サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~4/30

最大50%OFFクーポン ~4/30

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 文春新書の電子書籍一覧

“文春新書”の電子書籍一覧

“文春新書”に関連する電子書籍を464件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

在宅ひとり死のススメ

  • 上野千鶴子
  • 評価4.3レビュー:3件
  • 税込価格:880
  • 出版社:文藝春秋
  • 販売開始日:2021/01/20
  • 累計111万部ベストセラー『おひとりさまの老後』シリーズ、最新作!

    慣れ親しんだ自宅で、自分らしい幸せな最期を迎える方法を提案。

    ・「孤独死」あらため「在宅ひとり死」へ
    ・慣れ親しんだ自宅で、自分らしい最期を迎えるしあわせ
    ・ウエノが徹底取材!「おひとりさまの最期」最新事情
    ・医師、看護士、介護士、看取り士をコーディネートす...

感染症の日本史

  • 磯田道史
  • 評価4.2レビュー:28件
  • 税込価格:880
  • 出版社:文藝春秋
  • 販売開始日:2020/09/23
  • 新型ウイルスに対するワクチン、治療薬も確立していない今だからこそ、歴史を見つめ直す必要がある。
    「給付金」も「出社制限」も「ソーシャル・ディスタンス」もすでにあった! 今こそ歴史の知恵が必要だ!

    一級の歴史家が、平安の史書、江戸の随筆、百年前の政治家や文豪の日記などから、新たな視点で、感染症と対峙してきた日本人の知恵に光をあてる。

    【目次より】...

歴史探偵 忘れ残りの記

  • 半藤一利
  • 評価4.4レビュー:3件
  • 税込価格:880
  • 出版社:文藝春秋
  • 販売開始日:2021/02/19
  • 歴史のよもやま話から悪ガキ時代を描く自伝的エッセイまで。
    2021年1月に亡くなった、半藤一利さんの最後の著作には「人生の愉しみ方」が詰まっている。

    昭和史最良の語り部、半藤さんの遺した、昭和から現代まで!

    第一章 昭和史おぼえ書き
    第二章 悠々閑々たる文豪たち
    第三章 うるわしの春夏秋冬
    第四章 愛すべき小動物諸...

三国志入門 新着

  • 宮城谷昌光
  • 評価3.8レビュー:2件
  • 税込価格:1,000
  • 出版社:文藝春秋
  • 販売開始日:2021/03/19
  • 中国歴史小説の第一人者が書き下ろし!
    中国を代表する歴史物語『三国志』をこれから読みたい人を、雄大な世界に誘う入門書。

    英雄たちの足跡を物語、戦い、故事成語などにわけて易しく紹介する。

    ・三国時代と三国志の時代の違いとは
    ・外戚と宦官の争いが後漢王朝を衰弱させた
    ・ことばの力によって大国・魏を創った曹操
    ・薄情な劉...

コロナ後の世界

  • ジャレド・ダイアモンド
  • 評価3.9レビュー:48件
  • 税込価格:880
  • 出版社:文藝春秋
  • 販売開始日:2020/07/20
  • 新型コロナウイルスが国境を越えて感染を拡大させる中、現代最高峰の知性6人に緊急インタビューを行い、世界と日本の行く末について問うた。

    このパンデミックは人類の歴史にどんな影響を及ぼすのか?
    これから我々はどんな未来に立ち向かうのか?
    世界史的・文明論的な観点から、冷静かつ大胆に2020年代を予測する。

    [主な内容]
    ・ジャレ...

なんで家族を続けるの? 新着

  • 内田也哉子
  • 評価4.0レビュー:4件
  • 税込価格:850
  • 出版社:文藝春秋
  • 販売開始日:2021/03/19
  • 『週刊文春WOMAN』大反響連載がついに一冊に!
    私たちは“普通じゃない家族”の子だった――。

    樹木希林と内田裕也の娘として生まれ、家族団欒を知らずに育った内田也哉子。自身は19歳で結婚、三児の母として家族を最優先に生きてきた。
    一方、中野信子は巨大なブラックホールを抱えてきた。その原点は両親の不和の記憶だった。

    「樹木希林の結婚生活...

