サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ちいさなき
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:2009.5
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:24cm/24p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:978-4-8340-2399-2
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

ちいさなき (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)

著者 神沢 利子 (ぶん),高森 登志夫 (え)

しゃがんで見つけたあかちゃんの木。おかあさんの木はどこにいるの? 大きな楓の木やかばの木が、おかあさんです。秋が来て、あかちゃんの木も、お母さんといっしょに赤くなったり、...

もっと見る

ちいさなき (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)

864(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

しゃがんで見つけたあかちゃんの木。おかあさんの木はどこにいるの? 大きな楓の木やかばの木が、おかあさんです。秋が来て、あかちゃんの木も、お母さんといっしょに赤くなったり、黄色くなったり。みんな、大きくなあれ!【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

神沢 利子

略歴
〈神沢利子〉1924年福岡県生まれ。詩、童謡、童話の創作で活躍。絵本に「たまごのあかちゃん」など。
〈高森登志夫〉1947年千葉県生まれ。東京芸術大学油絵科卒業。タブロー画家、絵本画家。絵本に「木の本」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

2016/09/24 07:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽぽ - この投稿者のレビュー一覧を見る

あかちゃんの木がとても愛らしくていとおしさを感じるような絵本です。子供と一緒に親にも読んでもらいたい絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ちいさいながらも

2016/11/16 10:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:coco - この投稿者のレビュー一覧を見る

大木に育つ木も、芽が出てしばらくの間は”あかちゃん”の木。
スミレや草と変わらないぐらいの背丈です。
しかし小さいながらも、”おかあさん”の木と同じように、紅葉したりと、ちゃんと特徴は持っている。
細部まで特徴を表現した、植物の細密画が美しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

木の赤ちゃんの息づきが聞こえます。

2009/07/25 14:34

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 表紙は小さいモミの木の絵。隣に落ちている枯葉から、小ささがわかります。実は、中の頁にあるようなカエデの小さな木を、丁度今年の春近くで見かけたので、この本を手にとってみました。3~5才用、となっていますが、大人が見ても「詩情」があって素敵な絵本でした。
 スミレよりも背の低い、カエデのちいさな木には、よく見るとちゃんと小さい子葉も描いてあります。種から出たばかりのときは、こんな丸っこい葉っぱもあるのですね。見上げるように大きな樹も、種から生まれたばかりは「ちっちゃい、可愛い」姿だというのがあたり前だけれどとてもいとおしく感じられます。
 秋にはお母さんの木と同じように赤くなったり、黄色くなったりするちいさな木も可愛いですが、あおいままでお母さんと同じように雪を載せているちいさな木もなんだかけなげです。

 葉や茎の細かいところまできっちり書いてありますが、くどさがなく、優しい雰囲気の植物画です。
 最後のページには月明かりの中のちいさな木。静かな息づきが感じられるような、一寸見ると写真のようにも見えるけれど、葉っぱ一枚一枚、月明かりの反射まで描かれている絵です。
 ページ数も、言葉も少ない絵本ですが、どの絵もいつまでも何時までも見ていたい。このまま部屋に飾っておきたくなる絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/12/15 05:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/12 21:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/22 12:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ノンフィクション絵本 ランキング

ノンフィクション絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む