サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

Another みんなのレビュー

  • 著者:綾辻 行人
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.1

評価内訳

19 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本Another 1上

2015/01/09 20:31

美しすぎず、不思議過ぎない綾辻氏の世界。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:浜辺の雫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

綿密に構成された文章からは、繊細さを感じます。オチが後半ということは、この巻は、終結しない巻だということ。それだけに、ここまで読者を引き込めるのは著者の力だと思います。下巻に手を伸ばさせる力を持つ、珠玉の作品。上巻の方が、素晴らしいと感じさせられます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

よかった!!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あんず86 - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作を読んでからずいぶん経ったので、どうかと思ったが、やはり面白く、ひきこまれて読みました。
幽霊話かと思いきや、やっぱりミステリーでしたね。
本編の1エピソードとしても、これだけでも面白い。
ただ読んだら絶対、どういうことか本編読むでしょうけどね。こんなことってあるのー?って感じはしますが…
また異世界を垣間見せてもらいました。続編の構想があるようで嬉しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本Another 1上

2019/05/11 00:37

忘れられない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひつじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

懐かしい。私はアニメーションでこの作品の存在を知った。アニメ視聴後に原作を購入して、読了。アニメと違う、最初の男女の会話の古臭さが割と好きだ。漫画も読んだ。漫画の方が、すぐに読み終える・キャラクターがかわいい、という大きな利点があるが、やはり綾辻氏の精緻な文章を読んでみてほしい。

そして、この作品は映画化した。原作はミステリーホラーな内容なのに、スプラッタな表現に気を取られていて(しかし洋画に比べると…)、ミステリー要素はまるでなかった。しかし、物語の流れはまあまあ一緒だった。そして、真相も。映画を先に観てしまった者は、真相を知っているが故に、この作品の真の面白さを知ることができないのだ。…なんと嘆かわしいことだ!私は今でも主人公を演じた俳優をテレビで観ると、「Anotherの映画」という単語が頭に浮かんでしまう…最低な印象を植え付けられてしまったのだ。くるしい。

(もちろん、映画と原作は別物だと割り切ったり、内容を忘れていたら本当に面白さを知れるはずだ、多分)

もともと、この作品は実写化不可能だったのだ。文章だからこそ使える叙述トリック。そして伝わる凄惨さ。…文章は、匂いすら伝えてくると思う。

まだこの小説を読んでいない方がいるのなら、ぜひ読んでみて、この素晴らしさを体感してほしい。
できれば電子書籍ではなく、紙の本で。…紙の方がいい。物語の真相を知ったあと、「この時はどうなっていたか」「この場面では何と言っていたか」と、すぐに確認したくなるはずだから。自分でじわりじわりとページをめくり、次に進むことに怯えつつも高揚し、結末へと急いで自分の指でページをめくるのが楽しいのだ。

話が少しずれてしまったが、とにかく小説「Another」は素晴らしい作品だ。ぜひ、読んでいただきたいものである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本Another 1上

2018/10/24 18:46

どうして?では解決できない、”そういう現象”

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

”ミサキ”というキーワードを中心にある学校の3年3組で巻き起こる不可解な「死」は読んでいる間に気づかぬうちに読者を作品にのめり込ませる。読み始めたら止まらない。

先の読めない展開に、次はだれ?もう一人はだれ?という不安感を主人公と一緒に楽しめる、そんな作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

この人すごい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かなん - この投稿者のレビュー一覧を見る

綾辻行人の凄さが分かる本
ラストには驚かされました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

まさか!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たまゆか - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回のanotherエピソードSはanother上下とは異なる人がメインのお話でした!
最後はまさかの真実!!!!
なんだか切なくなる様な内容でした...!
主人公が変わってもanotherの世界観はそのまま!!!!
とてもイイお話でした!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

