サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

風塵抄 2(中公文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公文庫
  • サイズ:16cm/329p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-12-203570-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

風塵抄 2 (中公文庫)

著者 司馬 遼太郎 (著)

風塵抄 2 (中公文庫)

700(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

僕たちに残された大いなる課題

2002/07/14 17:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 司馬遼太郎さんが亡くなられた朝の、産経新聞に載った最後の「風塵抄」のタイトルは「日本に明日をつくるために」というものだった。まさに遺書のように、僕たちに残されたタイトルではないか。この短い言葉こそ、司馬さんが僕たちに残してくれた大いなる課題を云いきっているともいえる。

 それだけではない。この本に収められた数多くの文章に、司馬さんが残してくれた英知と勇気がある。「神戸の人は、神戸が好きだった」に始まり「神戸や阪神間、それに北淡町の人達は、えらかった」で終わる震災の月のような文章をもっともっと書き残してほしかった。

 司馬さんの死から何年も過ぎた。あれからも悲しい犯罪は後を絶たないし、経済は破綻したままだ。こういう時、司馬さんならなんていうだろう。僕はいつもそう思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/05/27 12:27

投稿元:ブクログ

 日本の恥の文化とはどういうものなのか、三菱財閥の創業者、岩崎弥太郎の借金証文には「いついつに返済すると書き、もしこのことに違えれば、お笑いください、とあるのみ」貸したのは旧大名家なのだが、もし、高額な借金ならば両者の気迫が伝わる。岩崎弥太郎、笑われたら腹も切りかねないよね

2015/07/13 01:28

投稿元:ブクログ

司馬氏最後のエッセイ。絶筆までの流れを読んでみて、急にぽっくり逝ってしまったんだということがわかった。
街道をゆくの最終回で、北関東を考えていた、事実には考えさせられる。
その場所をずっと思っていても、行かないとはとても粋なことなのかもしれない。自分にはそういう場があるのだろうか。
そして、本棚に眠っているオウム本へと続く私であった笑

2011/12/05 00:37

投稿元:ブクログ

司馬遼太郎が産経新聞で月1回持っていたコラムを集めたもの。風塵抄の1冊目は元気な日本だったが、2冊目は経済がおかしくなり、政治と社会の綻びが見え始めたことが絵が帰れている。1995年は阪神大震災とオウム事件が取り上げられていた。最終回は1996年2月の亡くなった当日に掲載されたものだった。最後まで日本のことが気がかりだったことが分かる。感謝。

2015/07/01 13:52

投稿元:ブクログ

産経新聞に昭和61年から連載されていた随筆。氏が亡くなるまで連載されていた。
二巻もとても読みやすい随筆である。
新聞に連載されていた随筆なので、時事ネタも多い。このことを考えると当時新聞で読んでいたら、もっと新鮮であったろうことが残念だ。

中公文庫 ランキング

中公文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む