サイト内検索

詳細
検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

エントリーで100名様に1000ポイントプレゼントキャンペーン ~7/31 ※未ログインのみ

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日: 2016/12/16
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-309631-3
一般書

ローマ亡き後の地中海世界(下)

著者 塩野七生

コンスタンティノープルを陥落させ、トルコは西欧への攻勢を強めるばかりだった。イスラムの海賊の頭目「赤ひげ」は、ついにトルコ海軍総司令官に昇り詰める。迎え撃つは、キリスト教...

もっと見る

ローマ亡き後の地中海世界(下)

税込 1,386 12pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 52.6MB
Android EPUB 52.6MB
Win EPUB 52.6MB
Mac EPUB 52.6MB

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

コンスタンティノープルを陥落させ、トルコは西欧への攻勢を強めるばかりだった。イスラムの海賊の頭目「赤ひげ」は、ついにトルコ海軍総司令官に昇り詰める。迎え撃つは、キリスト教国連合軍の名将、アンドレア・ドーリア。周辺各国のパワーゲームも熾烈を極める中、この両巨頭の攻防の行方は? 劇的に描き出される完結編。※当電子版は単行本下巻(新潮文庫第3巻、第4巻)と同じ内容です。地図・年表なども含みます。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (10件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

恒久平和はいかに実現されるべきか

2009/03/28 10:54

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コーチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本巻では引き続き、地中海を暴れまわるイスラムの海賊とヨーロッパのキリスト教国との攻防が描かれる。
 ときは15世紀、暗黒の中世が終わり、ヨーロッパも次第に強大化してゆく。しかし、海賊被害は減るどころか増える一方であった。その主な原因は、ビザンツ帝国を滅ぼし、西方への勢力拡大を狙うオスマン帝国が、海賊をヨーロッパかく乱の道具として利用したためである。
 その後の地中海の平和は、キリスト教徒VS海賊+オスマン帝国の間の力関係によって左右される。キリスト教側が、海賊とそのバックにあるオスマン帝国に打撃をあたえれば、それに比例して罪なき民衆への拉致や略奪は減り、負ければ逆に、これらの被害が増大し、地中海はますます無法地帯となった。
 キリスト教側の政治的利害や打算もまた、海賊をのさばらせる原因となった。当時成長しつつあった君主同士の、あるいは君主と教会との対立は、オスマンや海賊との妥協、同盟を生み、海賊の首領ハイルディーン(通称「赤ひげ」)を国賓として招待するフランス王フランソワ1世のような恥知らずな人物も現れる。「海の狼」と呼ばれた海賊退治の名将アンドレア・ドーリアも、常に相手を圧倒しつつ、彼らを撲滅する決定打をあたえなかった。もしかしたらそれは彼らがいなくなっては職を失うという彼自身の計算にもとづいての行動かもしれないとは、作者の皮肉まじりの分析である。
 逆に純粋に宗教的な熱情だけで結集し、オスマンの大艦隊の襲撃をわずかな兵力ではね返したラ・ヴァレッテ率いるマルタ騎士団の勇姿は、感動的である。戦いを伝える本書の記述にも迫力があり、海賊の親玉ドラグーが騎士団の打った弾に当たり絶命する場面など、痛快でさえある。この1565年のマルタ島攻防戦は、後のイスラムに対するヨーロッパ世界の反撃の口火を切る重大な戦いとなり、数年後のレパントの海戦では、ヨーロッパ連合軍はオスマン帝国を負かし、地中海の制海権は完全にキリスト教徒のものとなった。
 しかしながら、キリスト教徒の英雄となったマルタ騎士団も、普段は一般のイスラム船から略奪をし、イスラム教徒と融和したヴェネツィア船にも攻撃をしかけるなど、敵と変わらぬ海賊行為を行っていた。地中海の制海権をめぐる争いは、正義や公正の観念よりむしろ不寛容な復讐の原理にもとづいたものだったのかもしれない。その後も海賊行為は続き、完全にそれが地中海から消えるのは、19世紀も半ばになってからであった。
 このような問題を考えるうえで、ローマ亡き後の地中海の何百年にもおよぶ悲惨を記した本書の最後に添えられた「附録1」という文章は、暗示的である。それはローマ帝国、ヴェネツィア共和国、スペイン王国それぞれが行った海賊対策とそれによって有効となった平和の期間について伝えている。ローマは、海賊を退治しただけでなく、彼らを海賊業から足を洗わせ、内陸部に移住させ農耕の民に変えた。それによる平和は600年続いた。ヴェネツィアも、海賊を撃退すると同時に、彼らを船の漕ぎ手や修理工として雇うことにより、自国の共同体に組み入れて行った。それによる平和はアドリア海という自国の貿易に関わる地域に限られるものの、800年続いた。スペインは、北アフリカの海賊の本拠地を占領し、そこに砦を築いた。しかし、付近の海賊被害はまったく減らなかった。したがって、海賊対策の有効期間はほとんどなし。
 たがいの利害を調整しながら敵との共存・共生を実現したローマ人やヴェネツィア人の現実主義は、恒久的平和がいかに実現されるべきかについて、大きな教訓をあたえてくれるものかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

