サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/30)

20%OFFクーポン(0918-20)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 漫画・コミック
  4. 男性向けコミック
  5. 乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ
乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(アクションコミックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 17件

電子書籍

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ

著者 著者:大西巷一

1420年、ボヘミア王国。戦争により家族を虐殺された12歳の少女シャールカは、フス派義勇軍の英雄ヤン・ジシュカに導かれ、仲間たちと共に反カトリックの戦いに身を投じていく。15世紀、中央ヨーロッパで起こり「宗教改革」の端緒となった「フス戦争」をモチーフに、少女の視点で、史実に基づいた凄惨な戦争を描く歴史巨編!!

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ : 1

540 (税込)

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ : 1

ポイント :5pt / 紙の本より130おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 62.7MB 無制限
Android EPUB 62.7MB 無制限
Win EPUB 62.7MB 無制限
Mac EPUB 62.7MB 無制限

続刊の予約購入を申し込む

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できます。

続刊予約とは続刊予約とは

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
最大40%OFFクーポン配布中!
「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

キャンペーン期間

2018年9月14日(金)~2018年9月27日(木)23:59


あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

名将ヤン・ジシュカ、フスの人生

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かんけつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

中世の騎士たちの常識を打ち破る戦術を駆使した名将の過去と死が描かれる。名前だけだったフスとの出会いも。改革者魂は受け継がれていく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

清濁会わせ飲むたくましさ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わびすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

中世の荒々しさであり、おおらかさも感じる。シャールカは少女のまま凌辱され、今また出産する。それは周囲の状況に応じてであり、彼女自身の成長の結果ではないのがある意味リアル。でも現実もそんなものだよな。登場人物はそれぞれたくましい、彼らが物語をどう生き抜くのか次の巻に興味がある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

騎士対農民兵

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かんけつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

フス派の信仰心を巧妙に利用した軍規を作り、農民兵、女子供にも扱える銃を使って、馬に重武装の騎士と対決する、ヤン・ジュシカ。悪役顔だが策士である。天使のシャールカといかなる運命を辿るのか

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

いきなり受難の主人公

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かんけつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

馴染みのないフス戦争。15世紀前半。日本だと室町幕府四代将軍足利義持のころか。信仰を利用した軍規に従う農民兵。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

本格的な戦記物。史実をベースにしたフィクション。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Stephan - この投稿者のレビュー一覧を見る

この時代の人々がどれだけ必死に生きていたかがよく伝わってくる。シビアで重い場面がメインだが、ところどころに息抜き要素もあり、うまくバランスが取れている。登場人物を変に甘やかさないところもリアリティに繋がっている。このバランス感覚を最後まで貫いてほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

英雄の死後の物語

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かんけつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

フス派はジュシュカが死んだらすぐ壊滅するかと思いきやまだまだしぶとく生き残り闘い続けていたのだった。そして主人公シャールカも記憶を失いつつも生き延びていた。ジャンヌ・ダルクのエピソードは「ダンス・マカブル」でも描かれていた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

フス戦争に関わった少女の物語

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かんけつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

西洋史に詳しい人でないと馴染みはないと思うが、ユニークな題材の選定と、過酷な少女の運命が描かれる。いまの倫理で見たらたいていの過去が全否定されるんだろうが、それがないと今には至らないことが想像できないことが多いのだろう

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

天使が聖母に

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かんけつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

1巻で強姦されて以来男性とのセックスには恐怖を感じていたシャールカも貴族の子ヨハンと結ばれる。死刑の罪を逃れる成り行きでの策とはいえ、女の子に恵まれるが・・・フス派の娘との子供は貴族の家にとっては危険の種でもあったのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

遊牧民クマン

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かんけつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

弓騎兵によってワゴンブルクの優位性は失われて、ジュシカはバルバラたちと逃げ延びることになる。生きるためには皇帝側につくしかない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

狐と狸の化かし合い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かんけつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

スコラーリとジシュカ、腹に一物も二物もありそうなおっさん同士の化かし合いは、際どいところでジシュウの勝ち。フス派は勝利を収めたものの内部では不穏な動きが・・・それとは別に皇后バルバラのカリスマも大したものだなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

今までで最も女性が

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぷぷりんす - この投稿者のレビュー一覧を見る

ひどい目に遭う描写が続く巻でした。
当時のそれらの民族の間では一般的な価値観だった部分もあるのでしょうが、ただでさえ非力な少女でも銃を撃って戦場で戦うというリスクに加えて、さらに負けた場合に敵兵の慰みものになるのが普通というのは、マンガであっても読後の感想はいい気はしませんでした。
ただ、それを踏まえた上で力強く生きるキャラクターも登場するのは救いではありましたが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

フス派の中の過激派による内紛

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かんけつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

アダム派は聖書に従い裸で過ごす。戦うときも。死んでもキリストのように蘇ると信じている。幻覚作用のある麦角を使い乱交する。フス派の内紛は集結へ。シャールカの友人ガブリエラは秘密のために・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

悲惨な攻城戦

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かんけつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

城の中の塔に立て篭もらざるをえなくなったシャールカたち。兵糧攻めの果て、悲惨な飢えきった状態になっても、シャールカは天使ぶりを発揮。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

主人公が魅力的

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マイメロ赤ずきん - この投稿者のレビュー一覧を見る

みなさんのレビューにもありますが、可愛い絵柄とは裏腹にかなり残酷な描写が多々あります。最初、表紙を見た際に、ジャンヌダルクぽい話なのか?と思いましたが、私の想像とはけっこう違い、いい意味で裏切られた感がします。一回読んだ時点では、少し意味がわからないところがありましたが、何回か読み返しているうちに、その世界観に入り込んでしまっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

乙女戦争1

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とりのひよこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙のかわいい女の子のイメージとは裏腹に、結構グロいシーンも多数あります。
古の戦争時代のヨーロッパを描いたマンガですが、若干表現が偏ってる気もします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する