独特の綾辻ワールド

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hirotoshi - この投稿者のレビュー一覧を見る

ずっと綾辻行人のファンですが、このAnotherのシリーズも見崎鳴の不思議な魅力が読者をひきつけます。青年の幽霊との掛け合いが興味関心をどんどん高めていくので、時間のたつのを忘れてしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本Another 1上

2016/10/29 18:45

初読、綾辻先生。面白すぎる。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:てつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

エピソードSを先に買ってしまい、慌てて購入。辻村深月の冷たい校舎の時は止まるをイメージしていたが、全然違った。
映画にもなった本作だが、まずは、原作を読むべし。絶対面白い。上巻でどっぷりとミスリードされちゃってください!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本アナザー エピソードS

2018/09/30 23:37

ミステリー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

アナザーの外伝ということでしたが、アナザーをあまり知らなくても、死体をさがす過程を楽しめました。ホラーでありミステリーです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本Another 1上

2015/03/25 17:14

綾波レイ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:坦々麺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

物静かで、眼帯をした少女ということで、『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイを想像してしまうのは私だけなのか。ホラー小説はあまり読むことはないが、ドキドキしながら読むことができた。舞台が設定どうり地方都市でなければならないと思う。東京のような大都市の学校では人の移動も頻繁で、『七不思議』も語り継がれることも無いだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本Another 1上

2013/05/02 01:07

いやこれやべえ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たかますゆきや - この投稿者のレビュー一覧を見る

怖いし、先どうなるのか全く見えんし
てかアニメから入ったけど
えぐい!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本Another 1上

2012/06/09 18:48

六番目の小夜子

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まつもち - この投稿者のレビュー一覧を見る

六番目の小夜子を彷彿とさせる作品だけど。こちらの方が好み。アニメもなかなか良い出来だった思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本Another 1上

2012/01/10 11:37

学園ホラー。やはり綾辻さんは、違う(誉めてます)。

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

単行本が発売された時から気になっていた本書。
予想よりもずっと文庫化が早くてうれしい限り。
さっそく読んでみた。


物語は中学生と思しき人物たちの会話から始まる。


夜見山北中学に伝わるお話。
26年前の3年3組にいた、
人気者のミサキという生徒についての…。

そのミサキが不慮の事故で亡くなったのは一学期のこと。
その事実を受け入れられないクラスメイトたちは
「ミサキはいるじゃないか」と、
死んだミサキが実在するかのようにふるまった。
そしてその年の卒業アルバムには、
3年3組のページにはミサキが写っていたという。


この怪談話を知らないまま
夜見山北中学3年3組に転校してきた恒一は、
クラスに漂う違和感に戸惑う。
ここでは何が起こっている?

クラス全員が存在しないもののように扱う
ミサキメイというクラスメイトに魅かれる恒一。
しかし彼女が見えるのは恒一だけなのかもしれない…。

そして3年3組で、
或いは3年3組の生徒の周囲で、
事件は起きる。



読んでいて『六番目の小夜子』(恩田陸)が
思い出された。
学校に伝わるある種の「七不思議」。
それに脅えるひとびと。
クラスに漂う異様な雰囲気。


こういうの、好きだなぁ。


どんどん引き込まれて
ページを繰る手が止まらなかった。

上巻で明かされるのは
ミサキメイについての真実まで。
早く下巻を読まねばっ!!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍Another (下)

2012/10/04 09:06

コミックやアニメのほうが良かった

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:宮村みやこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

原作があってコミック、アニメがある訳だが改良されたストーリーのコミック、アニメの方が怖かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

Another エピソードS

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みすてり - この投稿者のレビュー一覧を見る

夜見山中学三年三組で起こる災厄をかつて経験した青年に会うため夏休みに『湖畔の屋敷』を訪れた見崎鳴。

そこで遭遇したのは3ヶ月前に謎の死を遂げた幽霊だった。
自分の死体を探す幽霊の記憶の断片を集め鳴と幽霊は謎と死体を見つけられるか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

19 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。