サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~7/31

「無料連載ページ」リニューアル 5/23~

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 155件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/05/15
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-102402-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

堕落論

著者 坂口安吾 (著)

単に、人生を描くためなら、地球に表紙をかぶせるのが一番正しい――誰もが無頼派と呼んで怪しまぬ安吾は、誰よりも冷徹に時代をねめつけ、誰よりも自由に歴史を嗤い、そして誰よりも...

もっと見る

堕落論

税込 572 5pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 550.5KB
Android XMDF 550.5KB
Win XMDF 550.3KB

堕落論 (新潮文庫)

税込 572 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

単に、人生を描くためなら、地球に表紙をかぶせるのが一番正しい――誰もが無頼派と呼んで怪しまぬ安吾は、誰よりも冷徹に時代をねめつけ、誰よりも自由に歴史を嗤い、そして誰よりも言葉について文学について疑い続けた作家だった。どうしても書かねばならぬことを、ただその必要にのみ応じて書きつくすという強靱な意志の軌跡を、新たな視点と詳細な年譜によって辿る決定版評論集。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー155件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

堕ちることへの自覚

2009/06/28 01:46

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:白みそ - この投稿者のレビュー一覧を見る

敗戦直後、安吾は「生きよ、堕ちよ。」と日本人に呼びかけた。
自らの堕落に自覚的であった日本人は戦後めざましい復興を遂げることになる。

現代の知識人はしきりに「品格」を叫び、政治家は「美しい日本」「とてつもない日本」などという空疎なスローガンを国民に対し繰り返す。
日本人は自らの堕落に対し無自覚となり、日本の国際的地位は低下し、繁栄も失われつつある。

自らの堕落に無自覚であることほど品格に欠け、醜いことはない。
それにひきかえ、安吾の「堕落論」は今でも美しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

無償の行為について

2009/09/09 00:53

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みどりのひかり - この投稿者のレビュー一覧を見る

特攻隊について
{彼等は強要せられた、人間ではなく人形として否応なく強要せられた。}と安吾は言う。

{人間が戦争を呪うのは当然だ。呪わぬ者は人間ではない。否応なく、いのちを強要される。私は無償の行為と云ったが、それが至高の人の姿であるにしても多くの人はむしろ平凡を愛しており、小さな家庭の小さな平和を愛しているのだ。かかる人々を強要して体当りをさせる。暴力の極であり、私とて、最大の怒りをもってこれを呪うものである。そして恐らく大部分の兵隊が戦争を呪ったにきまっている。}とも言う。

けれども、と安吾はつづける。

{その次に始まったのは彼個人の凄絶な死との格闘、人間の苦悩で、強要によって起りはしたが、燃焼はそれ自体であり、強要と切り離して、それ自体として見ることも可能だという考えである。}

{軍部の欺瞞とカラクリにあやつられた人形の姿であったとしても、死と必死に戦い、国にいのちをささげた苦悩と完結はなんで人形であるものか。}

{先ごろ浅草の本願寺だかで浮浪者の救護に挺身し、浮浪者の敬慕を一身にあつめて救護所の所長におされていた学生が発疹チフスのために殉職したという話をきいた。
 私のごとく卑小な大人が蛇足する言葉は不要であろう。私の卑小さにも拘らず偉大なる魂は実在する。私はそれを信じうるだけで幸せだと思う。}

 安吾は無償の行為というものを最高の人の姿と見るのである、といい、いのちを人にささげる者を詩人といった。宮沢賢治のような人を本物の詩人だと言ってるのだと思う。これについては別の出版社の堕落論のところにレビュウーを書いたのでそちらをご覧下さい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

堕落論

2002/03/14 12:49

3人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポンタ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 これ程の傑作はないだろう。おそらく日本で初めて堕落というデカダンスを前面的に肯定した本ではないだろうか? 今でも刺激的でその魅力は衰えてはいない。日本文化を根底から覆すような試み。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読まずに死んではいけない一冊

2001/05/29 20:12

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:呑如来 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 青年の時分、誰もが手にする一冊。
 えっ、まだ読んでない? まだ遅くはありません。すぐ買物カゴにGOです。これを読まずに青春や恋愛について語るなかれ。相田みつおも「一生青春、一生感動」と書いていますが、その元祖は安吾なのであります。しかも実存哲学をエッセイという形式で説明してしまったすごい人。醒めてるけど熱い、絶望という希望。
 安吾が示唆してくれる人生観はいつまでたっても古くなりそうにありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

代表作

2019/09/21 20:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:earosmith - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦後発表された坂口安吾の代表作。
戦時中、人々は静謐で美しかったが、それは人間の本性ではない。
人間の本性は堕落であり、それ故に貞淑な未亡人でさえも堕落するが、
それは悲観すべきことではない。
正しく墜ちること、それが人としての唯一の道なのだと訴える作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

実は「坂口安吾の考え」だった

2019/06/20 19:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

坂口安吾の『堕落論』は、「堕落論」や「続・堕落論」を含む評論集ですが、「特攻隊に捧ぐ」や小林秀雄について書いた「教祖の文学」などを読むと、「あ、僕と同じ考えや!」と思う所がいくつもありました。
 え? でも、待てよ。『堕落論』は10代の頃に読んで、そのあとも読み返しているから、「自分の考え」と思っていたのは、実は「坂口安吾の考え」だったのかもしれない。
巻末に年譜がついています。
『クラクラ日記』を思い出しながら見ていくと、一見無味乾燥な感じの年譜も、ストーリーとして読めました。
安吾の急逝は働き盛りの49才。
私は、気づかぬうちに、安吾より10年も長く生きていました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ぬるいぞ、いま。

2002/04/03 17:39

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:猫山 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 乞食となってもあだ討ちを貫く武士道も、亡夫に立て未亡人を貫く節婦も欺瞞である。そんなものを捨て去り堕落してこそ、人間は本当に自己の求むるものを見つけ出すことができるのだ。

 しかし、すでに規範もへったくれもないこの時代、『堕落論』ではあまりぴんと来ない。確かに今は堕落しているけれど、落ち方に気合が足らない。何も見ず何も考えず、ただただ流れるままに落ちているだけだ。ちょろちょろと。もっとアグレッシブに! もっと激しく! 轟々と唸る滝のように! 本能の叫びを聞けー!! って、感じでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

堕落?とんでもない

2003/12/25 06:44

3人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぎっちょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この坂口安吾の堕落論、発表されたのは昭和21年(1946年)。
共産思想や全体主義、コスモポリタニズムまで否定する絶対的な個人主義を終戦直後に唱える彼の先見の明には脱帽するばかりです。
しかし、しかしですよ、現代の日本は彼の言う『堕落』を忠実に享受しすぎているのではないでしょうか。
この堕落論、五十年前には薬かもしれませんが現代には毒にしかならない気がします。彼の言う『曠野のひとり道』を歩ける人は別としてですが。

初めからクラシックだと思って読めばもっと楽しめたのでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/02 22:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/28 17:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/04 11:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/24 14:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/03 00:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/01 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/17 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。