サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

みだれ髪(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-117021-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

みだれ髪 (新潮文庫)

著者 与謝野 晶子 (著)

みだれ髪 (新潮文庫)

464(税込)

ポイント :4pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (9件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

今読んでもドキドキする

2016/12/15 17:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えぬ - この投稿者のレビュー一覧を見る

初版のイラストを活かした表紙が素敵。いっそ、初版と同じく縦長にしてほしかったぐらい。解説はすべてについているわけではありませんが、入門書として良いのではないでしょうか。解説でなんとなく言葉の意味や背景を読んでから、詩を読み直すと情景がわかりやすくなって良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

俳句ではなく、なぜ短歌なのか

2002/07/17 00:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 与謝野晶子の「みだれ髪」は短歌の歴史を塗り替えた作品といえる。短歌というと、その他にも啄木の「悲しき玩具」とか茂吉の「赤光」とか、有名な作品が多い。そのことは、短歌が文学として評価されている証左ともいえる。

 その一方で、俳句が多くの句作者がいるにもかかわらず、作品として残るもがほとんどないのはどうしてだろう(有名は句はたくさんある。ここでいうのは、それらをまとめた作品集としてのことだが)。たった十四文字の違いで、心の鬱屈や高揚を描ける短歌と違い、俳句のなんと不自由なことか。空想で俳句を作るなとよくいわれるが、短歌が想像の翼で勇躍しているのに、どうしてそれがいけないのだろう。

 俳句の不自由さこそが、その世界を純化するという考え方があるとしたら、そのことで新しい力がそがれていないか。そんなことを思っている。

 ≪鳳晶が 詠みし罪の子 暮れの春≫(夏雨)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/07 09:45

投稿元:ブクログ

乙女のバイブル。不安や悩みを抑えながらも、力強く自己肯定(一歩間違えばナルシストだけど)している姿勢は気持ちいい。スタンダードすぎてこの歌を取り上げることには気恥ずかしさも感じるけど、「やは肌のあつき血汐にふれも見でさびしからずや道を説く君」のインパクトはやっぱり大きい。一度聞いただけで覚えたもん。

2007/03/03 01:02

投稿元:ブクログ

いやらしくってこわくって、なんて女らしい女。ガンダムVS与謝野晶子だったら与謝野晶子が勝てる気がします。

2007/03/05 01:51

投稿元:ブクログ

読んでるこっちが恥ずかしくなるくらいメロメロでトロトロ。 情熱的でその上セクシャルな香りさえ漂わすんだから、当時どれだけ衝撃的だったことか…。

2007/10/21 00:10

投稿元:ブクログ

不倫絡みのうたをいけしゃあしゃあと出版しちゃうあたりどうかと。泥棒猫猛々しい(笑)って感じだし嫌な女だなあと思う。でも、色っぽい本です。赤裸々なのに秘められている、切々とした「夜の神」への愛の詩。醜い恨み言、装って彼を待つよろこび。他人の閨の中を覗いてしまった背徳感。フェロモンと心意気を感じます。

2008/04/06 23:04

投稿元:ブクログ

やは肌のあつき血汐にふれも見でさびしからずや道を説く君

臆面なき自己肯定、おのれのお色気惜しげもなく晒しちゃえる女っぷり・・・
彼女は女の子のインディペンデンスの象徴のように見える。
しかし同時に、「鉄幹という男性がいてこその晶子」ならば、
彼女の文学のすべては、ものすごく依存的な気もする。
その意味で、キラキラと輝く才能のうらの苦悩も見たい気がした。
彼女は、過剰に主体的に生きていて、
それと同じくらい、過剰に依存して生きている。

えーまとまらないけど、要するに
男の寂寥を洞察することでしか、主体的な行為がない印象を受けたの。
なんていうか、彼女の生き方は、女のすべてのコントラディクティヴな要素を
含んでいるようですごく切なくて。
私これからどうやって恋愛の文脈のなかで
目を醒まして生きていけばいいのだろうって思ってしまった。

2009/12/19 14:36

投稿元:ブクログ

訳全部にはついてなかった……。でも雰囲気素敵です。こんな風に綺麗に言葉使って創作とか出来たらなーと思います。

2008/10/22 11:13

投稿元:ブクログ

恋=生きる意味だった、人生の一瞬。
そんな高揚を誇らしげに宣言した詩集。
時間を越えても色褪せることはない。

2010/05/14 23:51

投稿元:ブクログ

浦野所有。

くろ髪の千(ち)すぢの髪のみだれ髪
かつおもひみだれおもひみだるる [第260首]

<訳>私の黒髪の、千筋もの豊かな髪の、みだれ髪よ!
思い乱れるたびごとに、さらに乱れる私の心よ!

与謝野晶子の歌って、なんだか難解ですね。『みだれ髪』は第1首からして、あまりにも象徴的過ぎて現代語訳&解説がないと、何のことやらさっぱりわかりません。でも、それぞれの31文字のなかに晶子が選んだ言葉の一つひとつが、とても美しいんだよなぁ。あふれる恋心を率直に歌った、あまりにも心地よすぎる歌群です。

新潮文庫版では、『みだれ髪』全399首のうち、70種について訳と詳細な解説があるので、初心者でもその独特の世界を堪能することができました。

2012/07/22 10:54

投稿元:ブクログ

[図書館]
読了:2012/7/22

鉄幹といついつやったときの歌だとか、特定されてるのがすげえ…。
歌を単品で読んでもよく分からない(解釈の難しい)ものが多く、後についている「評伝」でいついつ何があってこの歌はそのときの心を歌ったもの、とか解説されてるものを読んだ。
「御口を吸はむ」とかを明治時代に出したってのがすごいな。そんなにあからさまな歌が含まれるとは知らなかった。

2010/09/13 18:54

投稿元:ブクログ

「くろ髪の千すじの髪のみだれ髪かつおもひみだれおもいみだるる」「み」の繰り返しによって拍節され刺激される官能。晶子は鉄幹との間に12人も子をなすとともに生涯歌作に明け暮れたが、こうした情熱的な歌を紡ぐことのできる精神性がそうした生活を支えていたのだと思う。「清水へ祇園をよぎる桜月夜 今宵会う人みなうつくしき」歌人の感性の深さを思う。    

2011/11/10 08:29

投稿元:ブクログ

ある時代の先端を生きたと思われる人物の詩集。
多くの人や作品に影響を与えているかもしれない。
当時の情景をどう読み込むかは,人それぞれだ。
語り継がれるものはあるのだろう。

詞は自由に作ってみてよいものだということを学習しました。

2011/01/09 18:30

投稿元:ブクログ

言わずもがな。

でも現代の文脈で読んでもすげー過激やなーと思う。
フェティッシュな意味じゃなくて
感情というか、心の疼きみたいなもの。

お気に入りは
やははだの あつきちしほに ふれもみで さびしからずや みちをとくきみ

実際、触ってもらえなくてさびしいのは自分なくせに!

2011/07/13 07:32

投稿元:ブクログ

思春期に読んだころは、あからさまな表現が好きになれなかったけれど
今読むと、女として共感できる歌もありました。
短歌は鑑賞も入門レベルなので、評価する自信はありませんが、好きな歌はいくつもあります。