サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン ~3/14

最大40%OFFクーポン ~3/14

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 96件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2011/07/29
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-766904-1
一般書

電子書籍

送り火

著者 重松清 (著)

家族の幸せを思うとき、自分自身は勘定に入れない。「あの頃の父親って、ウチのお父さんだけじゃなくて、みんなそうだったんじゃないの?」女手ひとつで娘を育てあげ、いまはさびれた...

もっと見る

送り火

税込 682 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 3.8MB
Android EPUB 3.8MB
Win EPUB 3.8MB
Mac EPUB 3.8MB

送り火 (文春文庫)

税込 748 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

家族の幸せを思うとき、自分自身は勘定に入れない。「あの頃の父親って、ウチのお父さんだけじゃなくて、みんなそうだったんじゃないの?」女手ひとつで娘を育てあげ、いまはさびれた団地で独居する母が娘にそう呟く(表題作)。パンクロック評論で注目された青年の四半世紀後を描く「シド・ヴィシャスから遠く離れて」。大切なひとを思い、日々を懸命に生きる人びとのありふれた風景。とある私鉄沿線を舞台に「親子」「夫婦」のせつない日常を描いて胸に沁みる9つの短篇。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー96件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

生きる事死ぬ事、そして命。

2007/09/25 11:27

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

命の物語である。
9つの短編は、富士見線という架空の路線で繋がってはいるが、
それ以外には全くつながりは無く、別の話しになっている。
でもそれがまた、すごくうまいのだ。
読んでいて、至極細いけれどもしっかりとした繋がりを感じられる。
それはなんだろう、安心感というのとも違う。
例えて言えば、DNAの螺旋の繋がりのようなものだろうか。
目には見えないし、感じる事もそうそうない。でもある時突然に、
しっかりと命を繋いでいる事を意識させられるような、そんな感触。

読み口は氏の傑作「流星ワゴン」に近い。
でも流星ワゴンでは「ワインレッドのオデッセイ」を登場させる事で、
ちょっとだけSFの香りが漂っていたのに対し、
本作では短編にして一つ一つの物語を研ぎ澄まし、
「命」という重たいテーマに正面からぶつかって、見事に表現している。

9つの物語はそれぞれに読み味が違うのだが、
どの作品もあまりに濃く、深い。
思わず「ぐううう・・・」と声が出てしまう物語ばかりである。

人間生きていれば、必ず出会う命の終焉。誰もが思い悩む生きる意味、
命の重さって何なのか。100の命があれば100の生き方があり、
100の命の重さと感じ方と、大切さがある。

それを、9つの角度から感じさせてくれる珠玉の作品たち。
ぜひにと、オススメしたい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

現代の家族と、少しのホラー要素

2018/07/14 20:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:暴れ熊 - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近、重松清の本に結構はまっている。するすると読みやすいし、現代の家族を描いていて、色々と考えさせられる。
この作品は、今まで読んだのと少し毛色が変わっていて、ちょっとホラーな?要素もあり、「世にも不思議な物語」的な色があるような作品も中にはある。
それにしても、夫婦の間で、少し隙間風が吹いていたり、家に帰りたくない男とか、夫と一緒の墓に入りたくない妻とか……まあ、どこの夫婦もそんなもんなんだろうなあと思うと、少しは慰められる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/03/20 09:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/25 09:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/20 20:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/24 13:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/02 21:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/25 23:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/17 23:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/26 19:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/18 11:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/01 17:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/22 07:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/23 12:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/08 17:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。