脳寿命を延ばす 認知症にならない18の方法

  • 新井平伊
  • 評価3.4レビュー:7件
  • 税込価格:880
  • 出版社:文藝春秋
  • 販売開始日:2020/12/17
  • 脳の健康のために何かやっていますか?
    肝臓の数値を気にしたり、血圧を毎日測る人がいても、
    脳の健康状態を意識している人は少ないはずです。
    脳は身体の中でも最も大切な臓器であるのに。
    近年、身体の寿命ははどんどんのびているのに、脳の寿命はのびていません。
    このアンバランスをどうにかしたい、ということで本書は書かれました。
    著者の新井氏は順天...

パンデミックの文明論

  • ヤマザキマリ
  • 評価4.0レビュー:15件
  • 税込価格:880
  • 出版社:文藝春秋
  • 販売開始日:2020/08/20
  • 新型コロナについての議論で意気投合した二人が緊急対談。
    古代ローマ帝国から現代日本まで、歴史を縦軸に、洋の東西を横軸に目からウロコの文明論が繰り広げられる。世界各国のコロナ対策を見れば、国民性がハッキリ見える。

    ・「空気」という戒律が、日本でコロナを生きづらくさせた
    ・イタリアで大流行してしまったのは、ハンカチで洟をかむから?
    ・古代ローマ帝国の...

サイコパス

  • 中野信子
  • 評価3.6レビュー:181件
  • 税込価格:815
  • 出版社:文藝春秋
  • 販売開始日:2016/11/18
  • 平気でウソをつき、罪悪感ゼロ……そんな「あの人」の脳には秘密があった!

    外見はクールで魅力的。会話やプレゼンテーションも抜群に面白い。
    しかし、じつはトンでもないウソつきである。不正や捏造が露見しても、
    まったく恥じることなく平然としている。
    ときには、あたかも自分が被害者であるかのようにふるまう。
    残虐な殺人や善良な人を陥れる犯罪を冷...

一切なりゆき 樹木希林のことば

  • 樹木希林
  • 評価3.9レビュー:196件
  • 税込価格:866
  • 出版社:文藝春秋
  • 販売開始日:2018/12/20
  • 芝居の達人、人生の達人──。2018年、惜しくも世を去った名女優・樹木希林が、生と死、演技、男と女について語ったことばの数々を収録。それはユーモアと洞察に満ちた、樹木流生き方のエッセンスです。

    〇モノを持たない、買わないという生活は、いいですよ
    〇人の人生に、人の命にどれだけ自分が多く添えるか
    〇欲や執着があると、それが弱みになって、人がつけこみやすくなる...

臆病者のための株入門

  • 橘玲 (著)
  • 評価4.0レビュー:174件
  • 税込価格:817
  • 出版社:文藝春秋
  • 販売開始日:2013/05/10
  • 初心者のためのやさしい株入門決定版! 「こんなに親切に説明してあって役に立つ株の本はないと思います」と著者自らが太鼓判を押す。なぜって、商売がらみで書かれたり語られたりする投資の本の中にあって、ニュートラルな立場から、合理的に、人生設計の中で、株や投資を位置づけているから。ふつうの人でも、あらゆる株必勝法のインチキを見破り、カモられずにお金を増やす方法を徹底して追究しています。ちょっとクールで、か...

日本の分断 私たちの民主主義の未来について

  • 三浦瑠麗
  • 評価3.0レビュー:5件
  • 税込価格:880
  • 出版社:文藝春秋
  • 販売開始日:2021/02/19
  • 日本人の価値観をのぞき込む。
    三浦瑠麗が独自の価値観調査で明かす、日本人のホンネ。

    政治はなぜ変わらないのか? 「分断の時代」に日本政治が取り組むべき真の争点とは?

