サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規会員70%OFFクーポン

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 83件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日: 2022/06/24
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-111901-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

太陽の季節(新潮文庫)

著者 石原慎太郎

女とは肉体の歓び以外のものではない。友とは取引の相手でしかない……退屈で窮屈な既成の価値や倫理にのびやかに反逆し、若き戦後世代の肉体と性を真正面から描いた「太陽の季節」。...

もっと見る

太陽の季節(新潮文庫)

税込 649 5pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 2.4MB
Android EPUB 2.4MB
Win EPUB 2.4MB
Mac EPUB 2.4MB

太陽の季節 改版 (新潮文庫)

税込 781 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

女とは肉体の歓び以外のものではない。友とは取引の相手でしかない……退屈で窮屈な既成の価値や倫理にのびやかに反逆し、若き戦後世代の肉体と性を真正面から描いた「太陽の季節」。最年少で芥川賞を受賞したデビュー作は戦後社会に新鮮な衝撃を与えた。人生の真相を虚無の底に見つめた「灰色の教室」、死に隣接する限界状況を捉えた「処刑の部屋」他、挑戦し挑発する全5編。(解説・奥野健男)

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー83件

みんなの評価3.0

評価内訳

紙の本

太陽の季節

2001/03/25 11:36

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:55555 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 発表当時はセンセーションを巻き起こしたのだろうが、今読むとその新鮮さは失われている。もう、古典になったということか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

魅力的な文体の表題作

2001/01/29 10:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:白井道也 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 収められた5編のうち、表題作『太陽の季節』について述べる。
 発表された1955年にはセンセーショナルであったはずの内容に、21世紀の読者が新鮮な衝撃を受けるはずなどない。無軌道な若者像しかり、即物的な恋愛感しかり。例えば、「この年頃の彼らにあっては、人間の持つ総ての感情は物質化してしまうのだ。最も大切な恋すらがそうではなかったか」という一文。あるいは、「もしも大人達が、自分等の造った世界を壊されまいと後生大事にするなら、彼等が恐れなくてはならぬのは共産党なんぞでは決してない筈だ」という一文。これらは、ただの正論でしかない。
 では、この小説の意味づけを近代小説史の文脈内でのみすればよいかといえば、それは間違っている。21世紀の読者の目にも輝きをもって飛び込む文章がそこにはあるからだ。例えば、初めて愛のあるセックスを竜哉がするシーン。
 「が、やがて彼は英子に敗れたのだ。(中略)竜哉の求めるものを英子は彼よりも高く高く挿頭しながら引き込み、竜哉は彼女を手元にとらえて貪欲に踏みにじる前に体をかわされ、自らが彼女の網の内に俘虜となって行った。奪い尽くせずして奪われたまま彼は終ったのだ」
 早い話が、女をイかす前に自分がイってしまったという内容を表現しているわけだが、この文章のスピード感は美しい。そして比喩は空疎に響くどころか、竜哉がボクサーであるという設定とみごとに絡み合い、気高い肉体性を獲得している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

令和の今、読めば

2022/09/07 19:05

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エムチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

現代の若者が読んだら、いや、若者でなくても読めば、ちょっとねえ、というか、なんというか。あの時代は、これが新しい感覚だったんですね。すでに、作者は故人なので、今、どう思いますかと尋ねられないですけど。自分的には、セクハラとも取れました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

今も昔も

2002/04/21 00:07

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゴンス - この投稿者のレビュー一覧を見る

 昭和31年、事件が起こった。それは、石原慎太郎というストイシズムを醸し出す、かつ世の中を達観する姿勢を示す青年の出現という事件であった。
 『太陽の季節』は文壇だけでなく社会にも大きな一石を投じ、更に石原はそれを楽しんでいたのだから今の都知事としての暴れぶりには納得できるし、同時に物足りなさも感じる。と言えば都庁の職員に怒られるだろうか。
 ともあれ、この作品には石原慎太郎の原点がある。モラルを打破し、自己肯定を貫く主人公。ボクシングを通して肉体的肯定に快楽を見出す主人公。この両者がシンクロした形で、主人公の生き生きとした息吹を伝えている。石原自身と共に。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/04/19 12:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/26 23:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/16 09:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/25 11:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/29 05:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/03 21:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/27 02:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/19 15:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/17 16:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/07 11:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/19 20:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。