サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~1/31

新規会員50%OFFクーポン ~1/31

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 歴史・地理・民俗
  4. 歴史
  5. 白水社
  6. 第三帝国を旅した人々:外国人旅行者が見たファシズムの勃興

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2021/05/28
  • 出版社: 白水社
  • ISBN:978-4-560-09785-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

第三帝国を旅した人々:外国人旅行者が見たファシズムの勃興

著者 ジュリア・ボイド(著),園部哲(訳)

歴史的事件を見聞した人々の肉声が蘇る第一次大戦後まもない1918年から第二次大戦終結の45年まで、とりわけナチスの勃興から隆盛時のドイツ社会と歴史的事件や出来事について、...

もっと見る

第三帝国を旅した人々:外国人旅行者が見たファシズムの勃興

税込 4,356 39pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 8.2MB
Android EPUB 8.2MB
Win EPUB 8.2MB
Mac EPUB 8.2MB

第三帝国を旅した人々 外国人旅行者が見たファシズムの勃興

税込 4,840 44pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

歴史的事件を見聞した人々の肉声が蘇る

第一次大戦後まもない1918年から第二次大戦終結の45年まで、とりわけナチスの勃興から隆盛時のドイツ社会と歴史的事件や出来事について、第三帝国を訪れた各国からの旅行者、外交官、政治家、ジャーナリスト、学者、ベルリン・オリンピックに参加した外国人選手らの残した日記、手記、記事、回想録などを集め、その肉声を再現する歴史書。
著者は、戦後の知恵や常識に汚されていない、その時その場で書き記された一次資料を蒐集し、第三帝国に対する直接的で、正直な「呟き」をタイムカプセルのなかに閉じこめた。歴史的、客観的判断とは無縁かつ自然体で記録された、有名無名の180人の率直な反応や意見は、現代社会のSNSに相当するだろう。逆説的な言い方をすれば、むしろ井蛙の見であるからこそ興味深いとも言える。
一般人が旅行者や生活者の立場で、街路・宿舎・自宅で感じ、考えた、手垢のつかぬ生々しい記録を基に、「ファシズムの勃興」を再構築してみせた画期的な作品。統制と迫害、侵略と戦争へ徐々に歩み始める第三帝国と現代社会を重ねてみるのは、考えすぎだろうか。地図・口絵写真・旅行者人名録収録。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

第三帝国旅行者の正直な「ツィート」のタイムカプセル

2021/02/15 20:59

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kapa - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書カバーは、第三帝国のドイツ女子同盟Bund Deutscher Maedelの募金ポスター。金髪碧眼三つ編みのお下げの少女像で、本書の主人公である外国人の旅行者が街角で頻繁に目にし、また、田舎では実物も目にしただろう。ポスターにはユースホステルJugendherberge建設のための募金とあるが、実際には軍事費として使われたらしい。国民は騙されていたわけである。
本書は第一次大戦後まもない1918年から第二次大戦終結の45年まで、とりわけナチスの勃興から隆盛時のドイツ社会と歴史的事件や出来事について、第三帝国を訪れた外国人、なかでも旅行者の手記・日記等をもとに当時の率直な感想をまとめたものである。そこには賞賛があふれているが、今からみれば、このポスターに騙されたドイツ国民のように、彼らもまんまとナチスのプロパガンダに騙されたということになる。
第三帝国にいた著名外国人の手記・日記、また、外国人新聞記者の記事などをもとに、「ナチズムの勃興」を描いた本はあったが、本書は著名人だけでなく無名の人物を含む180人の率直な反応や意見を、時代を追ってまとめたところが特徴である。また、現在の視点から在独外国人に語らせているのに対し、現代のツイッター・インスタグラムなどのSNSで吐露されるようなナイーヴで正直な気持ちと感想を「タイムカプセル」に詰めこんだようなもので、批判的なものよりもむしろ心酔・賞賛・賛美するものを中心に編集されている。
現在の観点からは、1930年代のナチス・ドイツの旅行者が感じたことは間違っていたというのは簡単である。ヒトラーとナチスは悪者・犯罪者であり、それを理解できなかった、感じ取れなかったのはバカか彼ら自身がファシストか反ユダヤ主義者であると。しかし一国の正しい理解は考えるほど簡単でないことを本書は示している。ドイツ人と同じアングロサクソン英米旅行者が第三帝国の複雑さ、そのパラドックスについて戸惑いながらも、最後はドイツへの憧れ・賛美をする理由について、著者は現在にも通じる洞察を各章で示してくれる。「秩序、清潔、簡素、は自国にはない良きドイツ人の特性である」「ドイツ文化の伝統は、いかに政治問題が不愉快だったとしてもそれを理由に放り出すのは勿体なく、唯かけがえのないものであり、同時代評価から目を逸らすために、過去の崇拝にふけった」のである。ナチスを嫌悪する旅行者であっても、心が赴くまま、政治体制を超えたところに自分のイメージに合った本当のドイツを見出そうとしていたようだ。
ただ、何故このような思考行動に走ってしまったのか。第一次世界大戦が終わってすぐの数か月後に、早くも観光事業を復活させようという旅行パンフレットが出されている。ト-マス・クック社の旅行パンフレットにはヨーロッパを席捲しつつあった政治的危機を感じさせるものは何もない。ドイツを幸福で寛大な国で親切な国民は外国人旅行客に最高の体験を提供したがっていると紹介する。為替レートの関係でドイツ旅行は割安にできた。特にイギリスでは、貴族の子弟がグランド・ツァーと称する「修学旅行」をすることが通例で、古くからドイツへの関心もあった。また、同じアングロサクソンとしての親近感、そして反ユダヤ主義の共有という共感を醸成する地盤があったということだ。
驚くことに、日本で見るドイツ観光案内は、当時の旅行者が感じたドイツへのイメージと同じで変わるところはない。「心が赴くまま、政治体制を超えたところに自分のイメージに合った本当のドイツ」を見つける旅行でもいいが、平和な時代であるかからこそ、過去の旅行者の苦い経験も記憶しておく必要がありそうだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/02/20 09:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/09 22:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。