サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~8/31

新規会員50%OFFクーポン ~8/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 76件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2012/04/20
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-106312-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

しろばんば

著者 井上靖 (著)

野草の匂いと陽光のみなぎる、伊豆湯ヶ島の自然のなかで幼い魂はいかに成長していったか。著者自身の少年時代を描いた自伝小説。

もっと見る

しろばんば

税込 825 7pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 1.3MB
Android XMDF 1.3MB
Win XMDF 1.3MB

しろばんば 改版 (新潮文庫)

税込 935 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー76件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

ロングセラー

2011/06/08 19:12

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

しろばんば 井上靖 新潮文庫

 冒頭に「しろばんば」とは、夏の夕方に見られる空気中に浮遊する小さい白い生物で、その色は青みを帯びた白とあり、この小説の主人公である洪作を育てた親代わりのおぬい婆さんを指すと解釈しました。
 洪作の少年時代において、幾人かの親族等が亡くなっていきます。また、赤子が生まれます。洪作少年は人の生死を通して心の成長を遂げていきます。そして彼を包むのが伊豆を始めとした日本の自然です。土蔵の家に咲く遅咲きの朝顔が目に見えるようです。人間は、ある時、ある場所に存在し、やがてこの世から消えていくのです。
 大正時代の風俗や生活を検証するための読み物という位置づけもあります。馬車、日本に登場し始めた頃の乗り合いバス、縁側での談話、静岡県や愛知県を舞台として、列車の移動、タイムトラベル(時間旅行)を楽しめます。平和な世の中です。テレビを初めとした情報発信は乏しい。こどもの視点から見た大人の世界が描かれています。486ページにあるおぬい婆さんの言葉「のんきに暮らしていれば、神経衰弱にはならない」が心に残りました。
 おそらく洪作少年は作者のことなのでしょう。頭脳優秀な家系に生まれています。小学生の頃から作文が得意で、小説家の素質が見受けられます。山の中で殺人を見た様子(実は逢引あいびきシーン)の部分では「トムソーヤの冒険」を思い出しました。そして、年上の女性に対する淡い恋があります。
 小説は、前編8章、後編8章でできあがっています。長かった。読むのにずいぶん時間がかかりました。昭和37年に刊行された作品です。平成元年の時点、もう20年前に52刷目が出版されています。古本屋さんにて、105円で手に入れたロングセラーでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

青春の一冊

2009/01/07 14:19

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゴルハム子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

子供の頃から100回以上繰り返し繰り返し読んでいる小説です。
長閑な田舎町を舞台にした青春自伝小説ですが、どことなく面白い。
続編の「夏草冬濤」「北の海」もおすすめ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

理想的な子供時代を過ごす少年の成長物語

2010/11/13 03:06

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:楊耽 - この投稿者のレビュー一覧を見る

井上靖の自伝的長編小説で、主人公「伊上洪作」が伊豆湯ヶ島の小学校に通った六年間を主に少年の視点から描いています。

平成の現在、伊豆下田急行の黒船列車に乗ると、その車内に沿革を解説して曰く「開通当時はまだ陸の孤島だった南伊豆へ、第二の黒船として伊豆下田急行がやってきました。」というような記述を目にします。伊豆下田急行の開通は、昭和も戦後の1961年です。
物語は、おそらく大正元年(1912年)からの六年間で、小説の中で少年たちが「ずいどう」と呼ぶ旧天城トンネルがようやく開通(1904年)してから、まだ十年経っていない頃です。
小説の中で軽便鉄道と呼ばれる、現伊豆箱根鉄道駿豆線も修善寺の手前、大仁止まりで、つまり、物語の舞台である湯ヶ島は、半島ゆえに部外者が訪れることも稀な、山深いど田舎と言うわけです。

