サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

エントリーで100名様に1000ポイントプレゼントキャンペーン ~6/30

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 文庫
  4. 一般
  5. 筑摩書房
  6. ちくま文庫
  7. 本屋、はじめました 増補版 ──新刊書店Titleの冒険

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 52件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日: 2020/05/29
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま文庫
  • ISBN:978-4-480-43648-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

本屋、はじめました 増補版 ──新刊書店Titleの冒険

著者 辻山良雄

独自性のある新刊書店として注目され続けるTitle。物件探し、店舗デザイン、カフェのメニュー、イベント、ウェブ、そして「棚づくり」の実際。事業計画書から、開店後の結果まで...

もっと見る

本屋、はじめました 増補版 ──新刊書店Titleの冒険

税込 770 7pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 13.1MB
Android EPUB 13.1MB
Win EPUB 13.1MB
Mac EPUB 13.1MB

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

独自性のある新刊書店として注目され続けるTitle。物件探し、店舗デザイン、カフェのメニュー、イベント、ウェブ、そして「棚づくり」の実際。事業計画書から、開店後の結果まですべて掲載。個人経営の書店が存続していくための工夫とは。リブロ池袋本店マネージャー時代から、現在まで。文庫化にあたり、開業から現在までを書き下ろした新章「その後のTitle」を増補。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー52件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (9件)
  • 星 4 (30件)
  • 星 3 (8件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

興味深い

2023/07/09 13:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なつめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

新刊書店を開店するまでの過程が、興味深く読むとかができました。小規模店でも工夫次第で、やっていけると驚きました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小さな本屋さんの道のり

2021/05/26 12:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこすき旅人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本を読んで、本屋さんへの想いが伝わってきました。それでいて新しく事業を立ち上げ、お店を営むのに必要な事業計画の立案やお店を始めてからの取り組みを紹介してくれているなど、本屋さんでなくとも、他の分野で小さなお店を始めてみようと思う人には、読んでほしいと思います。別にお店を立ち上げなくても職場で仕事をしている人も、小さな本屋さんがお客様にとって素敵な場になっていく過程をみることで何か得るものがあると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本への暖かいまなざし

2020/04/20 18:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:aki - この投稿者のレビュー一覧を見る

新刊書店Titleの店長辻山良雄さんの子供のころから書店を開業するまでのものがたり。本への暖かいまなざしに満ちあふれている。時間を見つけて荻窪まで行ってみようと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

またTitleに行きたくなった

2020/01/18 02:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

荻窪の個人書店Title店主のリブロ書店員時代から開店初期までを綴った一冊。エッセイにして、業務記録にして、本屋論ともいえる文章から自由に本を売りたい辻山さんのマインドが伝わってくる。なぜ個人なのか、新刊書店なのか、一つ一つ選択に想いが込められている。

この本を読んで思い出したことが二つある。都内の個人書店をいくつも回っていると、利用者ー本屋間のコミュニティ(何とも言えない良い関係性)のあるお店は本の魅力を間違いなく底上げすると感じる。Readin' Writin''さんしかり、B&Bさんしかり、その本屋があるからあの街に行こうと思える力がある。

もう一つは、Titleで出会える本の多様さについて。数々のリトルプレスも串田孫一さんの「緑の色鉛筆」も出会えたのはTitleの棚だったし、年末年始に2階で開いている小さな古本市でたまたま見つけたリャマサーレスの「黄色い雨」は今でも大切に読んでいる。Titleは読む本の幅を広げてくれる貴重な存在。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/03/22 19:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/29 12:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/01/22 19:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/01/23 19:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/01/31 18:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/02/08 06:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/03/19 17:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/11/11 14:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/02/25 02:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/12 16:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/07 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。