サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

いつかはきっと
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:1978
  • 出版社: ほるぷ出版
  • サイズ:16×23cm/1冊
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-593-50014-1
  • 国内送料無料
絵本

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

海外秀作絵本傑作30選集 30巻セット

  • 税込価格:42,714395pt
  • 発送可能日:購入できません

海外秀作絵本傑作30選集 30巻セット

  • 税込価格:41,688386pt
  • 発送可能日:7~21日

選ばれ読み継がれるロングセラー絵本 15巻セット

  • 税込価格:19,494180pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

いつかという未来

丸善京都本店さん

娘の小学校の卒業文集の将来の夢という欄に
「正社員」と書いている子どもがいて、なんだかせつなくなったりした。

 子どもも大人も いつかこんな風になりたいな・・・とおもうのは、自由のはずなのに、
自分で制限してしまったりする。
 
 娘が 学校にいきたくないと言い出したとき、
みんな そんなことでは いつか困るよ
と言って、心配と称して、ある意味おどしをかけた。

 ある日はっとして、
「あのさ、そのままでいいから、学校きらいならきらいなまま、どうやったらしあわせになれるか考えてみて」
と言ったら、三日後に 娘が、
「あのな、わたしな、こんなんできたらかっこええなと思ってやてみるねんけど、全然続かへんねん。ほんまは、こんなんやったら楽しいなあってこと探そう、おもうねんけど
なかなかみつかれへんねん」
とこたえた。

いつかこうなりたいというのは
今から逃げたいということではなく、
楽しく生きたいという願いなんだなあ
としみじみした出来事だった。

ゾロトフのあたたかい文に
ローベルの愛らしい絵が
よりそうすてきな一冊です。

                                        
(き)

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

いつかは…ね

2016/06/01 23:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつかはきっと…と小さな女の子がいろいろと語ってくれます。
全部そうなればすてきだけど。
女の子のいつかはきっと…かわいいです。
こういうことたくさん思いますよね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

夢が詰まってる

2016/06/22 08:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:冬みかん - この投稿者のレビュー一覧を見る

女の子の空想は一日中止まりません。ページをめくるごとにアーノルド・ローベル氏の描くsomedayと素敵なイラストで女の子の夢を飾ってくれてます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

夢をみること

2017/05/27 11:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちょこsweets - この投稿者のレビュー一覧を見る

夢をみるのはどんなにワクワクすることかを改めて教えられた気がします。
叶わないかもしれない。なんてマイナスな考えがひとかけらもない主人公が、とてもキラキラして見えました。
夢なんて馬鹿らしいと思う方には、ぜひ読んでほしいです。きっと少しは夢も良いなと思えるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

長女(みつき)のお気に入り絵本

2000/09/27 17:23

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:warabe21 - この投稿者のレビュー一覧を見る

女の子の「いつかはきっとそうなる…」
という願望がいっぱいつまった絵本です。
「いつかは ね…」という出だしではじまる

文章にみつきも共感しているのでしょう。

特にお気に入りは、
「いつかは ね…
 クリスマスツリーだって すきなように かざらせてもらう
 パパも ママも おにいちゃんも てつだいっこ なしよ。」
です。

ツリーのてっぺんに
女の子が天使の格好で
自分を飾ってしまうのがいいのか、
それとも一人でクリスマスツリーの
飾りつけもしてしまうのがいいのか。
きっと両方なんでしょう。

どのページもほほえましいのですが、
このページは本当に楽しいページです。
いろんな「いつか」のあと、
女の子も現実に帰ってしまいますが、
その終わり方もいいなと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

夢を見つづける女の子へ

2001/03/19 11:48

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かれん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今は、まだ上手に出来ないけれど、「いつかはきっと…」皆をびっくりさせたい。その夢があるから、頑張れます。そこに行くまでには、相当な練習や積み重ねが必要と分かっていても、女の子は夢を見続けます。

 「いつかはね…よむ本がなくてつまんないなぁと思った途端、ベルがなってどさっと一箱とどくの」本好きにはたまらない夢です。いつかお金持ちになって、いつか、皆が羨ましがるバレリ−ナになって…と、夢はつきません。大人になると、悲しいけれど現実的な夢しか見られなくなってしまいます。子どもたちには、沢山夢を見てから大人になって欲しいです。

 原作タイトル「SOMEDAY」の文字が「いつかはきっと…」の翻訳と一緒に、文字を装飾して描かれています。クリスマスの飾りをつけた「SOMEDAY」は素敵です。平仮名ではなかなか出来ない演出ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小さな女の子のささやかな夢の本

2002/05/16 18:06

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Shinji - この投稿者のレビュー一覧を見る

こどもの心の中をさりげなく描くのは、シャーロット・ゾロトフの一番得意とするところ。
ちょっぴり苦い思いで、でも夢見るような思いで「いつか」未来のことを考えたことが誰にもあるはず。
大人にとってはあたりまえのことも、小さな女の子にとっては「夢」なのです。
ささやかで、はつらつとして、ほほえましい、そんな夢を描いた、素敵な絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ゆめみること

2002/07/27 12:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塔ノ上 - この投稿者のレビュー一覧を見る

イラストは『ふくろうくん』や『ふたりのともだち』などで有名なアーノルド・ローベル。彼のイラストの違った一面が見られる絵本である。
「いつかはきっと……」と夢みる少女の空想の物語。幼い頃いつも考えていた理想の自分の姿。誰にでも、熱心にそんな空想をふけった覚えがあるだろう。
「いつかはきっと……」と将来を夢みる特権は子どもだけのものだと、しばしば間違えられているが、大人だって「いつかはきっと……」と美しい空想の世界にふけってもいいと思う。こんな時代ならなおさら、この物語の少女のように、すべてがうまくいく世界を思い描いてもいいんじゃないだろうか。たとえ、それがただの空想だとしても、願うことはできるのだから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大人になっても・・・

2009/02/15 22:27

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hachi - この投稿者のレビュー一覧を見る


この本は大人になってから、久しぶりに何か
新しい絵本を読みたい、と思い購入したものだった。

買った理由としては、絵本にしては比較的価格が安い、
ということと、小さい頃にアーノルド=ローベル氏の
絵が使われている絵本を、読んだことがあったから
ということだった。



1度目に読んだときは、文章があまりにも
簡単だったので「これは小さい頃に読んでおくべき
本であって、今読むにはあまりふさわしくなかったかな。」
と思ったが、それは誤解であった。

2度目読んだとき、小さい頃のことを思い出した。
おけいこごとで「あなたが一番すばらしい」と言われる。
欲しいと思っていたものが、突然届く。
いつもはいじわるなお兄ちゃんが、大人の女の人の
ように扱ってくれる。
お金持ちになって、みんなにプレゼントをあげる。


大なり小なり、統一性もないけれど、
小さい頃はいつも、そんな夢を見ていた。

この絵本には、そんな幸福で優しいものが詰まっていると感じた。



「いつかはきっと」は大人と子供、
それぞれ違った視点で楽しむことができる本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/06/22 22:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/13 23:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/24 13:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/04 15:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/31 17:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/29 23:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/10 06:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む