洪作たちが馬飛ばしを見に行くために歩いた山道を、僕も歩いたことがあります。中学生だった時で、クラスメイト六人、中伊豆と湯ヶ島の宿を予約して行った二泊三日の旅行でした。
初めての子どもだけの泊まりがけの旅行で、うかつにも、なんら観光スポットをチェックしていなかった僕たちは、中伊豆の宿を出た朝に、
「では、次の宿がある湯ヶ島まで歩いて行ってみよう。」
と、洪作たちが歩いたのと同じ山の中を歩いたのでした。
早春の筏場は、新緑に萌え、今は「日本一の棚田」と看板が立っている広い渓谷の山葵の棚田からちょろちょろと流れる清流は手ですくって飲めそうでした。
つまり、ど田舎と言うと、暗いじめじめした印象があったのですが、明るく緑豊かな山と渓谷が、この小説の舞台です。

読み終えて思ったのは
「少年の時に体験すべき事は、山深い村に住んでいても全て体験できるのだ。」
と言うことでした。
それは、例えば、洪作が級友と喧嘩をして怪我をさせてしまった時のエピソードです。
大人としては、「大事ないかな。」「ちゃんと反省してくれるかな。」と気がかりな場面ですが、物語の中では複数の大人が、それぞれに全く違った反応を示します。
同居しているおぬいばあさんは、以前口うるさい洪作の母親への当てつけで「謝っちゃれ。なんでも謝っておけば収まるから。」と洪作に言っていたのを棚に上げ、洪作を家の中にかくまい「誰にも手出しをさせないぞ。」とがんばります。
やってきた祖父は頭ごなしに「ばかもん」と怒鳴りつけ、怪我をさせた相手の家へ謝りに、洪作を引き連れていこうとします。
近所に住む耕作の親友=幸夫の母親が駆けつけ、祖父の肩を持ち「謝らせておくのが無難じゃ。」と、おぬいばあさんをなだめます。
母方の祖母は「あとでおはぎでも甘酒でも作ってやるから、何を言われても悪うございましたと謝ってきなさい。」と言う。
行った先の喧嘩相手の父親は、なんと「喧嘩は子供の仕事だ。いちいち謝っていたら、仕事が手につかないわい。」と、謝罪不要の太っ腹。
学校に行くと、先生には長い説教を食らうのかと思いきや「喧嘩はイカン。今度喧嘩をしたら、もう学校にはおいておけない。」と短い通達のみで授業を始めてしまう。
洪作自身は「大変なことをしてしまった。」としきりに反省し、つまり、健全な少年期の経験となり、以後怪我をさせるような喧嘩はしないようです。

僕の子供時代を思い起こしても「あぁ、あのとき取り返しのつかないことにならなくて良かった。」と言う危険な思い出があります。誰にでも似たような経験があるのでは無いでしょうか。(逆に、「ワタシは子供の頃にそんな悪いことは一切しなかったよ。」と言う大人は信用できないですよね?)
でも、僕には洪作のように、このような貴重な経験に加えて、「大人にはいろんな考え方があるんだなぁ。」と言うような事まで一緒に経験することは出来ませんでした。

必ずしも大人の誰もが模範的なワケではなく、それぞれ癖や個性があり、その中で生きていくことが大人になることなのだ。と、僕の場合は成人してだいぶたったころにぼんやり習得したように思いますが、耕作の場合には、こんな複雑な人間関係を、山深いど田舎で、小学生の時に経験したわけです。

その他、老人をいたわる心が芽生える瞬間や、自主的に学習に取り組み始める瞬間、女性を意識する思春期の萌芽、級友と将来つくべき職業を初めて語る、など、など、など、思いつける限りの全ての「小学生の時に経験すべき事」を経験し、成長していく洪作の物語でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

みんな非常に個性的なキャラで 目に浮かぶよう

2021/03/31 23:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いっしー - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔からある有名な井上靖先生の本、それが「しろばんば」です。
主人公の多くは少年ですが、みんな非常に個性的なキャラで
目に浮かぶようです。

新潮文庫で持ち運びやすいので電車などどこでも読んでいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大人でも読み応えのある作品です。

