サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン ~12/2

新規会員50%OFFクーポン ~10/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2020/05/28
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書
  • ISBN:978-4-00-431821-7
一般書

電子書籍

日本思想史

著者 末木文美士

古代から現代にいたるまで,日本人はそれぞれの課題に真剣に取り組み,生き方を模索してきた.その軌跡と厖大な集積が日本の思想史をかたちづくっているのだ.〈王権〉と〈神仏〉を二...

もっと見る

日本思想史

税込 968 8pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 13.4MB
Android EPUB 13.4MB
Win EPUB 13.4MB
Mac EPUB 13.4MB

日本思想史 (岩波新書 新赤版)

税込 968 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

古代から現代にいたるまで,日本人はそれぞれの課題に真剣に取り組み,生き方を模索してきた.その軌跡と厖大な集積が日本の思想史をかたちづくっているのだ.〈王権〉と〈神仏〉を二極とする構造と大きな流れとをつかみ,日本思想史の見取り図を大胆に描き出す.混迷の今を見据え,未来のために紡がれる,唯一無二の通史.

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

思想を基軸に時代を縦断した一書

2020/05/26 13:05

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:岩波文庫愛好家 - この投稿者のレビュー一覧を見る

全体的な雰囲気は、日本史の教科書風な感じで読み易いです。随所で書物の名前が挙がり(古事記・日本書紀は基より、北畠親房『神皇正統記』、慈円『愚管抄』、鴨長明『方丈記』、親鸞『教行信証』、道元『正法眼蔵』、井原西鶴『日本永代蔵』、荻生徂徠『政談』、本居宣長『玉くしげ』、貝原益軒『養生訓』)、これらはほんの一部しか列挙出来ていませんが、紹介された書物の半分近くは読了した事のあるものだったので、懐かしみを感じました。
 本書で一番良かったと感じた点は、高校で使っていた日本史の教科書には入っていなかった庶民思想の様子や時代の流れについてでした。教科書では幾つかの時代でそういう背景についてはポッカリ抜け落ちていたので、勉強の合間に少し疑問に感じていました。おそらく教科書として記述するに足りないという要素が強かったとは思いますが、思想も過去からの時代を経て連綿と続いていく一つの流れとして理解したかったので、本書でその点をクリア出来て良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

コンパクトで斬新

2020/07/04 12:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:玉の意志 - この投稿者のレビュー一覧を見る

若い頃は、日本には西欧の物真似か宗教家崩れしかいないから、日本思想史などの本がないのだろうとおもつていた。しかし、この本で神仏(儒)の思想にも独自の受容のかたちがあり、それ以外にも日本独自の思想家がいることをおしえられた。好書。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すべてが哲学史に吸収されるのではなく思想史が書かれる意味は大きい

2020/04/03 16:07

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

通史の叙述に長けた仏教史の研究で知られる著者が敢えて新書のフォーマットを逆手に取ることを宣言して挑む。王権と神仏、世俗と冥を相対化して、歴史が培い変容する中で消滅の淵にある流れを綴る。日本の思想を古代から現代を群像的に俯瞰しながら、日本固有の思想を抽出、構造化して「顕」と「冥」に固定する作業を行っている。著書の言う思想崩壊状態の今を問い直す書。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/03/15 22:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/02/10 19:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。