サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規会員70%OFFクーポン

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日: 2023/02/17
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春新書
  • ISBN:978-4-16-661389-2
一般書

電子書籍

徳川家康 弱者の戦略

著者 磯田道史

徳川幕府が250年隠してきた真実を暴く! 信長、信玄、そして秀吉。圧倒的な強者を相手にしてきた家康はつねに「弱者」だった。それがなぜ天下人となったのか? そこには弱者だか...

もっと見る

徳川家康 弱者の戦略

税込 880 8pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 4.5MB
Android EPUB 4.5MB
Win EPUB 4.5MB
Mac EPUB 4.5MB

徳川家康 弱者の戦略 (文春新書)

税込 880 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

徳川幕府が250年隠してきた真実を暴く! 
信長、信玄、そして秀吉。圧倒的な強者を相手にしてきた家康はつねに「弱者」だった。それがなぜ天下人となったのか? そこには弱者だから取り得た戦略、ライバルからの旺盛な「学び」があった。第一人者が家康の実像に迫る。

はじめに――家康はどうしたのか!
第一章 「境目の土地」三河という運命
第二章 信長から学んだ「力の支配」とその限界
第三章 最強の敵・信玄がもたらした「共進化」
第四章 二つの滅亡 長篠の合戦と本能寺の変
第五章 天下人への道

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー23件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (10件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

どうする家康

2023/02/27 08:21

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村 - この投稿者のレビュー一覧を見る

かなりの策略家ですね。
見習う所が、多いのが、印象です。
現代社会にも通じる感じですね~

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

かつての徳川常識は完全否定

2023/04/01 17:36

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

「歴史の本は難しい。細部が多すぎて分かりにくい。時代背景がわかるよう要点を書いてほしい」との妻の助言で執筆した本。結果、史実・伝説・最新研究等を加味したバランスの取れた内容に仕上がっています。三河の地政学上の分析に加え、信長から学んだ「力の支配」、信玄がもたらした「共進化」等、磯田氏ならではの視点が冴えます。一元的に服従させる信長、全てを呑み込む秀吉、棲み分ける家康という三者比較も面白かったです。それにしても、人質時代の冷遇、清洲城訪問、鉄砲三段撃ち等々、かつての徳川常識は完全に否定されています。
全編を通して、酒井忠次の有能ぶりや、信玄に対する高評価が際立つ内容になっています。また「サバイバルのために、信長の高い要求に応え、強敵・武田と対峙する中で、「共進化」を遂げた。いつの間にか、化け物のように強くなった」という事実には人生論にも置き換えることができると思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

現代の日本にも参考になる

2023/04/26 07:39

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:チップ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「歴史」として語られるものの中には「史実」ばかりではない
後世の人が「話を盛った話」が多い
だが、それが間違いかというとそればかりではない
後世の人が「どう盛ったか」も大切な要素だという

今川、信長、秀吉の失敗から学び家康は長期政権を打ち立てたのか

今の日本にも参考になる話が多く、考えさせられた

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

現代にも通用する戦略

2023/08/05 08:39

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:makiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

友人から勧められて読んでみました。三河の弱小城主に過ぎなかった家康が天下人となり250年も続く幕府を打ち立てられた理由を分析している本。家康が今川義元、織田信長、豊臣秀吉の特徴と弱点から学び、強者と棲み分けること、家臣や農民を縛り付けず最低限のラインをクリアしていれば後はとやかく言わないことという方針を取り入れていたという指摘が印象に残りました。いずれも現代でも通用する戦略だと思いますし、私も心がけようと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。