サイト内検索

詳細
検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規会員70%OFFクーポン

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 113件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 販売開始日: 2018/06/15
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-125338-1
一般書

ぐるりのこと(新潮文庫)

著者 梨木香歩

旅先で、風切羽の折れたカラスと目が合って、「生き延びる」ということを考える。沼地や湿原に心惹かれ、その周囲の命に思いが広がる。英国のセブンシスターズの断崖で風に吹かれなが...

もっと見る

ぐるりのこと(新潮文庫)

税込 506 4pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 5.9MB
Android EPUB 5.9MB
Win EPUB 5.9MB
Mac EPUB 5.9MB

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

旅先で、風切羽の折れたカラスと目が合って、「生き延びる」ということを考える。沼地や湿原に心惹かれ、その周囲の命に思いが広がる。英国のセブンシスターズの断崖で風に吹かれながら思うこと、トルコの旅の途上、へジャーブをかぶった女性とのひとときの交流。旅先で、日常で、生きていく日々の中で胸に去来する強い感情。「物語を語りたい」――創作へと向う思いを綴るエッセイ。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー113件

みんなの評価3.9

評価内訳

思うだけでは言葉にならない。考えることで初めて言葉になる。

2011/08/21 11:43

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mieko - この投稿者のレビュー一覧を見る

 先日、梨木香歩さんの『僕は、そして僕たちはどう生きるか』を読んだのですが、読んでいる途中で『沼地のある森を抜けて』という著書があるのを知ったので、続けて読みました。そして『沼地~』を読んでいる途中で、この『ぐるりのこと』というエッセイ集を知り、読んでみたわけです。
 このエッセイ集は2002年から2004年にかけて雑誌「考える人」に連載していたものを1冊にまとめたものらしいです。このエッセイを読んでいて、これはこれは……、私は図らずも梨木さんの作品を逆向きにたどっているなと不思議なめぐり合わせを感じました。

 国内外を旅してまわり、出会った人、出会った場所、出会ったもの事などについて「考える」。テレビ画面から流れる様々な出来事について「考える」。犬の散歩中に「考える」。それを文章にしたもの。
 梨木さんは、自分の身近なまわりのことから考えたいという。生きていて出会う、様々なことを、一つ一つ丁寧に味わいたい。味わいながら、考えの蔓を伸ばしてゆきたい。もっと深く、ひたひたと考えたい、と。

 私の中にも同じような欲求がいつもあります。けれど毎日の生活の中で、思考はプチプチと強制的に切断され、そして一度切断された思考はなかなか繋がらず、またあとでゆっくり考えよう、と後回しになり、そうこうしているうちにまた次の事象が現れて考え始める。そうやってなかなか考えがまとまらず、「考える」というより「思う」というところで止まっているように感じます。
 頭の中で思ったり、心で感じたりすることは、はっきりと形をとっていなくてぼんやりしているので、きちんと言葉にして自分が何を考えているのかを自分で解りたいと思うのですが、それもままならず。このエッセイを読みながら、一つのことを深く、ひたひたと考えなければ、文章にはならないのだと感じました。

 それにしても梨木さんの「ぐるり」とは、なんと広範囲なことか。地方のデパートで偶然に見かけた親子のことから、イギリスを旅した時のこと、トルコを訪ねた時のこと、さらには長崎の幼児殺害事件、9.11について、映画「ラストサムライ」のこと、そしてまた犬の散歩に出かけたときのことなど、ぐるりぐるりと地球を回っていくようです。
 そして考え続ける中で自分の本当にやりたい仕事は人々に物語を届けることなのだと確信します。
 これからもずっと、梨木香歩という作家は「そこに人が存在する、その大地の由来を」物語っていくのでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

背筋がすっと伸びたエッセイのたたずまいに惹かれます

2009/02/10 18:14

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東の風 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日本と西洋、集団と個人、傍観者と当事者などの狭間にある「境界」というものに、思いをめぐらしたエッセイ集。そうした境界線を見つめる著者の眼差しは、静かだけれど凛とした思いがこもっていて、清々しい心持ちになりました。
 読んで気持ちのいいエッセイ。はっ とさせられたり、すとんと胸に落ちてくる文章が、あちこちにありました。

 「向こう側とこちら側、そしてどちらでもない場所」「境界を行き来する」「隠れたい場所」「風の巡る場所」「大地へ」「目的に向かう」「群れの境界から」「物語を」の、全部で八つのエッセイを収めた一冊。
 著者の魅力的な物語、『村田エフェンディ滞土録』や『西の魔女が死んだ』『からくりからくさ』などと確かにつながっている思いの糸のようなもの。素敵でしたね。

 文庫解説は、ノンフィクションライターの最相葉月。著者・梨木香歩のほかの作品とからめて、その魅力的な作風と味わいをたどって行く文章。読みごたえ、あります。

 カバー装画もいいですねぇ。二本の木の間に、うっすらと開いた目みたいな池で泳ぐ水鳥が一羽。静かなたたずまいのこの絵は、南桂子の「公園」。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

さまざまなところに存在する境界について

2024/05/18 21:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りら - この投稿者のレビュー一覧を見る

場所やひと、気持ちなどさまざまなところに存在する境界についてあちこちに思索を巡らせるエッセイ。
言葉選び、描写、題材等深く考え、丁寧に紡ぎ出された文章で、ひとことずつをじっくりかみしめ、味わって、考えながら読みたい本。
中学生くらいからなら、自分の中で思考を広げて味わう豊かさを知る導入として読んでほしいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

心地よいエッセイでした

2021/07/19 14:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

何気ない日常に潜む、小さな違和感にドキリとさせられます。パターンに嵌まらない思考と、行動範囲を広げていく姿勢は見習いたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

「境界」のあちらとこちらで考える

2021/03/23 10:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぱぴぷ - この投稿者のレビュー一覧を見る

梨木氏の本は、一冊だけ読んでも楽しめるが、梨木氏の他の本も読んだ本が、よりいっそう楽しめるだろう。このエッセイ集もそうだ。

エッセイの中身は、「境界」にまつわるもの。自分の立場をあちら側とか、こちら側に固定しない視点。あちらでもあり、こちらでもあり、あちらでもなく、こちらでもない視点。どちらかの側に偏れたらある意味、楽だろうが、どちらでもあり、どちらでもない立ち位置は、少数派だし、弱そうにみえるし、ときにしんどく、しかし豊かさを生み出す可能性のある立ち位置だと思う。「ネトウヨ」とか「サヨク」といった単純化した言葉で、分かった気になってしまうことの多い昨今において、貴重な在り方だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/07/10 20:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/04 02:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/10 14:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/24 11:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/11 19:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/19 20:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/30 18:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/02 23:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/03 13:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/15 23:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

このページの先頭へ

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。