サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

エントリーで100名様に1000ポイントプレゼントキャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 文庫
  4. 一般
  5. 筑摩書房
  6. ちくま文庫
  7. 増補 日本語が亡びるとき ──英語の世紀の中で

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 35件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日: 2021/02/12
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま文庫
  • ISBN:978-4-480-43266-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

増補 日本語が亡びるとき ──英語の世紀の中で

著者 水村美苗

日本語は、明治以来の「西洋の衝撃」を通して、豊かな近代文学を生み出してきた。いま、その日本語が大きな岐路に立っている。グローバル化の進展とともに、ますます大きな存在となっ...

もっと見る

増補 日本語が亡びるとき ──英語の世紀の中で

税込 825 7pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 4.1MB
Android EPUB 4.1MB
Win EPUB 4.1MB
Mac EPUB 4.1MB

日本語が亡びるとき 英語の世紀の中で 増補 (ちくま文庫)

税込 968 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

日本語は、明治以来の「西洋の衝撃」を通して、豊かな近代文学を生み出してきた。いま、その日本語が大きな岐路に立っている。グローバル化の進展とともに、ますます大きな存在となった“普遍語=英語”の問題を避けて、これからの時代を理解することはできない。われわれ現代人にとって言語とはなにか。日本語はどこへいくのか。第8回小林秀雄賞受賞の意欲作が、大幅増補で待望の文庫化。

目次

  • 一章 アイオワの青い空の下で〈自分たちの言葉〉で書く人々/二章 パリでの話/三章 地球のあちこちで〈外の言葉〉で書いていた人々/四章 日本語という〈国語〉の誕生/五章 日本近代文学の奇跡/六章 インターネット時代の英語と〈国語〉/七章 英語教育と日本語教育/あとがき/文庫版によせて/注

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー35件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

外国語学習者必携の書

2015/08/23 10:25

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジュン - この投稿者のレビュー一覧を見る

外国語を学ぶとき、ともすれば会話力の涵養ばかりに重きが置かれるが、言葉の学習の本質から言えば、その方向性は誤りである。言葉ができる、ということは、読解力がある、ということである。しっかり読めて初めて、「あ、自分は外国語ができるんだ」と感じることができる。そして何よりもまず、自己の母国語、日本語を正しく使いこなせる能力が求められる。外国語を学べば学ぶほど、母国語能力の大切さを実感する。母国語を高いレベルで使いこなせない人に、外国語を流暢に操れる人はいない。
外国語を学習している人すべてに読んでいただきたい書といえる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

名著です

2015/08/22 17:53

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:okumotohira2 - この投稿者のレビュー一覧を見る

単行本発刊時からこの本の存在は知っていたが、増補文庫化されたので読んでみた。
著者の、該博な知識、深い洞察力、日本語に対する深い愛情に驚嘆し、敬意を表する。
英語が他の言語より圧倒的な影響力を持ち、将来その傾向が更に増すと思われる状況で日本語が生き残るにはどうするかを真剣に考えた書である。
そこに著者の“選良主義”をみる人もいるだろうが、客観的に見て著者の主張は極めて効率的、現実的で示唆に富む。
学校での限られた英語学習時間の中で、優先すべきは“読み書き”なかでも“読み”で、決して“会話”ではないという著者の主張は、私もずっと思っていた事で全面的に賛成する。
ちょっといかめしい言葉になるが、著者は“国士”だと思う。
この先、幾十年、百年と読み継がれるべき良書、名著。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

増補による文庫

2021/07/05 08:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:H2A - この投稿者のレビュー一覧を見る

文庫版に寄せて長い後書きが追加されている。英語が他を圧して「普遍語」になる世紀。著者は大変に悲観的な未来を予感している。その徴候はいたる所にあるという。「国語」は「現地語」と化し、叡智を求める者は普遍語で書き読むという言語の二重化。著者は日本近代文学を奇跡として顕揚する一方で、この国ほど自国の文学に価値を置こうとしないものはないと言う。そこに共感できるかどうかはさておいて、著者の指摘の多くは鋭く慄然とさせられることが多く、歴史的な洞察には感心させられる。日本語がGHQによる戦後政策の一環でもう少しでローマ字表記になっていたかもしれないという事実には多くの人が驚くのではないか。イエール大学に学び、ポール・ド・マンや、当時渡米していた柄谷行人に遭っていたという回想もよくあるトリビア程度に見える。文庫にもなったので多くの人に読んでもらいたい名著。この人の小説も読まないと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いつ本題になるの?

2015/10/26 13:48

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆうすげびと - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルにひかれて読み始めたが、いつになったら日本語が滅びる話になるのか、いいかげん疲れてしまって、途中でやめた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

タイトルが……

2023/08/20 01:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エムチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本語が滅びる……というタイトルは衝撃的です。しかし、始めの方は、全然そんなお話ではなくて。タイトルが、ややずれている感じでした。もう少し、この点、書いてほしかったです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/05/25 17:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/12 20:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/09 16:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/09 23:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/10 08:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/17 10:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/30 11:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/14 03:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/15 13:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/15 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。