サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~8/31

新規会員50%OFFクーポン ~8/31

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 新書
  5. 新潮社
  6. 新潮選書
  7. 神を哲学した中世―ヨーロッパ精神の源流―(新潮選書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.9 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/04/19
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮選書
  • ISBN:978-4-10-603718-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

神を哲学した中世―ヨーロッパ精神の源流―(新潮選書)

著者 八木雄二 (著)

中世において「哲学」は「神学」の形をとった。キリスト教信仰と古代ギリシア哲学の出会いによって「神についての学問」が生まれ、ヨーロッパ精神が形作られていった。神の存在、天使...

もっと見る

神を哲学した中世―ヨーロッパ精神の源流―(新潮選書)

税込 1,232 11pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 764.1KB
Android XMDF 764.1KB
Win XMDF 763.8KB

神を哲学した中世 ヨーロッパ精神の源流 (新潮選書)

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

中世において「哲学」は「神学」の形をとった。キリスト教信仰と古代ギリシア哲学の出会いによって「神についての学問」が生まれ、ヨーロッパ精神が形作られていった。神の存在、天使の堕落、人間の富や色欲を当時のヨーロッパ人はどう捉えていたのか。中世神学から「信仰」というベールを剥ぎ、その実像に迫る。

著者紹介

八木雄二 (著)

略歴
1952年東京生まれ。慶應義塾大学大学院哲学専攻博士課程修了。文学博士。専門は中世西欧哲学。清泉女子大学と早稲田大学の非常勤講師。著書に「天使はなぜ堕落するのか」など。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.9

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

中世の神学に初めてふれた一冊

2015/09/30 13:17

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タヌ様 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ギリシャ、スコラ哲学、一気に飛んでデカルト。その間の中世は神学の時代で哲学じじゃない。キリスト教育なんか受けたことが無い私には全く関知しない世界が中世だった。
暗黒の時代なんだそうで、堀米庸三氏の著作位しか読んだことが無かった。いったいどういうものか見当がつかない。テレビ化された大聖堂の世界。外延的に十字軍の世界位でしかなかった。
この著作はそんな中世音痴には少し驚くものだった。著者は長い年月をかけてスコトゥスに取り組み(私はスコトゥスの名前も知らなかった)続けてこられて、じっくりと手なれたやり方で素人にもわかるように書かれているが本書である。
中世に、辺境であるはずのイギリスに神を哲学する宗教者がいたんだっていうことを、どうやって神を考えていたかっていうことを丁寧に語ってくれる。
やはり中世がわからないとだめだったんだと。デカルトが批判した中世観を知らないと、それ以降のスピノザもどっかピンとこないんだなって。
宗教のキリスト教が人々に深く浸透していた世界を知らずして近代の理解はない、これ本当なんだなって、わからせてくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/01/16 18:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/26 09:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/26 19:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/25 01:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/29 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/14 15:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/01 23:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/01/03 06:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。