サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

4日間限定バージョン 11月度:全品ポイント最大50倍(~11/26)

電子書籍

40歳からの記憶術 みんなのレビュー

  • 和田秀樹 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

40歳からの記憶術 想起力で差をつける

40過ぎたら詰め込みよりもアウトプット重視でいこう-「勉強」をすすめない「勉強本」

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サトケン - この投稿者のレビュー一覧を見る

「21世紀は知識社会化する」と言われて久しい。たしかに「知識」が多いに越したことはないのだが、多ければいいというわけでもない。40歳過ぎたら、あたらしい知識を詰め込むよりも、想起してアウトプットせよ、というのが本書の趣旨である。

知識をインプットすることが必要だが、それだけでは不十分なのだ。仕入れた知識をアウトプットしなければ、アタマのなかの「引き出し」に知識や情報が定着することはないからである。「引き出し」の中身を取り出して整理しなければ使える知識ではない。

そのために最も効果的なのが、人に話したり、文章に書いたりすることだ。実際に話したり書いたりすることで、アタマのなかが整理されるだけでなく、知識のネットワークが再編成されるのである。インプットとアウトプットの往復運動があってこそ、量質ともに中身の濃い「引き出し」ができあがることになるのである。

これまでずっと「勉強法」の本を書いてきた和田秀樹氏が宗旨替えしたのかと思って手にとったが、本人もまた自分が年をとるにつれて、知識を詰め込むことの無意味さを悟ったのだろうか。じっさい、著者は「思い出せないのは、忘れたこととイコールではない」という前提に立って話をしているが、これはわたしも賛成である。年をとると記憶力が落ちたり忘れやすくなるのではなく、思い出せなくなるに過ぎないのである。だからこそ、積極的に思い出すという想起を心がけていれば、記憶は再活性化するのである。

アウトプットするためのインプットを心がけると、知識が増えるだけでなくアタマのなかもスッキリ整理ができる。40歳を過ぎた人はもちろんのこと、40歳以前の人もまた、本書に書かれた内容は実践する意味がある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示