    第1章 日本人の価値観と分断
    第2章 野党の政権交代戦略
    第3章 「分を知る」をとるか「進歩」をとるか
    第4章 人びとの本音と建前
    第5章 ...

平安朝の事件簿 王朝びとの殺人・強盗・汚職

  • 繁田信一
  • 評価4.4レビュー:3件
  • 税込価格:950
  • 出版社:文藝春秋
  • 販売開始日:2020/10/20
  • 平安時代を生き抜け
    平安朝で巻き起こる凶悪な犯罪の数々。治安を司る検非違使の長官が残した文書に記された生々しい現場の声。真の平安時代が蘇る。

知的再武装 60のヒント

  • 池上彰
  • 評価4.0レビュー:31件
  • 税込価格:880
  • 出版社:文藝春秋
  • 販売開始日:2020/03/19
  • 人生で最も役に立つのは、達人が明かす極意です。本書は60の極意から成っています。

    人は人生において、二つの大きな転換期を迎えます。一つ目は45歳の人生の折り返し地点です。そこで重要なのは「知的再武装」をすることです。「知的再武装」はよりよく生き、よりよく死んでいくための、人生の必須課題です。では、「知的再武装」で、何をどう学ぶべきか。その点について、二人の勉強の達人が、秘中の...

大世界史 現代を生きぬく最強の教科書

  • 池上 彰
  • 評価4.2レビュー:111件
  • 税込価格:897
  • 出版社:文藝春秋
  • 販売開始日:2015/11/06
  • 『新・戦争論――僕らのインテリジェンスの磨き方』に続く、最強コンビによる第2弾!

    いま世界は激動の時代を迎え、これまでの秩序が揺れ動いています。こうした混迷の時代こそ歴史を学ばなければいけません。現在の世界の動きをとらえ、各地で起きている事態を読み解くためには、その背景を知ることが必要なのです。高校時代、世界史が苦手だったという著者の一人、池上彰さんは、「歴史」を知るとは、生...

東條英機 「独裁者」を演じた男

  • 一ノ瀬俊也
  • 評価3.7レビュー:9件
  • 税込価格:1,300
  • 出版社:文藝春秋
  • 販売開始日:2020/07/20
  • 定説を覆す本格評伝!

    敗戦の責任を一身に背負わされた東條英機。しかし、その実像は、意外に知られていない。
    日本の航空事情を知り尽くし、メディアを使った国民動員を実践した宰相は、なぜ敗れ去ったのか。「総力戦指導者」としての東條を再検証する。
    軍人になり、そして政治家に。東條英機はいかに「独裁者」を演じたのか――。

女と男 なぜわかりあえないのか

  • 橘玲
  • 評価3.9レビュー:28件
  • 税込価格:880
  • 出版社:文藝春秋
  • 販売開始日:2020/06/19
  • ベストセラー『言ってはいけいない』の著者が、男女のタブーに斬りこむ!
    「週刊文春」の人気連載「臆病者のための楽しい人生100年計画」を新書化。

    「女と男」は人類の最大の関心事ともいえる。この永遠のテーマが最新のサイエンスによって解明されつつある。野心的なタブーの挑戦のなかから、意外かつ誰でも楽しんで読める最前線の研究を紹介。果たして女と男の戦略のちがいとは……。

歴史を活かす力 人生に役立つ80のQ&A

  • 出口治明
  • 評価4.4レビュー:8件
  • 税込価格:880
  • 出版社:文藝春秋
  • 販売開始日:2020/12/17
  • 歴史は楽しくて役に立つ!
    上司との関係に悩んだとき、仕事で判断に迷ったとき、人生で大失敗したとき――
    無類の歴史好きである著者は歴史を人生の要所で判断基準にしてきた。

    ビジネスにもプライベートにも使える歴史知識を、80のQ&Aで紹介。
    世界情勢の理解からビジネス上の決断まで、出口流歴史の使い方。

カラー新版 地名の世界地図

  • 21世紀研究会編
  • 評価4.4レビュー:7件
  • 税込価格:1,400
  • 出版社:文藝春秋
  • 販売開始日:2020/09/23
  • 実は、ナイルもインダスもドナウも、実は「川」という意味だった。地名の謎がこの1冊でわかる!

