サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

エントリーで100名様に1000ポイントプレゼントキャンペーン ~5/31

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日: 2011/03/01
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-762103-2
一般書

電子書籍

タイル

著者 柳美里 (著)

性的不能になり離婚した、40歳のデザイナー。タイルを偏愛する男は、自室をモザイク画で埋め尽くそうと、赤い海パン姿で制作に没頭する。その部屋をこっそりうかがうのは、盗聴が趣...

もっと見る

タイル

税込 428 3pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 3.5MB
Android EPUB 3.5MB
Win EPUB 3.5MB
Mac EPUB 3.5MB

タイル (文春文庫)

税込 429 3pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

性的不能になり離婚した、40歳のデザイナー。タイルを偏愛する男は、自室をモザイク画で埋め尽くそうと、赤い海パン姿で制作に没頭する。その部屋をこっそりうかがうのは、盗聴が趣味の自称“非行老人”。タイル貼りの作業に女の専門学校生が加わり、いっそう妄想が亢進した老人は男をけしかける──いっしょに楽しもうじゃないか。標的はある女性ポルノ作家。狂気、罠、監禁……誰にでも起こりうる狂気をひたひたと描き出す、ホラー純文学の傑作。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価3.0

評価内訳

紙の本

無調世界に送り出された聖母

2005/05/18 19:49

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:RinMusic - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者・柳美里はここで夏海かおりと名乗って、無残に殺される役として登場する。この無調の物語で、恐怖とはどのようなものかを問うている。無調とは本来、常に凝縮された焦燥感がプレッシャーの役割を果たしている状態だが、不思議なことに、この無調の台本において支配的な狂気には、気だるい調整感すら存在する。「恐怖の反対の感情はなんですか?」(p.148)と男は問う。<「弛緩」といったがすぐに「やすらぎ」といい直し>て、夏海は「あなたは恐怖の被膜に覆われていてひとを見ることができない」(p.149)と答える。しかし彼女は<やすらぎなどあるはずがない(中略)やすらぎや癒しなどという前に破滅すべきだ>(p.149-150)と知っていた。男は<暴力に対抗する力が自分にないことを知るのが怖かった>(p.84)から、性的能力の喪失で襲ってきた絶望の深さを埋めるごとくタイルを貼り続け、雄々しいイッソスの戦いに自分自身を重ねてきた。しかし、この問答を通して、男はタイル貼りを放棄するに至る。つまり夏海を殺すことである。
確かに恐怖の反対はやすらぎでない。その前に破滅すべきだということを身を以って示し、恐怖から想像力を取り戻すための礎とするべく、柳はこの無調世界に夏海を生贄として送り出した。殺されることで、現代社会における聖母を演じさせたのだとしたら、柳は相当に屈折したエキシビショニズムを持っていると言わざるを得ないが、大したものだ。すると柳自身がタイル(の役割)として物語を監督していたことになる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

誰かに解説してほしい。

2002/03/08 14:11

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みやぎあや - この投稿者のレビュー一覧を見る

 都会に溶け込んでしまっている変わった人たちの、ちょっと不気味な話。「文学だなぁ…」と、読み終わって呟いてしまった。何がって、結局よくわからないまま終わってしまうあたりが。主人公の心理もいまひとつ分かるようでわからない。すぐそこに答えがあるのに、自分では読み解けない世界を垣間見てしまったような気分。夏目漱石や太宰治みたいに国語の先生に授業で説明してもらったら、ずいぶん納得いくのではないかと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/03/28 10:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/02 23:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/23 11:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/23 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/22 21:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/22 15:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/16 01:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/18 14:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/03 03:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/08 14:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/26 15:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/26 22:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/11/26 15:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。