サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

電子書籍

千里眼 クラシックシリーズ みんなのレビュー

  • 松岡圭祐
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー31件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (22件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
31 件中 1 件~ 15 件を表示

上巻で引かれたたくさんの伏線がすべて収束

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

前半は友里佐知子の日記の内容の続きに占められており、現在の本筋はなかなか登場しなくてじれったいのですが、いざ現在に話が戻ると、息つく間もないほど、次から次へと色んな事件が起こり、鬼芭阿諛子の国家転覆計画は着々と進んで行く。それを阻もうとする岬美由紀も神社への不法侵入を除いては蒲生警部補の抑制もあり、規則を破って暴走しないよう努力。しかし大量殺戮は起こってしまった。日本の国会ではなく、北朝鮮に構築されていた国会議事堂周辺そっくりの訓練施設で。そんなにぴったりと輸送機を誘導できるものなのか技術的な疑問が残るが、まあフィクションなので、細かい追及は野暮。
ラストは岬美由紀と鬼芭阿諛子の和解と鬼芭阿諛子の死で一件落着。
シリーズ中ずっと謎だった友里佐知子の過去、メフィスト・コンサルティングとの関わり、鬼芭阿諛子の正体、ダビデの正体がすっきりと明かされ、シリーズ最終巻に相応しい壮大なストーリだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

絶体絶命のピンチから挽回

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

2巻で絶体絶命のピンチに陥った岬美由紀。麻痺した体で拘束されたまま中国へ運ばれてしまいます。岬美由紀を助けようと蒲生警部補と嵯峨臨床心理士らが合流し、ぎりぎりで岬美由紀が載せられたヘリに忍び込み、一緒に中国へ運ばれピンチに。麻痺から回復した岬は蒲生・嵯峨と共に中国の大衆扇動の真相に迫ります。日中開戦秒読みの最中、波乱に満ちた彼らの行動をハラハラと楽しむことができました。開戦回避は予定調和ですが、そこに至るまでの過程が尋常でなく、読み応えあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

受け継がれた結末は・・・

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マツゲン - この投稿者のレビュー一覧を見る

前巻より続く友里佐知子の過去から、鬼芭阿諛子と美由紀に受け継がれた「千里眼」の宿命が解き明かされます。
そして二人の最終対決。シリーズ最終章を締めくくるお話です

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

いよいよ明かされる友里の過去

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マツゲン - この投稿者のレビュー一覧を見る

千里眼クラシックシリーズの最終話。
いよいよ美由紀さんの師であり、最大の敵であった友里佐知子の過去が描かれます。
明治、大正、昭和と時代に翻弄された女たちの生涯と、世を操る裏の組織と。
千里眼シリーズのすべての謎がえがかれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本千里眼ブラッドタイプ 完全版

2017/11/29 08:32

豪華な外伝

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マツゲン - この投稿者のレビュー一覧を見る

『千里眼クラシックシリーズ』となっていますが、旧作のシリーズとは別の出版社から出ていたものなので千里眼本線というよりは外伝のニュアンスが強いです。
しかし松岡さんが書かれた各シリーズの臨床心理士3人が共演という豪華な内容。
物語もアクション要素より、心理面の要素が大きく血液型という身近な内容で読みやすい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

シリアスとギャグと

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マツゲン - この投稿者のレビュー一覧を見る

ニートの天国「萩原県」を舞台に様々なことが起こります。過去に因縁のある一ノ瀬恵梨香さんとの出会いや、臨床心理士内のしがらみなどのシリアスな場面があるかと思えば、元クライアントに翻弄されるダビデやメフィストの面々というギャグな部分もあり・・・。恵梨香さんに馬鹿にされるダビデはなかなか面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

因縁の二人

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マツゲン - この投稿者のレビュー一覧を見る

今巻では一ノ瀬恵梨香が美由紀さんと出会います。『へーメーラーの千里眼』から続く過去との繋がりのある人たちと出会う流れの中では一番重要で、一番重い存在である恵梨香さん。果たして二人は和解できるのか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ヘーメラーの千里眼 完全版 下