    世界各国の国名・首都名の由来がわかる「大索引」つき


    地名にはその土地の歴史が込められている。地形、戦争、民族の移動、大航海などで生み出されてきた地名の数々には、人類の歴史が刻まれている。
    超ロングセラーとなった2000年刊の旧版を全面的に増補...

リープフロッグ 逆転勝ちの経済学

  • 野口悠紀雄
  • 評価4.0レビュー:6件
  • 税込価格:950
  • 出版社:文藝春秋
  • 販売開始日:2020/12/17
  • 経済大国だった日本は、なぜ中国に追い抜かれてしまったのか?

    その秘密は「リープフロッグ」にある。遅れてきた者が、先行者をカエルが跳ぶように追い越すこと。それが「リープフロッグ」だ。

    中国でアリババをはじめとするテック企業が発展したのは、銀行や固定電話といった既存ネットワークが未発達だったため、eコマースとスマホを利用した新しいビジネスモデルが成長する余地...

臆病者のための億万長者入門

  • 橘玲 (著)
  • 評価4.1レビュー:90件
  • 税込価格:815
  • 出版社:文藝春秋
  • 販売開始日:2014/06/20
  • 株を始めるならこの1冊、という信用を得てロングセラーとなった『臆病者のための株入門』から8年。『臆病者のための裁判入門』に続き、シリーズ第3弾が出ました!
    今回は株だけではありません。宝くじ、年金、生命保険、株、投資信託、為替、不動産……。「年金崩壊」「国家破産」等々不安が尽きない時代にどうすれば「虎の子」を守れ、増やせるのか? あなたの疑問にすべて答えます。「億万長者になるのは簡単だ」...

小林秀雄の政治学 新着

  • 中野剛志
  • 評価5.0
  • 税込価格:1,000
  • 出版社:文藝春秋
  • 販売開始日:2021/03/19
  • 「文芸批評の巨人」像が一新される!
    「政治嫌いの文学者」というイメージが強い小林秀雄。だが著作を丹念に読むと、政治、戦争への深い関心と洞察が。
    新しい小林像。

世界史の新常識

  • 文藝春秋・編
  • 評価3.2レビュー:7件
  • 税込価格:968
  • 出版社:文藝春秋
  • 販売開始日:2019/03/20
  • ローマ帝国を滅ぼしたのは難民と格差だった、イスラームはなぜ台頭できたのか、明朝を揺るがした日本の火縄銃、イギリス料理がまずい理由とは──知っているようで知らない世界史のエッセンスを凝縮した一冊。激動の時代を生き抜くには、歴史を学び直す必要がある。世界史の教養をこの新書一冊で身につけることができる! 

    日本を代表する23人の論者による世界史入門。テーマ別ブックガイドも収録。

寝ながら学べる構造主義

  • 内田樹 (著)
  • 評価4.1レビュー:291件
  • 税込価格:605
  • 出版社:文藝春秋
  • 販売開始日:2011/03/01
  • 構造主義という思想がどれほど難解とはいえ、それを構築した思想家たちだって「人間はどういうふうにものを考え、感じ、行動するのか」という問いに答えようとしていることに変わりはありません。ただ、その問いへの踏み込み方が、常人より強く、深い、というだけのことです。ですから、じっくり耳を傾ければ、「ああ、なるほどなるほど、そういうことって、たしかにあるよね」と得心がゆくはずなのです。(「まえがき」より)

世界一ポップな国際ニュースの授業

  • 藤原帰一
  • 評価5.0レビュー:3件
  • 税込価格:880
  • 出版社:文藝春秋
  • 販売開始日:2021/01/20
  • 映画を見るように、国際ニュースがわかりやすく読みとける。

    ・トランプなき世界を、バイデン新大統領はどう導くのか?
    ・中国の野望はどこまで肥大するのか?
    ・現実味を帯びてきた第3次世界大戦の勃発地は?

