サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

東京の下層社会(ちくま学芸文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.3
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま学芸文庫
  • サイズ:15cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-08545-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

東京の下層社会 (ちくま学芸文庫)

著者 紀田 順一郎 (著)

東京の下層社会 (ちくま学芸文庫)

1,026(税込)

東京の下層社会

918 (税込)

東京の下層社会

ポイント :8pt / 紙の本より108おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

まずしさとは

2002/06/27 14:25

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

100年前の東京にあったスラムに
変装して取材した記者たちのレポートを
何冊か解説している。
地名を書くとショックを受ける人がいるかもしれない。
しかし今はまったくその影がないのだから。

一か所だけではなく何か所もスラムがあるわけだが、
衣食住すべてにおいて、最低限の人権、暮らしがない。
底なしである。

今、木や草しか食べる物がない飢餓の国を映像で見ることができるが
ここには「残飯屋」からの「食べ物」がある。
陸軍士官学校や海軍兵学校などから出た残飯を仕入れてきた残飯屋は
沢庵の切れ端・飯の洗い流した物・おこげなどを
大八車に積み込み売りに行く。
まだこういったものが出るときはよいほうで
廃棄しようとしていた
豚の餌のカス・肥料用のジャガイモの屑・味噌汁のカス
饐えた(すえた・くさった)飯…。
すべてが腐り始めている。
これを人命救助、慈善と言えるのかと若い記者は嘆く。

「食べ物」を手に入れるのに銭がいるが
ぞうりを数足並べただけの露天、マッチを少し売っている露天、
屑拾い・キセルの挿げ替え・飴売り・虫売り・洗濯師などなど
細分化された職で生計を立てている。
しかし、ほとんどの人は屑拾いをしている。
4畳半より広い家はなく、家賃だけは一人前。
夏は開け放して寝るので女性が日常的に危険な目に会っている。
家族関係が人倫に反している。
不衛生極まりなく、蚊・ノミ・ダニ・結核菌などと共に生きている。
子供を引き取り養育費をせしめ、次々と殺す犯罪。
女性に対する搾取、凄惨な労働、虐待。

こういった貧しさの中にも上下関係を些細な事で見出そうとする感情はいまに通じる。
狭い世界の中で、人と違う=悪 という図式はもういい加減にしたらどうだ。 

前途ある若い人、政治に携わる人、差別主義者に読んでほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日本人が読むべき本

2015/10/12 21:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:伊良湖 - この投稿者のレビュー一覧を見る

当初、ザッと本を読み通した時、気分が悪くなった。
その後、最後まできちんと読み通した時、どうしてもっと早くこの本を読まなかったのだろうと思った。過去の日本の恐るべき貧困を知らずに今まで知らずに生きてきた自分が情けなかった。
気分が悪くなっても、日本人なら読んで欲しい本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/12/19 22:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/04 18:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/23 23:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/09 14:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/29 23:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/06 12:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/12 01:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/24 17:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/24 16:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/15 23:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/09 01:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/13 11:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/27 12:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ちくま学芸文庫 ランキング

ちくま学芸文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む