サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ブッダの真理のことば感興のことば

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ブッダの真理のことば感興のことば(岩波文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1978.1
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • サイズ:15cm/394p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-333021-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ブッダの真理のことば感興のことば (岩波文庫)

著者 中村 元 (訳)

ブッダの真理のことば感興のことば (岩波文庫)

1,091(税込)

ブッダの 真理のことば 感興のことば

1,091 (税込)

ブッダの 真理のことば 感興のことば

ポイント :10pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

いい本です

2013/01/26 10:12

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:choku - この投稿者のレビュー一覧を見る

ブッダの教えがとても簡潔にまとまっていて、読みやすい。
日々少しづつ読み進めています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

簡潔な文章で真理が述べられた仏典

2003/08/21 06:00

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:濱本 昇 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ブッダの教えをブッダ自身から発した言葉として纏められた経典と言われる本書は、仏教の真髄、人間の行為・思考としての正しい方向性を示唆するに相応しい書であった。訳者の力量に負うところが大きいが、それぞれ、2〜3行の分かりやすい、簡潔な文章で纏められ、ダンマパダは、423の詩句より成り、ウダールヴァルガは、33の章から成り立っている。両者の間には、全く同じ文章もあり、ブッダの教えの普遍性を明示していると思う。
 それぞれ、感銘を受けた部分、考えさせられた部分を取り上げたい。
[真理のことば(ダンマパダ)]
50:他人の過失を見る無かれ。他人のしたことしなかったことを見るな。ただ、自分のしたこととしなかったことだけを見よ。
他人は、自分の思うようにならない事を知れ。自ら律する事が可能なのは、自分だけである。自分の思うようにならないもの、それは、他人と過去。自分の力で切り開けるもの、それは自分と未来。
210:愛する人と会うな。愛しない人とも会うな。愛する人に会わないのは苦しい。また愛しない人に会うのも苦しい。
 211:それ故に愛する人をつくるな。愛する人を失うのはわざわいである。愛する人も憎む人もいない人々には、わずらいの絆が存在しない。
 212:愛するものから憂いが生じ、愛するものから恐れが生じる、愛するものを離れたならば、憂いは存在しない。どうして恐れることがあろうか。
この3つの詩句は、他と違った意味で私は捕らえる。他の詩句は、文字通りに読み取れるが、この3つは、そうで無いように思う。普通我々は、愛するものを持とうと努める。しかし、この3つは、それを否定している。愛する人をもつ事は憂いの根源と見るのである。たしかに、愛する人、愛さない人を持たなければ、わずらいの絆は存在しないであろう。しかし、にもかかわらず、我々は、愛するものを持たずに生きられない弱い存在であることを認識せよという意味で私は捕らえる。
  284:たとい僅かであろうとも、男の女に対する欲望が断たれないあいだは、その男の心は束縛されている。-乳を吸う小牛が母牛を恋い慕うように
私は、束縛から解かれなくとも、この欲望は失いたくない。
  
[感興のことば(ウダールヴァルガ)]
 一章22:いくら財産を貯えても、最後には尽きてなくなってしまう。高い地位身分も終には落ちてしまう。結びついたものは終には離れてしまう。生命は終には死に至る。
「諸行無常」を解いている。
 二十五章5:劣った卑しい者になじむ人は堕落してしまう。しかし等しい者に付き合う人は実に堕落することはないであろう。すぐれた者に近づく人はすぐれた状態に達する。それ故にこの世では自分よりもすぐれた人と付き合え。
だから私は、「書」に親しむ。
 二十五章14:聡明な人は、瞬時のあいだ賢者たちに仕えてもただちに真理をはっきりと知る。-舌が汁の味をはっきりと知るように。
真理を僅かな言葉で理解出来る者こそが聡明である。自画自賛であるが、私も、これに近いと思う。
 三十章38:この世で教えをよく説き、多く学んで、何物をももたない人は楽しい。見よ!人々は人々に対して心が縛られ、何物かを持っているために(かえって)悩んでいるのを。
全ての悩みは、「執着」から発している。「執着」を見出す事こそ、悩み無き行方
の本質である。
 三十二章37:執着の条件に依って苦しみが起こる。苦しみは執着の条件から生じるものである。執着の条件がすべて滅びたならば、苦しみの起こることはない。
正に真理である。私は、これを完全に理解している。

以上、素晴らしい「教え」を読ませてくれた本書は、私にとって素晴らしい体験
となった。中村氏翻訳の原始仏典は、いずれも生きる上での教訓を提示してくれ、
素晴らしい経験をさせてくれる。これからも、氏の訳書に親しんでいきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/11/30 17:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/06 21:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/13 21:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/24 20:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/21 09:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/25 02:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/02 11:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/18 13:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/09 03:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/29 22:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/08 20:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/23 15:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/12 11:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る