。普段でかいやつを相手にしているから、スピードで振り回されたら不利になると思っていたから以外。ケニー、リヴァイ、ミカサの姓が「アッカーマン」である理由が判明するのは次巻かな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

エレンとミカサの出会いの物語

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 再び超大型巨人により城壁を崩され、崩壊寸前になる戦線。エレンはその前線で戦うが、巨人に食われそうになった友人アルミンの代わりに巨人に食われてしまう。
 その頃、精鋭部隊と行動を共にしていたミカサは、エレンが食われたという事実を知らずに奮戦をしていた。だが遅々として非難は進まず、人々は徐々に追い詰められていく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

巨人が支配する世界に生きる人類

6人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 人類は突如出現した巨人に絶滅寸前まで追い詰められた。生き残った人々は巨大な城壁を築き、その中に閉じこもることで何とか絶滅を免れた。それから約100年、かりそめの安定は巨大城壁をも超える巨人の出現により破られる。
 エレン・イェーガーはそんな閉塞を嫌い、城壁の外を目指す少年だった。だが、5年前の超大型巨人の出現から始まる騒動で母親を亡くし、幼なじみのミカサ・アッカーマンと共に、巨人と戦う兵士を育成する訓練兵団の兵士となっていた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

本誌には掲載されていなかった最後の4Pに感無量

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Nagi - この投稿者のレビュー一覧を見る

SNS上で「49話ショック」のハッシュタグが気になって雑誌を購入して以来、基本的に雑誌で数回読み、余暇ができたらコミックスで読む、という読み方をしていたこの作品ですが、最終巻となる34巻で本誌にはない4Pがあり、最後の最後まで読む側のメンタルを揺さぶってくれる作品でした。

本作、前半は、「巨人vs人類」のダークファンタジーという始まり方、抽象的に言えば「悪vs善」という分かりやすい構図で始まりました。
著名な評論家の方々などが仰っているように、マーレ編に入ってから、ファンタジー色が一転、人類の歴史=戦争の歴史を模したような話の運びになってゆき、周囲の変化に翻弄される主人公エレンも、ここを節目に「物語に動かさせられている(作者さん談)」立ち位置から、自分の考えの元で自ら行動していく立場に変化、一読者として私は、エレンが自分の価値観をどう変えていくのかと、「変わる」前提で読んでいました。
ところが、まさかの「変わらない」という結末…。
主人公がラスボス、という結末を描くことが、今の時代に許されるとは思っていなかったので、よい意味で裏切られました。

「正義」の反対は「悪」ではなく「別の正義」を体現している作品だと改めて思いました。
架空の世界でありながら、そこかしこに現実におけるあれこれの事象を彷彿とさせる物語なので、読了後も深く考え込んでしまいます。

自分の読解力の乏しさを感じたところが1点。
どうしてミカサの「選択」で、ユミルがフリッツ王に対する愛とやらの囚われから解放されるのだろう、という点…。
ことあるごとにコミックを読み返しているのに分からなくて、自分の読解力の残念さが悔しいです。(苦笑)

コミック版に追加された4Pで、34巻分を通して、多くの犠牲を伴ってまで勝ち取ったそれが、あっけなく覆されてしまった1コマが強烈で、とても切なく、同時に、それでも変わらずそびえ立つ「エレンのお気に入りの場所の樹」が希望の象徴にも見える、そんな綺麗なラストでした。

完結したので、また1巻から読み取れなかった部分を拾いながら精読しようと思います。
何度読み返しても、読み返すたびに違う景色・解釈を見いだせる稀有な作品です。
時代がどう変化しても読み続けられるであろう普遍のテーマを見事にまとめ上げている作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

いよいよクライマックス

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ソレイユ - この投稿者のレビュー一覧を見る

エレンの実家までもうすぐ…そして巨人達との最終決戦。
憲兵だったマルロが調査兵団の1人として散っていくのは胸にきました。

この絶体絶命の時も団長と兵長の信頼関係は変わらず。命を懸けても惜しくないと思える生き方がしたいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

うおおおおおおお

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:狭間 - この投稿者のレビュー一覧を見る

何を書いてもネタバレになってしまうので・・・もどかしいですが。
物語のテンポが今回速く感じました。
いろいろとわかってきて、次が気になって仕方ないです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

Its so good.

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ニック55 - この投稿者のレビュー一覧を見る

リヴァイ兵長の無双ぶりに感嘆しましたが、エレンや兵団の活躍は次号に期待します。やはり、巨人化しないことには面白くありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最終回が楽しみです

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マルマル - この投稿者のレビュー一覧を見る

あと少しで完結というのに、どうなるのか全くよめません。
たくさんの仲間が亡くなって一体誰が生き残るのか?
終わるとロスになりそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

絶望と希望が交錯する

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:qima - この投稿者のレビュー一覧を見る

怒涛の展開が続いて、毎回クライマックス的な内容が楽しめます。この物語の終着点がどこなのか早く知りたいけれど、終ってしまうのも辛いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

辛い…

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

サシャ周りがとにかく辛い…皆の気持ちがわかるし…。
そしてミカサとアルミンも辛い。エレンは一番大事な二人を巻き込まないために、傷付けて遠ざけようとしてるんだと信じてる。
そして兵長…どこまでも芯が通っている。大事な人達を思い出すシーンでペトラが中心にいたのは、ペトラ好きとしては嬉しかった。
さて、兵長の安否はいかに!?次回予告が怖すぎる!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。