サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~8/31

新規会員50%OFFクーポン ~8/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2016/05/27
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮新書
  • ISBN:978-4-10-610654-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

学者は平気でウソをつく(新潮新書)

著者 和田秀樹

学者の言うことを、真に受けてはいけない。データの改竄や人為的ミスがなくても、「画期的な発見」の大半はのちに覆される運命にあるのだから――。医学、教育学、経済学等々、あらゆ...

もっと見る

学者は平気でウソをつく(新潮新書)

税込 792 7pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 6.6MB
Android EPUB 6.6MB
Win EPUB 6.6MB
Mac EPUB 6.6MB

学者は平気でウソをつく (新潮新書)

税込 792 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

学者の言うことを、真に受けてはいけない。データの改竄や人為的ミスがなくても、「画期的な発見」の大半はのちに覆される運命にあるのだから――。医学、教育学、経済学等々、あらゆる学問の「常識」を疑い、学問との上手な距離の取り方を模索する。学問という名の宗教に振り回されず、正しい選択をして生きるために必要な思考法と、健全な猜疑心の持ち方とは? 「学者のウソ」をメッタ切りにする、痛快な一冊!

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

盲信と敬愛は紙一重

2016/02/23 19:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:朝に道を聞かば夕に死すとも。かなり。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルからして、たいていの人は「いやいや、和田さん、あなたも一流で、たくさん本出してる学者でしょ?」っていうツッコミが本屋さんで繰り広げられていそうです。

最近の新書は、独特のタイトルがつけられていて、購買を誘う「一行で売る!」みたいなところがあるので、多く本を読む人にとっては「怪しい」と警戒してしまいます。

読後感は、まぁ随分まともだなと思いました。相続税に対して独特の意見をお持ちだったので、もっと極端なことを言いだすのかとハラハラしていましたが、あんまり肝を冷やすようなことは書かれていません。

たとえば、ジニ係数は貧困の指標として用いられますが、高齢者が増えると、ジニ係数も増えるのだから、このものさしは、経済成長期と経済停滞期のそれとはちがうんだから、ジニ係数のアップ=格差拡大と考えるのは早計と示しています。

「はじめに」で「ランセット」「ネイチャー」に意図的な不正がなくても、画期的研究でも8割がたが後に否定される結果になるってのを聞いて、トップジャーナルの説が好きな私は頭を抱えました。

で、あらゆる分野で学問が体系化し、私たちは無宗教なんだけど、学問を盲信する傾向が強いんじゃない?っていう主張が繰り広げられる本です。

学問の本質は新たな仮説を生み出すことであり、例えば医療問題でも欧米人のような多様性のあるモデルをそのまま日本に持ち込むより、平均寿命が高いのに老人医療費の低い長野県を参考にしたら?と述べます。

もし学問が宗教と一緒なら、さまざまな宗教があってもいいのですが、学問特有の問題として、帰納していこうという流れがあります。

私たちはその昔、頭のいい人は「くそインテリ」というくくりで見ていました。でも、冷戦が終わって、何かのモデルについて行くというスタイルがとれなくなったことがわかると、わからない問題が増えて、自分のぼんやりした考えを何かに託したくなります。

そう、学問はそれに応えてくれました。学問は丁寧に「こうなんだよ」と語りかけてくれます。しかし、私たちの人生の選択は「賭け」の連続です。ネットにこそ真実があるとか、自分の経験が全てとか極端に振れずに一つの情報源とか一つの権威にすがりつくのではなく、いろんな話を聞いてみたら?と問いかけます。

仕事や余暇で忙しい私たちはなるべくクリアな回答を希望します。そして、そのためには単純化、一般化がさけられず、投資と一緒で、リスクヘッジは大事なのでしょう。でもいろいろ言われるとかえって「わからん」わけです。

でも、この「わからん」なりに私たちは人生を過ごしており、わからんかったときの対処法の積み重ねをたくさん持っていた方が、この先のもっと「わからん」時代には免疫が少しはつくのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ウソを見抜く目

2016/04/18 12:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mistta - この投稿者のレビュー一覧を見る

学者はどうしてウソをつくのか?
わかりはしないと、タカをくくるのだろうか。
ウソをつかないと自分の、商売がうまくいかないのだろうか?

それも正解だが、それだけではない。堂々と主張した自説は、簡単に撤回できない。専門外のことまで聞かれると、知らないと言えず、いい加減な回答をする。それを良しとする。

万人に共通しないことまでひとくくりにしようとする医学の
誤ちという指摘には、大いに納得した。

ウソをつかれる側も鵜呑みにしてはいけないという警告を本書からしっかり受け取った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

健全な距離感とバランス感覚

2016/03/03 20:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ワタヤン - この投稿者のレビュー一覧を見る

医学をはじめ、あらゆる学問を真に受けてはならないという著者の主張はよく理解できた。私たちは学問という名の宗教を無意識のうちに信じているのかもしれないということが分かって、とてもよかった。これからは学問とうまく距離を取っていこうと思った。                          4章のうち、3つはすらすら読める。精神医学の章だけは著者の専門分野というだけあってやや難しい。あまりに面白かったのであっという間に読み終えた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/03/01 21:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/07/18 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/12/20 14:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。