サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

OP 最大50%OFFクーポン (クーポン祭り)(~5/21)

OP 最大50%OFFクーポン (クーポン祭り)(~5/21)

ナイルパーチの女子会(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 51件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2018/02/09
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-791012-9
一般書

電子書籍

ナイルパーチの女子会

著者 柚木麻子

「心がえぐられすぎてつらい」第二十八回山本周五郎賞&第三回高校生直木賞を受賞!友情とは何かを描いた問題作。商社で働く志村栄利子は愛読していた主婦ブロガーの丸尾翔子と出会い...

もっと見る

ナイルパーチの女子会

税込 800 7pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 8.0MB 無制限
Android EPUB 8.0MB 無制限
Win EPUB 8.0MB 無制限
Mac EPUB 8.0MB 無制限

ナイルパーチの女子会 (文春文庫)

税込 810 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
最大50%OFFクーポン
配布中!
「最大50%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「心がえぐられすぎてつらい」
第二十八回山本周五郎賞&第三回高校生直木賞を受賞!
友情とは何かを描いた問題作。

商社で働く志村栄利子は愛読していた主婦ブロガーの丸尾翔子と出会い意気投合。
だが他人との距離感をうまくつかめない彼女をやがて翔子は拒否。
執着する栄利子は悩みを相談した同僚の男と寝たことが婚約者の派遣女子・高杉真織にばれ、とんでもない約束をさせられてしまう。
一方、翔子も実家に問題を抱え――。

「本作『ナイルパーチの女子会』は、柚木麻子さんがデビュー以来追い求めてきた主題の一つの到達点であり、その後の柚木さんが展開する文学への結節点でもある。」(重松清「解説」より)

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー51件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

私はこの終わり方が好き

2019/01/24 22:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

翔子と栄利子、もしくは栄利子と圭子が最後に「やっぱり私たちって友達だよね」と抱き合って完結していたら、物語としては最高にハッピーエンドだし、そう望んでいた読者もいたかもしれないが、私は読みながらずっと「仲直りなんてやめてほしい、最後まで憎しみあってほしい」と思っていたので、ほぼ満足のいく結末だった。翔子や栄利子は同性の友達がいないと嘆いて見せるが、そうそう大勢の同性の本当の意味での(本当の意味っていうのがなんだか曖昧だけど)親友を持っている人なんかいないと思う。栄利子の母が言った「友達は家族じゃない」という言葉が突き刺さってくる。その家族にたよれない翔子の悲劇に自分を重ねてみた。あの死んだ父のことを思い出しながら

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/07/05 09:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/03 15:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/05 05:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/11 23:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/15 19:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/03 21:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/31 17:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/26 17:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/29 14:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/27 15:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/13 22:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/13 07:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/03 18:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/20 18:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

文春文庫 ランキング

文春文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。