スペイン王カルロスの、人の命をゲーム感覚でしか捉えられない無神経さには本当に苛々します。これが政治というなら、今の自民党政治と何にも変わりません。パワーゲーム?子供の遊びとおんなじじゃない・・・

2009/07/03 20:25

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んでいて苛々してしまうのは、「第五章 パワーゲームの世紀」におけるアンドレア・ドーリアの動きであり、ドーリアをしてあえて敗戦の道を選ぶことをさせたスペイン王カルロスの、人の命をゲーム感覚でしか捉えられない無神経さなのですが、実はこれこそが政治でありパワーゲームであることを知ると、やはり政治家と軍人だけはなるものじゃあない、と思います。

それでも、インカ帝国を滅ぼしたコルテスを例にひきながら、最後まで英国のような世界戦略を持ちえなかったこのスペイン人の動きを自己中心的な民族性ゆえと断じれば、ああ、そうかと得心が行きます。それに比べてヴェネツィアの視野の広さ。でも、その視野をもっていても大国の思惑に左右されてしまう国そのものの規模の差、そういうこともよくわかります。

この時代のスペインは、ヨーロッパ一の強国であっただけでなく、新大陸までも支配下に収め、軍事面に留まらず経済面でも超がつく大国であったのだ。
「パクス・ロマーナ」とは「ローマによる世界秩序の確立」だが、この時代、「スペインによる世界秩序の確立」が成り立ったとしても不思議ではなかった。スペインは、大植民地帝国にはなった。だが、「パクス・ブリタニカ」になる以前に、「パクス・ヒスパニカ」の時代は訪れなかったのだ。その要因の第一は、近視眼的、とするしかないスペイン人の政治感覚、にあったのではないかと思う。つまり、自分たち以外の他の民族を活用する才能に欠けていた、ということである。インカ帝国を滅ぼしたのもスペイン人だった。

と、まさに一刀両断。

そして、ちょっと楽しいのが数多く掲載されている当時の君主たちの肖像画で、65頁(215頁とも)のアンドレ・ドーリアのそれがピカイチだと思う私は図版出典一覧をチェックして、それがドーリア・パンフィーリ美術館(ローマ/イタリア)セバスティアーノ・デル・ピオンボ画 Bridgeman Art Library,London、とあって、このにある「ドーリア・パンフィーリ」はアンドレ・ドーリアと関係があるのだろうかと思ってしまいます。

それと59頁(97頁とも)のジュリオ・デ・メディチとレオーネ十世の画のただならぬ雰囲気、それも図版出典一覧でチェック。げげ、けの鬼太郎、ウフィッツィ美術館(フィレンツェ/イタリア)ラファエッロ画 AKG-images、だそうです。ラファエロか、でも私にはセバスティアーノの筆の現代性に軍配をあげましょう。

