サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

⑤[4日間限定バナー]12月度:コミック ポイント30倍(~12/14)

[CPあり]2017年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍

デッドライン みんなのレビュー

  • トム・デマルコ (著), 伊豆原弓 (訳)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

デッドライン ソフト開発を成功に導く101の法則

ソフト開発の法則を直感から明文化してくれる

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やんちゃ青 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ザ・ゴールに見られる小説形式とその各章に主人公ウェブスターの日記という形でまとめられている101の法則(本当に101かは数えていませんが)をもとに、ソフトウェア開発プロジェクトについて記述してあります。それにしても物語は絶対ありえないようなお話になっています。リストラされたプロジェクト管理者(主人公)が美人のスパイにモロビアという国に招かれて、数千名にも及ぶプロジェクトの責任者として、世界中の各方面で著名な人々の意見を聞きながら、あるいは雇いながら成功していく(その一人がバッグレディーだったりするのも一般離れしている)。

 それぞれの法則はおそらくなんとなく直感的に理解しているものの、それをあらためて明文化していただいた…と感じました。ただしここに述べられているのはあくまでも定性的といいますか、直感的であり、実際にその法則に従ってどうやって動くかは別の視点での定義が必要になるのでは? とも一部の法則に関して思います。

 『致命的なのは知らないことではない。知っているつもりで、実は知らない何かだ。』

 プロジェクトを推進する上で、やはり風通しのよいチームづくりというのがあると思います。昨今の日本の企業等では『知っていても隠すこと』が多くばれてしまい、その会社の信用を失っているのですが。
 『管理』に関連している方、一読の価値ありです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

デッドライン ソフト開発を成功に導く101の法則

出版社コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日経BP社* - この投稿者のレビュー一覧を見る

チームの結束力を強め、ソフト開発プロジェクトを成功させる秘訣とは。『ピープルウエア』の著者トム・デマルコが、設計とデバッグの関係、プロジェクトの測定単位、プレッシャーの是非など、複雑に絡み合う要因を取り上げながら、プロジェクト成功の極意をわかりやすく伝授する、数奇な体験ものがたり。

■目次
1出会い
転職講習会/謎の女
2管理ごっこ
夢/プロジェクト管理講習会/無限ループ
3シリコン・バレジット
モロビアへ /新しい仕事/プロジェクト管理実験室
4管理者の最初の仕事
四つの本質/工場建設プロジェクト/計画の変更/負の強化/一日の終わりに
5支配者
首都へ/国家大総統/国家支配ビジネス/製品開発の秘密/帰途
6世界最強のプロジェクト管理者
第一の仲間/バッグ・レディー/取引成立
7管理者の採用
戦場の管理者/一人目の採用/匿名の告白/管理者とチーム人数/人材採用の教訓
8リスク管理と生産性
新しいコンサルタント/生産性を高める方法/プロジェクトのリスク 管理
9人材管理の智将
専制君主の面接/モロビアに残った将軍/人材の管理と評価/プロジェクト始動
10モデルとシミュレーション
ローマの休日/弁護士からの電話/アブドゥール・ジャミッド/直感モデル/贈り物
11デッドライン:理想と現実
理想の仕事/アレア・ベロックの要求/首脳会議/病んだ政治
12プロジェクトの数量化
新しい組織/数字の男/プロジェクトの測定単位/ソフトウェア考古学/星空の下で
13プロセスの改良と変更
新たな挑戦/プロセスを改良せよ/標準プロセスの変更/プロセスと圧力
14設計とデバッグの関係
対決/局長との対面/駆け引き/モロビア最初のプログラマー/ムダを減らせ/
デバッグのいらないプロジェクト
15残業の効果
ベロックのさらなる要求/新しいモデル/罰と行動/プレッシャーと時間の意外な関係
思考は速くならない
16あいまいな仕様書
オリンピックの準備/プロジェクト・チームの危機/理解できない仕様書/対立と仕様書
17対立解決の指導者
エキスパートを求めて/全員が勝者/仲裁への期待
18対立と仲裁
プロジェクトの語り部/週7日労働/ママのキス/仲裁失敗/悔恨
幕間
週休3日制/小旅行
19プロジェクトの人数
設計のないプロジェクト/もっと人数を/理想の人数グラフ
20ムダな会議の減らし方
ラークサーの便り/ハリー・ウィニペグ博士/ゾンビ・プロジェクト /
航空管制プロジェクトの大会議/恐怖と怒り
21問題解決の奇跡
帰還と追放/チームの再編/管理者の最後の仕事/検査は必要か/
どうしても解決できないこと
22プロジェクトの完成
最初の完成/再会と別れ/新人事/ベロック再び
23 101の教訓
予言者/最後の教訓/新たなる旅立ち

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

デッドライン ソフト開発を成功に導く101の法則

1999/4/26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日経コンピュータ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 主人公のトムキンスがモロビアという国に誘拐され,そこで六つの難しいシステム開発プロジェクトを任される—という架空の物語を軸に,登場人物の考え方や行動を通して,101の「プロジェクト管理の勘どころ」を楽しく学べるユニークな本である。
 内容は期待以上に本格的だ。プロジェクトの作り方,プロジェクトのモデル化とシミュレーション,締め付け行為の有効性,チーム編成と生産性の関係,デバッグの不要な開発手法,利害対立の仲裁方法など,ソフトウエア工学の研究成果をつぎ込んでいる。また,物語の状況に沿って具体的に紹介されているので,実際のプロジェクトに適用するときのやり方がよく理解できる。(渡辺)
Copyright (c)1998-2000 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示