サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

最後の晩ごはん みんなのレビュー

  • 著者:椹野 道流
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー63件

みんなの評価4.2

評価内訳

63 件中 1 件~ 15 件を表示

おなかが減る

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:neko - この投稿者のレビュー一覧を見る

同じ県内が舞台で関西弁のリズム、この作者にしては薄い本ということで、あっという間に読んでしまいました。
主人公は、諸事情で東京から肉親の住む地元に戻ってくるのですが、家に置いてもらえず、コンビニ前でボコボコにされているところを助けられて。本編に入っていきます。
ご飯や調理、食事のシーンが多い作者のため、読んでいると、おなかが減ります。
特に、だし巻き卵は母から小学生で教えてもらった時のことが思い出されました。
料理って、作る方も食べる方も嬉しいとか楽しいとか、記憶に残ることの多いものだと思います。この作品で、そんな記憶が甦ってしまいました。
続編も決まっているようなので、今からワクワクしてしまいます。
こんな定食屋さん、食べに行きたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

おいしくて泣ける

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろこしゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

待望の新刊は新章へ突入
今回は通常営業とは毛色の違った話だったけど
やっぱり面白いし引きこまれるし最後は泣ける
キャラたちの成長や進化・変化を追いかけていけるのが嬉しい

オマケについていたペーパーでデザート気分も楽しめました

新章リニューアルということでイラストも変更になったけど
前のイラストレーターさんのほうが良かった
登場人物の設定年齢が高いのにみんな高校生みたい
特に一憲さんとロイド最悪
ちゃんと大人の男性を描ける絵師さんにお願いしたい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

心優しい兄貴たち(と眼鏡)が最高です

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろこしゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょうど外出しようとしていたところに届いたので、出先で読もうと思って持って行った。

しまった!!
楽しみにしすぎていて、この作品は人目のあるところで読んではいけないことを忘れてた。
うっかり泣きそうになり、朝だったのでアクビのふりをして涙をごまかした。

優しい人たち(プラス眼鏡)に見守られて海里は幸せだね。
今回、大きな一歩があって、そのぶん終わりが近づいてきたのかな。
海里が傷を癒して羽ばたく時まで、心優しい兄貴たち(と眼鏡)と一緒に見守りたいと思う。

今回初登場のササクラさんが、私の地元で劇団主催しているベテラン俳優にしか見えなくなって、ちょっと困りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

奇譚シリーズ

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ババ - この投稿者のレビュー一覧を見る

彼女はボーイズも有るけど何かとても良いと思います、各シリーズにはそれぞれの厳しさ優しさ愛情が在り問題定義も各々違うけど根底は自分以外人だったり生き物、死者にすら掛ける思いやり優しさを何時も感じられる作品です。大好きで大事です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

笑った。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きらりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょっと面倒でお騒がせな幽霊さんに振り回される海里。面白かった。
この世にいないはずの存在に、当然のように真摯に向き合う優しい人たち。癒されました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

心温まる。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やちゃまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズ最新作。いつも読み終えるとじんわり温かくほっこり出来るので大好きです。
それにいつも食事が美味しそうだし^^
今作も良かったです。プロローグで海里の義姉の話が書かれていて、本編でこの世に執着の無い幽霊さんが登場してきて、いろいろどういう風に繋がるんだろうって思ってたけれど。最後はじんわりとしてしまいました。
あと、ずっと苦しんできた夏神の思いがようやく救われた気がしたラストで、まずはシリーズ一段落かな。
次の展開を楽しみにしてます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

新章?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:か~ちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

新章とありましたがこれまでの流れとあまりかわらないかな?
今回もストーリー展開は好きです。
今回からのイラストは少しソフトな雰囲気ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

美味しいシリーズ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:窪田桜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んでるだけでお腹がすいてくるシリーズです。今回は洋食山盛り!オムレツライス食べたいー!サブタイトルの師匠と弟子は二組の師匠と弟子です。じーんとしてほろりとして、猛烈に誰かと美味しいごはんが食べたくなっちゃいます。そんなに厚くない本なのに、読み終えた後の満足感ったら!沢山の人にもっと読んで欲しいシリーズです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

シリーズ4作目

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:neko - この投稿者のレビュー一覧を見る

夜中にだけ開く食堂「ばんめし屋」。
ここでは、人も、人であったものも、心に美味しい食事をして、過去と向き合っていきます。
今回は、海里の兄の友人で刑事になった涼彦を絡めたお話です。
高校3年生で仲たがいしたまま現在に至る一憲と涼彦。
そこに、またも海里が見てしまった涼彦に絡むマフラーの存在が現在と過去を結びます。
ぎくしゃくしていた兄弟関係も、この話で少しずつ前進です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

笑って泣ける

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回も、ハズレ無く、笑って泣けた。海里とロイドの会話は何とも軽妙。夏神さんの関西弁は味がある。海里の『師匠』となった「ゆうこお姉さん」の「中途半端のどこがいけないの?」発言は、ごもっとも!!。今回「ご来店」の幽霊さん。お父さんが出征する時にお母さんに「何もあげられるものが無いから」と庭の芙蓉の花を渡し、お母さんはそれを押し花にして眺めながらお父さんの帰りを待つ・・・。いいな、いいなぁ~。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

名シリーズの予感!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しんごろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白い!一気に読み終えました 個人的にはロイドが好き! キャラがいい! ずっとシリーズ化してほしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

またまた一気読みです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美恵子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

海里さんにとって役者ってどうなんだろう?っていう疑問に答える回ですね。このシリーズの中で一番好きな一冊になりました。
でも、相変わらず美味しそうなお料理が並びます。早速作ってみようかと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

今度の幽霊は無名俳優さん

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒトコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

俳優時代の後輩に頼まれ、舞台稽古の相手役をする事になったイガ君。

練習の場に現れた売れない俳優の幽霊の願い、後輩や演出家の演劇に対する真剣さ、
そして会いたくはなかった相手との再会。
ばんめし屋の店員としての生活に馴染む一方で、
未練というのではなく演劇への思いを再考するイガ君。

そんなイガ君を心にかけ、イガ兄に相談する夏神さんの心情がありがたい。
お若いのに親世代でも中々できない見守る姿勢を貫くを兄の言葉には自戒を込めて感心した。

主思いで、時に子どもっぱく、でも紳士なロイド活躍(?)には今回も楽しませてもらった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

泣きそうになる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:honpochi - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み始めて、のっけから電車の中で泣きそうになりました。夏神さんが
、いつかはみんなと離れるから、思い出を作っておきたいって。そんな
事考えてたんだなぁ。って、思うとなんだか切ないですね。そうりゃあ、そうなんだろうけど。この章では夏神さんの以外の弱い部分もいろいろ
出てきて、ほんとに泣きそうなりました。
今後、3人がどんなふうになっていくのか、ますます楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最後の晩ごはん

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アース - この投稿者のレビュー一覧を見る

とうとうここまで読みました。
まだ途中ですが、続きありますよね。
良かった。
どうやら最終回じゃなかったのですね。
タイトルが最後の晩ごはんだからついね。
今回もロイドと海里のコンビは面白いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

63 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。