2021/02/26 21:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しゅ - この投稿者のレビュー一覧を見る

井上靖先生の非常に有名な作品です。
あらためて読み返すと静岡県伊豆地方の原風景に
行ったことのないわたしでも「なつかしさ」を感じます。
続編として『夏草冬濤』、『北の海』があります。
大人でも読み応えのある作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

井上氏の自伝的作品

2019/01/28 17:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公・洪作少年の中学受験前までを描いた井上氏の自伝的作品。父母から離れ、曾祖父の妾だったおぬい婆さんと土蔵で暮らした日々が綴られている。少年期の何とも言えない素直にものが言えない、ちょっと大人にみてほしいという背伸びした言動や態度が非常に上手に描かれていて目の前に洪作がいるような錯覚さえ覚える。一流の作家は、子供の描写も頗る達者だ、谷崎潤一郎の「細雪」での次女・幸子の娘・悦子の大人びた言動と幼い振る舞いなどの描写も見事だったが、この洪作少年と周りの子供たちの会話、とくに洪作が湯ヶ島から引っ越す前日に幼馴染たちとかわす会話はせつなくて涙がでる。出発当日、バスに乗った後、凸凹頭の少年のお辞儀に気を取られて、仲間たちの顔を見損ねてしまうユーモアもかわいい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子供は愛を受け止める天才

2002/06/26 07:14

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読ん太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 懐かしい思いがよみがえってくる小説である。と、言っても、舞台は大正時代の小さな村であるからして、私が子供時代を過ごした時期とは全く重なってはいない。洪作という男の子が成長していく物語である。季節ごとに巡ってくる行事に心躍らせ、友達と遊びまわり、時には喧嘩をし、生まれて初めての経験を数々する。私にも身に覚えのある感情が綴られていくので、時代や地域の違いなどは、実際より昔に遡ってもらって実際よりずっと田舎に設定される方が、却って懐かしい思いがが倍増する。

 洪作は、おぬい婆さんとの二人暮しである。おぬい婆さんは、曽祖父の妾であった人である。洪作の両親から一時洪作を預かって以来、婆さんは洪作の養母という立場が自分の存在価値を示す唯一の手段として、洪作を決して手放そうとしなかった。こうして、おぬい婆さんと幼い洪作の生活は始まった。
 おぬい婆さんは、いわゆる人質である洪作を大切に育てる。洪作を婆さんの手に託すことをよく思わぬ人々の事は、口を極めて罵り、それは洪作の耳にも毎日のように届いている。歪んだ環境で育っているともいえる洪作であるが、洪作独自、いや子供独自の感性で人を見て、大人の計り知れない気遣いをしながら育っていく様は、不憫というよりもたのもしい。

 『しろばんば』には、色々な愛の形が描かれている。おぬい婆さんの洪作に対する愛は、溺愛である。公平にものを見て話をしようなどとの考えは全くないので、おぬい婆さんの言葉にはしばしば笑わせられるが、愛情の深さは直球でこちらに伝わってくる。
 洪作の叔父は、小学校の校長である。ニコリとも笑わないし、洪作にやさしい言葉をかけることもない。しかし、愛は確かに感じられる。
 洪作を手放した母にも、愛がある。手元に置いて育て上げなくても、愛情が古びたり薄れたりすることはない。

 愛をしっかりと受け止めて成長する洪作が、最終章で、付き合いのほとんどない村の老人に言った言葉、『おじいさんも体に気をつけな』、これが洪作の初めての「愛情を言葉に表現したもの」だった。

 言葉を持ち駒のように使っている今の私。子供の頃は、嬉しくてたまらない時に、「ありがとう。」の一言が出ずにうつむいていた。「ありがとうございます。」 「お世話になります。」 を、感情を置いてきぼりにして連呼する現在の自分に、赤面してうつむきたくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/01/16 13:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/01 21:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/31 19:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/11 12:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/13 17:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/06 18:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/10 13:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/16 17:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。