現代的、ということでいえば183頁の法王パオロ三世がいい、と思ったらやはりティツィアーノですか。国立カポディモンテ美術館 Alinari Archives,Firenze 、これなら当時の肖像画の多くが彼の手になる、というのも肯けます。133頁のジュリア・ゴンガーザの肖像は、画の出来というよりは彼女の美女ぶりを伝えるので注目。ウフィッツィ美術館、セバスティアーノ・デル・ピオンボ画 Scala Archives,Firenze。


それとこの本では、巻末に附録二 関連する既刊書として、塩野自身の著作の一部が、簡単なコメントととともに掲載されていますが、この本を読む限りは塩野には旧作にはほとんど手直しするところがない、と思っている気配があって、小説であればともかく歴史にかんする本で20年以上も前の作品なのに、その姿勢って偉いなあ、って思います。

基本的には『海の都の物語』、『コンスタンティノープルの陥落』『ロードス島攻防記』『レパントの海戦』三部作とともに読まれるべきなんだろうなあ、って思います。ヴェネツィアの視点から見た地中海世界と、地中海世界の真中からイスラム世界、スペイン、フランス、イギリス、ローマ、ジェノヴァなどを見れば、確かにその時代の相がいっそうはっきりと見えて来ます。

詰まらないことで気になったのが、第六章 反撃の時代の291頁の図版。右の人物は「ヴァレッタ」と表記されていますが、本文ではジャン・ド・ラ・ヴァレッテ・パリゾンで、ヴァレッテと書かれることはあっても、ヴァレッタとは一度としてかかれません。ギョエーテは俺のことかとゲーテいい、です。

以下はデータ篇。

第四章 並び立つ大国の時代
  コンスタンティノープルの陥落/読者へのお願い
  スルタン・マホメッド二世/エーゲ海へ/海賊・新時代
  法王庁海軍/イオニア海へ/西地中海へ
  海賊クルトゴル/法王メディチ/「神聖同盟」
  パオロ・ヴェットーリ/ジェノヴァの海の男たち

第五章 パワーゲームの世紀
  若き権力者たち/法王クレメンテ/「ユダヤ人シナム」
  海賊「赤ひげ」/アンドレア・ドーリア
  赤ひげ、トルコ海軍総司令官に/チュニス攻略
  フランソワとカルロス/フランス・トルコ同盟
  対トルコ・連合艦隊/プレヴェザの海戦/海賊ドラグー
  アルジェ遠征/ヴェネツィアの「インテリジェンス」
  国賓になった赤ひげ/海賊の息子/ドラグー、復帰
  マルタ騎士団/「ジェルバの虐殺」/海賊産業
  海賊ウルグ・アリ/聖ステファノ騎士団

第六章 反撃の時代
  マルタ島攻防記/「マルタの鷹」/攻防始まる
  ドラグー、到着/眼には眼を/防衛成功
  トルコとヴェネツィア/キプロスの葡萄酒
  レパントへの道/キプロス攻防/連合艦隊結成
  「レパントの海戦」/「レパント」以後

第七章 地中海から大西洋へ
  ハレムのヴェネツィア女/騎士と海賊
  地中海世界の夕暮
附録一 民族によって異なる海賊対策
附録二 関連する既刊書

  年表
  参考文献  図版出典一覧


カバー ローマ時代の遺跡の向こうに広がる夏の地中海(北アフリカ・リビアのレプティス・マーニャから)撮影 青木登(新潮社写真部)

装幀 新潮社装幀室

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/02/18 11:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/01 19:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/24 18:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/04 00:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/24 01:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/28 15:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/19 00:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/30 11:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/11 18:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/23 13:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/17 15:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/06 22:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/16 09:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

このページの先頭へ

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。