サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~8/31

新規会員50%OFFクーポン ~8/31

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 社会思想・政治思想
  5. 新潮社
  6. 民主主義の死に方―二極化する政治が招く独裁への道―

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2018/10/12
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-507061-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

民主主義の死に方―二極化する政治が招く独裁への道―

著者 スティーブン・レビツキー,スティーブン・レビツキー,濱野大道/訳

世界中を混乱させるアメリカのトランプ大統領を誕生させ、各国でポピュリスト政党を台頭させるものとは一体何なのか。欧州と南米の民主主義の崩壊を20年以上研究する米ハーバード大...

もっと見る

民主主義の死に方―二極化する政治が招く独裁への道―

税込 2,750 25pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 9.2MB
Android EPUB 9.2MB
Win EPUB 9.2MB
Mac EPUB 9.2MB

民主主義の死に方 二極化する政治が招く独裁への道

税込 2,750 25pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

世界中を混乱させるアメリカのトランプ大統領を誕生させ、各国でポピュリスト政党を台頭させるものとは一体何なのか。欧州と南米の民主主義の崩壊を20年以上研究する米ハーバード大の権威が、世界で静かに進む「合法的な独裁化」の実態を暴き、我々が直面する危機を抉り出す。全米ベストセラー待望の邦訳。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

寛容と自制

2019/05/06 10:00

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:怪人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

民主主義の雄、アメリカにおけるトランプ大統領誕生は民主主義の自壊の始まりだ。アメリカは憲法があるから民主主義が守られてきた、ということではなく、2大政党間に寛容と自制心があったからこそ民主主義の崩壊を防いできたという。これまでにも崩壊の危機は幾度もあったのだが、両党間、両党政治家達の寛容と自制心で克服してきた歴史がある。しかし、トランプ大統領の出現はこのガードレールがなくなってしまったことを意味するという。
 トランプ大統領誕生は一夜にして起こったわけではなく、民主主義を殺すそれまでの流れがあったわけで、これが加速した結果である。アメリカ建国以来、アメリカの民主主義制度、大統領制について丹念に分析されているので理解がしやすく、納得させられる。
 池上彰氏が解説を行い、日本について触れている。安倍1強体制の下で国会の討論が機能しなくなり、行政は忖度が横行、政党間同士罵り合う現状を憂いている。同感。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

トランプ氏について

2020/07/31 21:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ごり - この投稿者のレビュー一覧を見る

民主主義の強固な国、その代表格アメリカがトランブ大統領の出現により、アメリカ民主主義崩壊の危機が叫ばれている。
 これまでも各国で民主主義崩壊の危機はあった。そのたびに、崩壊を防ぐべくポリシーを捨て様々な行動を採る各政党や議会制度の機能的役割などでその難を逃れてきたのだった。
 これまでのアメリカでは考えられないような想定外の大統領選出、民意を反映した選出により民意を抑圧するような状況になってきている。
他山の石として日本のそれを考えてみよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「柔らかいガードレール」と「門番」

2020/01/06 20:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:6EQUJ5 - この投稿者のレビュー一覧を見る

とてもおもしろく読みました。
世界の歴史や様々な国の例をあげながら、いかにして民主主義が危機に陥るのか、きちんと論説した一冊です。
アメリカにおけるトランプの大統領就任を見ても、あらためて民主主義というシステムの危うさを感じます。確かに、ヒットラーも「民主的な」手続きを経て独裁者となった。必ずしも民主主義がファシズムの防波堤とはならない証左です。考えてみると、恐ろしい。
冒頭にはジャーナリスト池上彰氏による序文あり。
一読をオススメします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

リベラルの苦悩

2019/12/09 12:33

3人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:someone - この投稿者のレビュー一覧を見る

民主党を支持するリベラル勢力の苦悩が見える一冊。

筆者はハーバード大学で政治学を研究してきた学者であり,本書に
おいては民主主義の危機が暴力によってもたらされるだけではなく,
選挙を通した合法的なプロセスを経ながら崩されていくこともしば
しばあるということを,ドイツ・イタリア・中南米諸国を事例に紹
介する。

ただ,本書においては反トランプという政治的な姿勢が前面に出過
ぎており,ペロン(アルゼンチン)・フジモリ(ペルー)・チャベ
ス(ベネズエラ)といった民主的選挙により選出されながら独裁化
した指導者に共通してみられる特徴が,そのままトランプにも当て
はまるという「分析」については,結論ありきのものではないかと
の疑念を拭えない。

また,個人的に特に違和感を覚えたのは「共和党は予備選挙で勝利
したトランプを,大統領候補に指名しないという選択を,指導部が
主導して行うべきであった」という主張である。
共和党という限られた集団内とはいえ,示された民意を党の指導部
が拒絶することに正当性はあるのか?
筆者は政党を「民主主義の門番」と位置づけているが,民意と異な
る決定をする門番(≒党指導部)をいったい誰が監視するのか?
選挙結果の否定は政党や選挙といったシステム自体への失望を招き,
長期的には更に深く民主主義を傷つけるだけではないのか?

この辺りの主張には「大衆は時に正しい判断ができないので,導か
なければいけない」という,知的エリートの傲岸さが垣間見える。
リベラル勢力の退潮はこうしたところに一因があるのではないか。

本書の結論は,民主主義は成文化された憲法や法律に依るものでは
なく,「相互的寛容」と「組織的自制心」という精神にこそ根ざす
という極めて穏当なものである。
それだけに,反トランプという一点において寛容さと自制心をかな
ぐり捨てたトーンが非常に気になった。
トランプに投票した人々を「独裁者の卵を支持する衆愚」(流石に
こういった表現はしていないが)と切り捨ててしまっても,何も解
決しないのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/01/30 08:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/09/18 00:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/14 14:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/14 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/30 11:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/05 12:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/15 23:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/19 11:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/13 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/08 17:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/02/11 18:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。