2017/11/03 10:20

愛ある支え方

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マツゲン - この投稿者のレビュー一覧を見る

前巻では美由紀さんの過去に焦点をあてつつ話を進めていましたが、下巻では演習事故の真相と伊吹さんの心の迷いの立ち直りを中心に描かれています。
迷いながらも健気に支える美由紀さんの深い愛に感心しきりです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ヘーメラーの千里眼 完全版 上

2017/11/01 10:55

『千里眼』的青春群像小説

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マツゲン - この投稿者のレビュー一覧を見る

航空自衛隊の演習中に起きた過失事故を現在の流れで描きながら、防衛大時代の美由紀さんの過去を絡めて物語は進みます。
防衛大、自衛隊という特殊な環境ながらもまさしくこれは青春群像小説。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

お台場カジノ計画(懐かしい・・・)

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マツゲン - この投稿者のレビュー一覧を見る

その時の話題を小説に描く松岡先生。千里眼クラシックシリーズを読むとその当時の出来事を思い出します。今作では懐かしいそんな出来事と、別作品のヒロイン里見沙希さんとのコラボという豪華仕様。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本千里眼の復讐

2017/09/01 23:56

凄惨な儀式

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マツゲン - この投稿者のレビュー一覧を見る

千里眼クラシックシリーズにおいて、唯一の完全書き下ろし作。
友里の卑劣な企みに巻き込まれた美由紀さんだが、無慈悲なデスゲームは凄惨の一言。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本千里眼ミドリの猿 完全版

2017/08/23 10:35

緑色のサルって不気味・・・

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マツゲン - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回も岬さんは、目の前の人たちを救うため冒頭から無茶してます。
そこから新たな火種が生まれ、岬さんは孤立してしまいます。
次巻へ続く内容のため、この巻は重要人物たちの出会いしか描かれていませんが、それがどう結末へ続くのか楽しみなところ。
しかし、なぜ緑のサルなのか・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本千里眼 完全版

2017/08/20 22:24

大幅な改訂でリスタート

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マツゲン - この投稿者のレビュー一覧を見る

角川文庫で千里眼新シリーズ発刊に続いて、小学館で発刊されていた旧千里眼シリーズも改訂されました。
旧シリーズを読んだことのある人は、作者がちょっとした遊びを入れているのに気づくはず。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

SFタッチで、文句なしに面白い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

世界各地で起こる原因不明の人体発火事件。イギリスの妃殿下シンシア妃は「次は自分が殺される」と自室に引きこもり、公務を放棄していた。しかし、女王の即位50周年記念式典には是が非でも出席させないと王室の権威失墜につながると危惧した上院議員たちの要請により、たまたまロンドンにシンポジウムに来ていた臨床心理士嵯峨敏也に白羽の矢が立った。面談の結果、人体発火事件との関連性が浮かび上がってくる。嵯峨はともにシンポジウムに来ていた岬美由紀に応援を要請。人体発火はアメリカの機密「ディフェンダーシステム」の誤作動と発覚するやいなや、システムは完全に乗っ取られてしまう。それはメフィスト・コンサルティング・グループ総裁による世界直接支配の第一歩だった!ディフェンダー・システムは考えるコンピューターで、攻撃の対象を自ら探し出して「裁きを下す」という設定はSF的で、話が進むほどにSFアクション的な色合いが濃厚になります。これはこれで面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

美由紀さんどうしちゃったの?!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

血液型性格診断がブームになり、特にB型の人間に対する差別が酷くなって社会問題に。白血病の女性は脊髄移植の手術を、血液型がB型に変わってしまうことを理由に拒否する始末。盲信もそこまで行くと呆れてものが言えない。
一方白血病患者を主人公にしたドラマも流行り、白血病イコール不治の病という間違ったイメージが広がってしまい、白血病患者の死亡率が上がってしまう。岬美由紀、一之瀬恵梨香、嵯峨敏行の3人の臨床心理士たちが間違ったイメージの是正に挑む。
しかしながら、スーパーヒロインである筈の岬美由紀は思いを寄せる嵯峨が白血病を再発させたことに動揺し、人前でも涙を流し、また泥酔して恵梨香の世話になるなど、かなりの憔悴ぶり。結構長いことから回りしているので、ファンとしてはかなりじれったい展開。
でも、根拠のないものが勝手にブームになって差別を生む日本人社会の病理や国民性に切り込んだいい題材だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

31 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。