サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~8/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ~身近な雑草から、昆虫、山や森、気象まで~ 自然が教えてくれること ポイント5倍キャンペーン ~8/25

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. ちくま学芸文庫の紙の本一覧

“ちくま学芸文庫”の紙の本一覧

“ちくま学芸文庫”に関連する紙の本を1,884件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

女性解放という思想 増補 (ちくま学芸文庫)

  • 江原 由美子 (著)
  • 評価4.5レビュー:1件
  • 税込価格:1,320
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2021/05/12
  • 発送可能日:24時間
  • 「女性解放」を論じるのはなぜ難しいのか。かつて女性解放の運動と理論が直面した対立や批判、矛盾やその破綻を描くことで、今なお残る困難の数々を鋭く明かす。今日までの状況を俯瞰する1章を加えて文庫化。〔初版:勁草書房 1985年刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

    「女性解放」はなぜ難しいのか。リブ運動への揶揄を論じた「からかいの政治学」など、運動・理論における対立や批判から、そ...

アメリカを作った思想 五〇〇年の歴史 (ちくま学芸文庫) 新刊

  • ジェニファー・ラトナー=ローゼンハーゲン (著)
  • 評価2.5レビュー:1件
  • 税込価格:1,430
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2021/07/12
  • 発送可能日:1~3日
  • アメリカは、ヨーロッパの探検者たちが「新世界」に投影した一群の諸観念であった。それらはいかにして合衆国を築き、どのような運動を生み出していったか。アメリカ史に作用した観念の力を概説する、アメリカ思想史入門。【「TRC MARC」の商品解説】

    「新世界」に投影された諸観念が合衆国を作り、社会に根づき、そして数多の運動を生んでゆく――。アメリカ思想の五〇〇年間を通観する新しい歴史...

古事談 上 (ちくま学芸文庫)

  • 源 顕兼 (著)
  • 税込価格:1,650
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2021/05/12
  • 発送可能日:1~3日
  • 鎌倉時代前期に成立した説話集の傑作。弘法大師、藤原道長、清少納言など、古代以来の歴史、文学、文化史上の著名人にまつわる隠れた逸話の数々を収録する。ひらがな交じりに書き下した本文に、人物注と現代語訳、評を付す。【「TRC MARC」の商品解説】

    鎌倉時代前期に成立した説話集の傑作。空海、道長、西行、小野小町など、奈良時代から鎌倉時代にかけての歴史、文学、文化史上の著名人の逸話集...

陸軍将校の教育社会史 立身出世と天皇制 下 (ちくま学芸文庫) 新刊

  • 広田 照幸 (著)
  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,320
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2021/07/12
  • 発送可能日:24時間
  • 【サントリー学芸賞(第19回)】天皇制イデオロギーの「内面化」が、戦時体制を積極的に担う陸軍将校を生み出したというのは真実か。旧軍文書や文学評論、生徒の日記など膨大な史料を渉猟し、近代日本の天皇制と教育との関わりを浮かび上がらせる。【「TRC MARC」の商品解説】

    陸軍将校とは、いったいいかなる人びとだったのか。前提とされていた「内面化」の図式を覆し、「教育社会史」という研...

古事談 下 (ちくま学芸文庫)

  • 源 顕兼 (著)
  • 税込価格:1,650
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2021/05/12
  • 発送可能日:1~3日
  • 鎌倉時代前期に成立した説話集の傑作。弘法大師、藤原道長、清少納言など、古代以来の歴史、文学、文化史上の著名人にまつわる隠れた逸話の数々を収録する。ひらがな交じりに書き下した本文に、人物注と現代語訳、評を付す。【「TRC MARC」の商品解説】

    代々の知識人が、歴史の副読本として活用してきた名著。各話の妙を、当時の価値観を復元して読み解く。現代語訳、注、評、人名索引を付した決定...

陸軍将校の教育社会史 立身出世と天皇制 上 (ちくま学芸文庫) 新刊

  • 広田 照幸 (著)
  • 税込価格:1,320
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2021/07/12
  • 発送可能日:1~3日
  • 【サントリー学芸賞(第19回)】天皇制イデオロギーの「内面化」が、戦時体制を積極的に担う陸軍将校を生み出したというのは真実か。旧軍文書や文学評論、生徒の日記など膨大な史料を渉猟し、近代日本の天皇制と教育との関わりを浮かび上がらせる。【「TRC MARC」の商品解説】

    戦時体制を支えた精神構造は、「滅私奉公」ではなく「活私奉公」だった。第19回サントリー学芸賞を受賞した教育社会...

