サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~8/29

夏の全額hontoポイントバックキャンペーン(~9/26)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

制服の愛人

著者 鹿住 槇

君を拉致して、ここに監禁してる。毎日…毎晩、君を……愛してる。“親父はどんなふうに君を抱いたんだ? 週に何度?”遺産相続の際に、死んだ父に愛人がいたことが発覚する。女性は...

もっと見る

制服の愛人

税込 990 9pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 4.2MB
Android EPUB 4.2MB
Win EPUB 4.2MB
Mac EPUB 4.2MB

制服の愛人 (ハーレクイン・ラブシック)

税込 927 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

君を拉致して、ここに監禁してる。毎日…毎晩、君を……愛してる。

“親父はどんなふうに君を抱いたんだ? 週に何度?”遺産相続の際に、死んだ父に愛人がいたことが発覚する。女性は三年前に他界し、父の別宅には高校生の息子、優斗がいるだけだった。 俊之は一目で強く惹かれるが、腹違いの弟への歪んだ想いを認めまいとした。しかし、実は愛人の連れ子と知り、ある疑いを抱き始める。
「なんで親父は、赤の他人と三年も暮らしてたんだ」 優斗の無意識に誘うような眼差し、仄かに香る媚態。まだ子供の身体に夢中になって、父は年甲斐もなく溺れたのではないか、と。妻や息子がいることも忘れて。彼を欲しくなるのは、そのせいだ。男を知っている彼がいけないんだ。こんな妙な気持ちにさせるのは……。「君は親父の愛人だったのか」疑惑が確信に変わったとき、俊之は禁忌の扉を開ける。

これは嫉妬だ。あんなに嫌いだった親父と、俺は同じことをしてる――
――際限ない愛に溺れる硝子の檻のふたり。“ボーイズラブ”の代名詞、鹿住槇が挑戦した、危ういアダルトラブをぜひご堪能ください。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

思い込みの末に・・・

2021/05/30 06:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やじやじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタバレあり

作者さんの同じレーベルの「ひかげの薔薇」で
作者さんの愛人ものにきゅんときたので読むことに。
・・・こちら正確には愛人ものではなかった気も。

ちょっと・・・誤解があったとはいえ、
強姦の上の拉致監禁
俊之の思い込みと強引さはいかがなものかと
(いや・・・最後に来てこれはなんと言おうと
母似だって確信した・・・
母の行動も・・・斜め上だった)
とにかく、父も母も息子も・・・ちょっといかがなものかと
思ってしまうような人々
(いや・・・俊之は実際は犯罪者レベルだし)
それなのにこの結果に達したのは優斗のおかげでしょう。
優斗が・・・許容力ありすぎというか・・・
あとがきで作者さんが書いているように
「ダメな男に引っかかるタイプ」と私も思った。
読んでいて途中で「良いのかそれで!?」って
思わず口走りたくなるほどでしたから。
後、大辻さん・・・もそれで良いのか?な感じで・・・(笑)
常識人にみせかけておいてな感じがむしろたちが悪いというか。
ところどころ・・・変(←失礼な言い方ですけど)
後、やっぱり倉樹父の行動は・・・いただけないなぁって
思いますけどね。

初稿がすでに20年前ですが、
最後まできちんと読ませる力はある作品です。

愛人ものでしたら、「ひかげの薔薇」に軍配かな。
(同作者・同レーベル比でですけど)
いや・・・これ愛人ものではないか・・・と最初に戻るみたいな
レビューになってしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/08/12 15:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/29 13:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。