サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1214-16)

修正:予約キャンペーン(1214-31)

電子書籍

東京大学物語 みんなのレビュー

  • 江川 達也
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.1

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

受験まんが

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nokia - この投稿者のレビュー一覧を見る

 東京大学物語の大体この巻あたりまでは、物語はかなり「普通」に進行する。私の友人でも、この大学を受けるまでが良かったという人は多い。私も『東京大学物語』は、大学を受ける前と受けた後では、全く違うマンガといって良いと思う。頭の回転常人の数十倍・村上君の「思考」を表現する仕方−(○○秒 ○○ページ)で表されるような表現形式−は新鮮だったし、またこれを読んでいた当時自分自身も高校生だったこともあって、同時代的に読めたのも良かった。ストーリーも程良く緊張感があり受験生の生態というものを、作者が元教師だからなのだろうか、それとも入念に取材したのか、きちんと描写できていた。実際、受験生の大部分はこの『東京大学物語』を読んでいるのではないかと思われるほど、私の周りでは良く読まれていた。参考書などの小道具にもいちいちリアリティがある、丁寧なマンガである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

続きを買うか買うまいか

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sgdc - この投稿者のレビュー一覧を見る

二人の関係に動きアリです。続きが気になるしこの作品にハマってしまった。しかし他にお金をかけたいものがあるからそっちを優先させようか・・・。そんな漫画です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

予想に反して面白い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sgdc - この投稿者のレビュー一覧を見る

まったく期待せずに読み始めましたが、高校生っぽさが好きでした。王道の青春学園物のような作品とちょっと違う感じが好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

青春ラブコメ?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papakuro - この投稿者のレビュー一覧を見る

江川達也と言えば,たまにタモリクラブに出てくるひげもじゃのおっさんとしか思っていない人もいるかと思いますが,本業は漫画家です。
本作はドラマ化もされた,同氏の代表作です。
毒舌でも有名な同氏の作品は好き嫌いもあるかとは思いますが,本作は欲望に翻弄されぐじゃぐじゃになってしまう高校生の心情がよく描かれていると思います。
御都合主義で後先考えずに刹那的に行動してしまい,落ち込む所などはあるある感満載です。
やたら台詞が多くて読了までに時間がかかるので,ある意味コストパフォーマンスが高いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

エロ・心理・政治マンガ??

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nokia - この投稿者のレビュー一覧を見る

 東京大学物語の後半は、舞台を東京大学に移した上で綴られていく。だが、この物語は「吉野」の登場によって作者の思想を極端に押し出した(悪く言えば)ナルシズム過多のマンガになってしまったのではないかと思う。過剰なセックス描写はもはやギャグ的にしか読めない。官僚・システム批判と、教育制度批判は基本的に“Golden Boy”で提示されたものと同じである。村上直樹は教育制度における超優秀人間であり、水野遥は教育制度にはまらない作者によって理想化された天才・女神である。加えて村上の父親はこの長い物語中、一回も姿を現さないばかりか、直接言及されることすら一回もない。いってみれば、吉野こそ村上の父であり、遥・村上・吉野の三角形の関係はエデュプス・コンプレックスの構図そのものなのだ。ただ、このような実験マンガ的な部分は相対化して眺めれば面白く読めると思うが、真面目にストーリーを追うと、なんじゃこりゃということになる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

強烈なメッセージ、女性も読んでみては

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:emis - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ついに最終巻をむかえたこの物語。ちょっと予想外の終わり方で、一瞬肩透かしを食ったような気がしたが、最後まで読むと作者の強烈なメッセージに胸を打たれました。
 ところでこの巻は、たぶん史上初の試み(?)がされていて「射精から精子の旅、受精、胎児の成長、自宅で自然分娩」という過程をかなり詳しく描写されています。この中で特に、病院で出産することと、自然分娩することの違いを主人公が友達に話しているシーンがあります。病院出産は、病院の都合によって土日や正月、夜中の出産が少なく、出産をコントロールされ会陰切開が当然と思われています。ところが産婆さんなどによる自然分娩では会陰切開も無く、赤ちゃんが血だらけで産まれてくることもない、という話です。
 これ、本当です。
 私は友人の出産に立ち会いました。友人の右手をダンナが、左手を私が握って、助産婦さんのところで出産したのです。産まれた子供は、風呂上りのようにツルンとして血も、白い脂肪の膜も付いていないとても美しい赤ちゃんでした。友人も、このマンガの主人公のように出産に関する勉強をしっかりして、食事と運動に気を使い完璧な出産をしたのです。
 本当に賢い人っていうのは、大切なことがわかっているようです。この巻を読んで、作者の江川達也さんは実際に子育てに積極的に参加している方なのだということを実感しました。
 ちょっと(かなり)エッチで、ハードではあるけれど、女性でも読んでみて欲しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

東京大学物語

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とりのひよこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

よく言えば、心理描写が細かく描かれている。
悪く言えば、ながながだらだらと、同じ内容を綴って描かれている。
どちらがいいのか、読み手の好みですね。
私はダメでした…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

レビューへのリンク

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bk1 - この投稿者のレビュー一覧を見る

弊社提携サイト「MANGAZOO」で
本書の レビュー が読めます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

8 件中 1 件~ 8 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。