日本的思考の原型 民俗学の視角 (ちくま学芸文庫) 新刊

  • 高取 正男 (著)
  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,100
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2021/07/12
  • 発送可能日:1~3日
  • 自分の湯呑みを他人に使われてしまったとき、なぜ気まずさを感じるのか。われわれの感覚や習慣を形作ってきたさまざまな事例を挙げ、近代的な自我と無意識下の前近代が交錯する日本人の精神構造を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

    何気なく「そういうものだ」と思っている習俗習慣は、先祖たちの暮らしの蓄積が生んだものだった。われわれの深層心理から、日本の歴史を読みとく。
    ...

ヴードゥーの神々 ジャマイカ、ハイチ紀行 (ちくま学芸文庫) 新刊

  • ゾラ・ニール ハーストン (著)
  • 税込価格:1,760
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2021/07/12
  • 発送可能日:24時間
  • ハイチには生者と死者がいて、それからゾンビがいるのだ−。20世紀前半、ジャマイカ、ハイチでフィールドワークを行った人類学者ハーストンが、極彩色の信仰世界を描く。学術研究と口承文学のあわいを往還する異色の民族誌。【「TRC MARC」の商品解説】

    20世紀前半、黒人女性学者がカリブ海宗教研究の旅に出る。秘儀、愛の女神、ゾンビ――学術調査と口承文学を往還する異色の民族誌。解説 今...

システム分析入門 (ちくま学芸文庫 Math & Science)

  • 齊藤 芳正 (著)
  • 税込価格:1,210
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2021/06/14
  • 発送可能日:1~3日
  • 多くの手段から最適な方法を選択するための意思決定の技法、システム分析。その有用性から、費用効果分析によるシステム分析の手順、歴史までを紹介。例題や図を用いて、システム分析の考え方を平易に解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

    「マンションか一戸建てか」「戦略基地は、海外にどのように配置し、構成すべきか」。システム分析とは、このような何をなすべきか(What to do)...

戦国乱世を生きる力 (ちくま学芸文庫)

  • 神田 千里 (著)
  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,430
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2021/06/14
  • 発送可能日:24時間
  • まさに戦乱の時代であった、応仁の乱以降の中世日本。そこで起きた現象は、平和を願い、乱世を生き延びようとした民衆の姿と切り離して考えることはできない。「乱世の真の主役としての民衆」を焦点に、戦国時代史を考察する。〔「日本の中世 11」(中央公論新社 2002年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

    応仁の乱以降の中世日本は、まさに戦乱の時代であった。民衆は、殺害、略奪、...

日常的実践のポイエティーク (ちくま学芸文庫)

  • ミシェル・ド・セルトー (著)
  • 評価4.3レビュー:1件
  • 税込価格:1,870
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2021/03/12
  • 発送可能日:1~3日
  • 読むこと、歩行、言い回し、職場での隠れ作業…。それらは押し付けられた秩序を相手取って狡智をめぐらし、従いながらも「なんとかやっていく」無名の者の技芸。ブリコラージュする弱者の戦術を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

    読書、歩行、声。それらは分類し解析する近代的知が見落とす、無名の者の戦術である。領域を横断し、秩序に抗う技芸を描く。解説 今村仁司・渡辺優【商品解説】

修験道入門 (ちくま学芸文庫)

  • 五来 重 (著)
  • 税込価格:1,650
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2021/06/14
  • 発送可能日:24時間
  • 日本人の宗教の原点である「修験道」。霊山の開祖たち、山伏の厳しい修行、篠懸や法螺貝といった特別な服装や持物などの起源と意味を追いつつ、修験道の歴史と精神を、宗教民俗学者が平明に説く。【「TRC MARC」の商品解説】

    国土の八割が山という国柄から、日本には世界にも稀な山岳宗教がおこった。仏教や民間信仰と結合して修験道という特殊な信仰ができあがり、これが日本人の宗教の原点を形成...

宋詩選 (ちくま学芸文庫)

  • 小川 環樹 (編)
  • 税込価格:1,430
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2021/05/12
  • 発送可能日:1~3日
  • 安定した中国的国家体制が敷かれていく宋の時代を北宋と南宋に大別し、約30人ずつの詩を厳選。王安石をはじめ、偉大なる詩人たちの名作を解釈し訳出する。親しみやすい宋詩論かつ漢詩概説としても読める、編訳者の解説付き。【「TRC MARC」の商品解説】

    唐詩より数多いと言われる宋詩から、偉大なる詩人達の名作を厳選訳出して解釈する。親しみやすい漢詩論としても読める、選者解説も収録。解説...