    【まえがきより】
     石田「藤原さんとは、あるテレビ局の番組審議会でご一緒していて、みんなでお弁当をたべているとき、今回のきっか...

日本企業の復活力 コロナショックを超えて

  • 伊丹敬之
  • 評価4.5レビュー:2件
  • 税込価格:1,000
  • 出版社:文藝春秋
  • 販売開始日:2021/01/20
  • 危機で浮き彫りになった日本の底力
    日本はポストコロナ時代において国際的にさらに強くなっていく可能性がある。
    その理由と将来的な課題を産業の様々な面から論証する。

    もくじ

    プロローグ コロナショックは日本企業の分水嶺
    第1章 「不思議の国」日本の底力
    第2章 テレワークがあぶり出した日本の組織
    第3章 デジ...

独裁の中国現代史 毛沢東から習近平まで

  • 楊海英
  • 評価4.3レビュー:6件
  • 税込価格:897
  • 出版社:文藝春秋
  • 販売開始日:2019/02/20
  • 繰り返される粛清、密告、民族弾圧。世界最大の独裁国家はいかに築かれたか? 
    2019年は中華人民共和国の建国70周年。日中戦争、朝鮮戦争、文化大革命、改革開放、天安門事件、そして習近平体制まで、世界第二位の経済大国となりながら、いまだ一党独裁体制、少数民族弾圧、都市と農村の格差といった矛盾を抱える大国の病巣を、毛沢東以来の歴史に探る。中国システムの抱える致命的な欠点とは?
    <...

佐藤優の集中講義 民族問題

  • 佐藤 優
  • 評価3.8レビュー:9件
  • 税込価格:897
  • 出版社:文藝春秋
  • 販売開始日:2017/10/20
  • 今も世界のあちこちで民族問題の炎が噴出し続けている! テロの国際的拡散、移民・難民の増大、労働者間の国際競争、スコットランド。カタルーニャなど地域による独立論争、トランプ後のアメリカで台頭する白人至上主義、中東からの入国規制――。“民族オンチ”の日本人だからこそ知っておくべき、民族問題の現実と基礎理論をまとめた一冊。民族問題を理解するための推薦図書も提示。

あの戦争になぜ負けたのか

  • 半藤一利
  • 評価3.8レビュー:28件
  • 税込価格:866
  • 出版社:文藝春秋
  • 販売開始日:2017/07/07
  • 21世紀の日本人は「あの戦争」から何を学ぶべきなのか?
    書籍の刊行から10年を経て、いまも読み継がれる名著、待望の電子化!

    対米戦争の目的は何だったのか? 陸軍エリートはどこで間違えたのか? 特攻、玉砕、戦艦大和……開戦から敗戦までの疑問を徹底的に掘り下げ、20世紀日本最大の失敗を最高のメンバーが論じた。その議論は戦略論、組織論、日本人論、エリート論など広範囲にわた...

ぼくらの頭脳の鍛え方 必読の教養書400冊

  • 立花 隆
  • 評価4.0レビュー:151件
  • 税込価格:1,019
  • 出版社:文藝春秋
  • 販売開始日:2017/06/30
  • 「知の巨人」立花隆と「知の怪物」佐藤優が作り上げた空前絶後のブックリスト!

    まず「ブックリスト1」では、21世紀を生きるための教養書を、書斎の本棚からお互いが100冊選んだ。

    「私は年齢は四十歳から五十歳ぐらいで、「教育」の現場に携わる人を思い浮かべて百冊リストを作りました。「教育」というのは学校教育だけでなく企業や役所での教育を含みます」(佐藤)
検索結果 464 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。