サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

【ポイント】ダイヤモンド社 ポイント30倍フェア(~9/30)

電子書籍

喪服の情人 みんなのレビュー

  • 高原いちか, 東野海
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

喪服の情人

紙の本喪服の情人

2016/11/20 16:15

見た目絹服の妖精、中身は大和撫子

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のりのり - この投稿者のレビュー一覧を見る

古い屋敷にあった、しっとりしたお話でした。高原先生のお話は設定がハードなものも多いですが、これはそんなにハードではありません。ルネは屋敷を守るために身を投げ出すとありますが、逢沢が優しいので、愛されてるかも?勘違い?という感じで話は進みます。ルネは結構鈍感です。
最後には両想いになって屋敷も有効に残せるのですが、実は逢沢は・・・という秘密がちょっと面白かったです。その設定が生きるのが、特に本文あとについているスピンオフ。逢沢の行動の裏にある、分かりにくい気持ちが分かるし、ルネも大人しいだけでなくタフで頑固なところがあるのがよく分かります。2つ目のスピンオフは死んだ小説家視点で、特にこれが最後にいい味を出しています。じいさん、じつは色々仕掛けてたんだなぁ・・・
西洋の古い屋敷には、絹服の妖精(シルキー)が住んでいるそうで、それがぴったりくるようなルネの描写とイラストでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

喪服の情人

電子書籍喪服の情人

2017/05/18 17:16

昼ドラチックです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ずっと気になっていた作品。面白かったです!愛人契約から恋人同士になるまで、苦しかったふたりなのに、最後は本来の性格がオープンになってバカップルに!それほど気持ちを抑えていたふたりの恋だったのかなと。ルネの妖精美人が美しかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示