甘さと権力 砂糖が語る近代史 (ちくま学芸文庫)

  • シドニー・W・ミンツ (著)
  • 税込価格:1,650
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2021/05/12
  • 発送可能日:24時間
  • われわれが生きている社会や文化は、どのようにして形成されてきたのだろうか。その問いに砂糖を素材にして明確に答える。モノを通して世界史を語る先駆けとなった世界的名著を文庫化。【「TRC MARC」の商品解説】

    砂糖は産業革命の原動力となり、その甘さは人々のアイデンティティや社会をも変えていった。モノから見る世界史の名著をついに文庫化。解説 川北稔【商品解説】

近代とホロコースト 完全版 (ちくま学芸文庫)

  • ジグムント・バウマン (著)
  • 評価4.4レビュー:2件
  • 税込価格:1,760
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2021/04/12
  • 発送可能日:1~3日
  • 【ヨーロッパ・アマルフィ賞】近代文明こそ、ホロコーストの必要条件であった。アーレント、レヴィナスなど諸分野の先行研究を傍に、社会学の視点からホロコーストを現代社会の本質に深く根ざしたものとして捉え、西欧思想界に衝撃を与えたバウマンの主著。〔初版:大月書店 2006年刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

    近代文明はホロコーストの必要条件であった--。社会学の視点から、ホロコー...

民俗地名語彙事典 (ちくま学芸文庫)

  • 松永 美吉 (著)
  • 税込価格:2,420
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2021/04/12
  • 発送可能日:1~3日
  • 地名とその基本語彙を読み解く際に必要な情報を網羅した事典。あらゆる民俗資料を蒐集し、文献だけでなく、テレビ、ラジオ、土地の人からの言葉も書き留める。所在地の現地名と索引も付す。〔「日本民俗文化資料集成 13・14」(三一書房 1994年刊)を編集の上合冊〕【「TRC MARC」の商品解説】

    柳田国男の薫陶を受けた著者が、博捜と精査により日本の地名に関する基礎情報を集成。土地の...

リベラリズムとは何か (ちくま学芸文庫)

  • マイケル・フリーデン (著)
  • 税込価格:1,210
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2021/03/12
  • 発送可能日:1~3日
  • 「リベラリズム」という用語自体の歴史的変遷や思想的広がりを5つの層という視点から捉えなおし、そこに7つの中核的概念を見いだす。リベラリズム研究の泰斗が、その起源・展開・内実をていねいに解きほぐす。【「TRC MARC」の商品解説】

    政治思想上の最重要概念でありながら、どこか曖昧でつかみどころのないリベラリズム。その核心をこのうえなく明快に説く最良の入門書。本邦初訳。【商品解説...

資本主義と奴隷制 (ちくま学芸文庫)

  • エリック・ウィリアムズ (著)
  • 評価4.5レビュー:5件
  • 税込価格:1,870
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2020/07/13
  • 発送可能日:1~3日
  • なぜイギリスは世界ではじめての工業化を成し遂げたのか。カリブ海域史研究に取り組み、奴隷貿易と奴隷制プランテーションによって蓄積された資本こそが、産業革命をもたらしたことを突き止めたウィリアムズの金字塔的名著。【「TRC MARC」の商品解説】

    産業革命は勤勉と禁欲と合理主義の精神などではなく、黒人奴隷の血と汗がもたらしたことを告発した歴史的名著。待望の中山毅訳を文庫化。解説 ...

ハプスブルク帝国1809-1918 オーストリア帝国とオーストリア=ハンガリーの歴史 (ちくま学芸文庫)

  • A.J.P.テイラー (著)
  • 税込価格:1,760
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2021/08/12
  • 近日発売:予約可
  • ヨーロッパ最大の覇権を握るハプスブルク帝国。その19世紀初から解体までを追う。多民族を抱えつつ外交問題に苦悩した巨大国家の足跡。解説 大津留厚

    ===
    中欧・東欧の広大なエリアに跨り、近代ヨーロッパ最大の覇権を握っていたハプスブルク帝国。本書は神聖ローマ帝国時代の終わりから、オーストリア=ハンガリー二重帝国への転換を経て、1918年に帝国解体するまでを跡付ける。そこで浮き上がる...

