サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ポイント増量キャンペーン ~4/15

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発売日:1981/11/12
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:27cm/1冊
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-8340-0857-6
絵本

紙の本

はるにれ (日本傑作絵本シリーズ)

著者 姉崎 一馬 (写真)

【産経児童出版文化賞美術賞(第29回)】【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

はるにれ (日本傑作絵本シリーズ)

税込 1,100 10pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

福音館の特選ロングセラー絵本 日本 20巻セット

  • 税込価格:23,430213pt
  • 発送可能日:購入できません

福音館の特選ロングセラー絵本 日本 20巻セット

  • 税込価格:23,430213pt
  • 発送可能日:購入できません

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者紹介

姉崎 一馬

略歴
姉崎一馬

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

青春時代の謎

2006/10/14 05:43

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くにたち蟄居日記 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 高校時代の誕生日にクラスの女の子からプレゼントされたのが本書である。

 その子とは別に付き合っていたわけではない。僕も他に好きな女の子もいた。しかも その子が僕を好きだったかというと そんなことも無かったはずである。従い 今でも 何で本作をその子から貰ったのかが 分からない。

 但し 高校時代は 自分についても他人についても 分からないことだらけであった事は確かだ。青春時代の甘酸っぱい謎の一つとして僕にとっての本書がある。

 そんなわけで 手許に残ったのは 本作だけだ。たまに見てもはるにれは 色褪せずにすっくと立っている。この本も しかしロングセラーになった。自分でも理由はよくわからないが 僕としては何故か嬉しい。

 本をプレゼントしてくれた女の子は 北海道の農場に嫁いで 3人の子供の母になった。人生色々である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

物言わぬ大木の、なぜか雄弁な表情

2005/01/31 11:08

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いしころ - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙は秋のひとこま、ですが、それはすでに冬の厳しさを覚悟している、「はるにれ」さんです。じきに降り出した雪は、容赦なく彼(または彼女)にたたきつけ、凍らせ、有無を言わさず全てをかたく閉じ込めてしまいます。
横殴りの吹雪を受ける、彼のアップ。胸が震えます。

と、降り止んだ雪。あたりを支配する静謐。薄青く平らな大地が、優しげにもうつります。そして、昇る太陽に祈るはるにれ。(だって、祈ってるのよ〜)
このあと、春の霞、若い緑、と魅せてゆき、あまりにも力強い、夏。晴れ渡る青空にのばした枝々に、盛り上がるごとく輝く無数の葉。

ああ、雪も、孤独も、痛みも、なんだかこれで、チャラね。『感動してしまっているオバサンの図』に照れながら、『はるにれ』を本棚に加えました。正座して。

子どもたちに読んでやったことはないです。たぶんこれからも、ないでしょう。でも、いつか、彼ら自身がこの本を開いて、じっくり見つめたくなる時が、きっとくると思います。
そこで、子どもたちは、何を感じ、何を聴くのでしょうね。
そして どんな「夏」をむかえるのでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

はるにれの存在感に勝つものって?

2001/02/19 15:49

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まーしゃ@B◎◎KRACK - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ほんとうに見事な写真の絵本です。

 文章はまったくありません。このくらい被写体に存在感があると、ことばなんていらない。地平線がみえる広い草原に、すっくと立つ1本のはるにれの木。その四季のすがたがおさめられた写真絵本です。

 秋の夕暮れ。冬の早朝。「しばれ」と呼ばれる寒さの中に立つはるにれ。そうした冬を越えて、春の靄、そして緑萌ゆる夏のはるにれ。それぞれの四季の中に立つはるにれの想いが伝わってきます。

 本を開く前と後で、自分の気持ちが変わることを実感できると思います。少なくとも「とりあえず明日もがんばろう!」とは思えます。滋養強壮にこの1冊(笑)。

 このはるにれの木、実物を目にしたことがありますが、やっぱりすごい。その存在感に圧倒されます。ご覧になりたいかたは、ぜひ北海道・十勝にいらしてください。

【B◎◎KRACK】No.71 2001/02/14発行

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

文字のない写真絵本

2022/07/28 02:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ルリノツキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

雄大な自然の中にある楡の大木を写し取ったとても美しい作品
文章はありません

子供はつまらないと思いそうな気がしましたが
意外にも気に入って他の絵本と同様に興味深く何度も見ていました

こんなに大きくなるまでに一体どれほどの時間が流れたのか
同時に客観的に人間の悲哀を感じたりもします
大人にも子供にも手に取って一度見てもらいたい一冊です

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。