責任と判断 (ちくま学芸文庫)

  • ハンナ・アレント (著)
  • 評価4.6レビュー:5件
  • 税込価格:1,760
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2016/08/08
  • 発送可能日:24時間
  • 邪悪でない人々のうちに潜む「凡庸な悪」。思考を停止してしまった世界で倫理は可能なのか。全体主義と現代大衆社会の病理を考察したハンナ・アレントの、「善」と「悪」についての透徹した思考をまとめた未公刊遺稿集。【「TRC MARC」の商品解説】

    アレント生前に発表された講義や論説を「責任」と「判断」の下に編む。道徳が崩壊した経緯を問い、善悪の判断を促すものを考察する【商品解説】

重力と力学的世界 古典としての古典力学 下 (ちくま学芸文庫 Math & Science)

  • 山本義隆 (著)
  • 評価5.0
  • 税込価格:1,320
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2021/03/12
  • 発送可能日:1~3日
  • 〈重力〉理論完成までの思想的格闘の足跡を原典に則して丹念に辿りつつ、誤りや迷いといった紆余曲折も含めて詳らかにする。下は、地球の形状と運動から、太陽系の安定の力学的証明、ケルヴィン卿の悲劇までを収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    西欧近代において、古典力学はいかなる世界を発見し、いかなる世界像を作り出し、そして何を切り捨ててきたのか。歴史形象としての古典力学。【商品解説...

戦争における「人殺し」の心理学 (ちくま学芸文庫)

モダニティと自己アイデンティティ 後期近代における自己と社会 (ちくま学芸文庫)

  • アンソニー・ギデンズ (著)
  • 税込価格:1,650
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2021/08/12
  • 近日発売:予約可
  • 常に新たな情報に開かれ、継続的変化が前提となる後期近代で、自己はどのような可能性と苦難を抱えるか。独自の理論的枠組を作り上げた近代的自己論。

    ===
    後期近代において、個人は特定の場所や宗教、慣習から切り離され、グローバルな社会と相互に繋がるようになった。常に新たな情報に開かれ、継続的な変化が前提となる時代に、自己アイデンティティは外的準拠点を失い、その物語を自ら構成しつづける...

重力と力学的世界 古典としての古典力学 上 (ちくま学芸文庫 Math & Science)

  • 山本義隆 (著)
  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,430
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2021/02/13
  • 発送可能日:1~3日
  • 〈重力〉理論完成までの思想的格闘の足跡を原典に則して丹念に辿りつつ、誤りや迷いといった紆余曲折も含めて詳らかにする。上は、重力とケプラーの法則から、重力を認めないデカルト主義者、オイラーの重力理論までを収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    〈重力〉をめぐる関係性の転換こそが、普遍必然的で自己完結した自然認識としての力学を形成した。上巻は、ケプラーからオイラーまでを収録。【...

科学哲学への招待 (ちくま学芸文庫)

  • 野家 啓一 (著)
  • 評価4.3レビュー:16件
  • 税込価格:1,210
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2015/03/10
  • 発送可能日:1~3日
  • 「科学」とは何か? その営みによって、人間は本当に世界を理解することができるのか? 科学哲学の第一人者が、科学技術の転換点に光をあてながら、知の歴史のダイナミズムへと誘う入門書。〔「科学の哲学」(放送大学教育振興会 2004年刊)の改題増補改訂〕【「TRC MARC」の商品解説】

    科学はどのようにして生まれたのか? いつ、なぜその自明性が壊れ、新たな理論に入れ替わるのか? 科...

西洋哲学小事典 概念と歴史がわかる (ちくま学芸文庫)

  • 生松 敬三 (編)
  • 評価4.0レビュー:3件
  • 税込価格:1,870
  • 出版社:筑摩書房
  • 発行年月:2011.9
  • 発送可能日:1~3日
  • 〔「西洋哲学史の基礎知識」(有斐閣 1977年刊)の改題,各部冒頭の解説とあとがきを新たに加えたもの〕【「TRC MARC」の商品解説】

五輪書 (ちくま学芸文庫)

十五年戦争小史 (ちくま学芸文庫)(ちくま学芸文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

十五年戦争小史 (ちくま学芸文庫)

  • 江口圭一 (著)
  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,430
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2020/10/10
  • 発送可能日:1~3日
  • 戦争は、誰によっておこされ、どのように展開したのか−。1931年の柳条湖事件の謀略に始まり、45年ポツダム宣言受諾と降伏文書調印によって終わった一連の戦争「十五年戦争」の曲折に満ちた過程と全体像を克明に描く。【「TRC MARC」の商品解説】

    満州事変、日中戦争、アジア太平洋戦争を一連の「十五年戦争」と捉え、戦争拡大に向かう曲折にみちた過程を克明に描いた画期的通史。 解説 加...

身ぶりと言葉 (ちくま学芸文庫)

  • アンドレ・ルロワ=グーラン (著)
  • 評価4.7レビュー:9件
  • 税込価格:2,200
  • 出版社:筑摩書房
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 発送可能日:1~3日
  • 人類の進化の本質とは、突き詰めてみれば何なのか。人類はいかに「知性」を育み、記憶を外部のアーカイブに託していったのか。人間を動物から区別する2つのもの「身ぶり」と「言葉」から、人の進化に理論的かつ実証的に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】
検索結果 1,884 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。