サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ー心を遊ばせる・心を羽ばたかせる― 空想と幻想の物語 ポイント5倍キャンペーン  ~7/29

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

母の発達(河出文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 27件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.5
  • 出版社: 河出書房新社
  • レーベル: 河出文庫
  • サイズ:15cm/188p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-309-40577-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

母の発達 (河出文庫)

著者 笙野 頼子 (著)

娘の怨念によって殺されたお母さんは〈新種の母〉として、解体しながら、発達した。五十音の母として。空前絶後の着想で抱腹絶倒の世界をつくる、芥川賞作家の話題の超力作長篇小説。...

もっと見る

母の発達

税込 660 6pt

母の発達

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.7MB 無制限
Android EPUB 5.7MB 無制限
Win EPUB 5.7MB 無制限
Mac EPUB 5.7MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

娘の怨念によって殺されたお母さんは〈新種の母〉として、解体しながら、発達した。五十音の母として。空前絶後の着想で抱腹絶倒の世界をつくる、芥川賞作家の話題の超力作長篇小説。【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー27件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

母は世界だ宇宙だ

2006/12/16 22:31

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

抑圧的な母親の下で異常をきたし始める少女の世界を描く「母の縮小」、そしてその続編「母の発達」「母の大回転音頭」の三連作。視野の中で母が縮んでいき、さらに映像の歪みが拡大して行き幻想と区分が無くなって行く過程は、一応その、現代に対する告発という文脈でも読むことが出来ないではない。娘にとってのロールモデルたる母親の影響力、密着の強さは、破綻に瀕した場合の破壊力の大きさが窺えようというものである、などという理屈を浮かべながらでも。本作でのそれは前近代的な女性の生き方を押し付けるというのとは逆の、女医になる以外は職業として認められないという立場での、娘にとってはなおさらに逃げ場を作れない種類のものであるゆえの深刻さがあり、それは愛情と隙の無い論理を持って専制君主のごとく心身ともに支配力を発揮する人物像によって徹底的に現実化される。
しかしその辿り着いた先にあるのは、ついに家を出られないままで老いに向かうかつての少女が幻視する、発達する母、そして近所のカラオケ教室の先生に作曲してもらったロックのリズムで大回転音頭を踊る母という、恐るべき未来だった。
この幻想の特異性は、ありえないことをリアルに、ビジュアルに感じさせようとするファンタジーのための描写テクニックで語られるのでなく、言語の可能性だけによって組み立てる方法を用いられていることにある。例えば筒井康隆の「虚構船団」「残像に口紅を」のスタイル。その力により、かつて自分の価値観に固着していた母親は、可能性の赴くままに無数に分裂する。保守的であり先進的であり、巨大であり微小であり、理性的であり激情的となる。
解説で斎藤美奈子は、これを母性の解体と呼んでいるが、同時に母性の強大化とも見ることが出来るのではないだろうか。娘にとって、母と自分の母性が解体されるか、遍在化するか、それのどちらが幸福をもたらすかを判定できるだろうか。むしろそれらのイデオロギーを相対化してしまうことが、この小説の笑いによって成し遂げられているように思える。撒き散らされる毒は、それを理性で解読されることを拒否し、ただ爆笑の快感を感じられる者だけに救いをもたらすのではないか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

エキセントリック母娘

2003/06/12 10:58

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:PNU - この投稿者のレビュー一覧を見る

 抑圧されて育ったゆえに自立出来ない娘と、子供が幾つになろうと自分の支配下に置いておきたい母との窒息しそうな暮らし。親子関係は、娘が反逆の行動を取ったときから大きく変わりはじめ…。
 「母の縮小」娘を女医にしたい母。しかし娘は、学力&精神的に限界を感じていた。母のいびりに追いつめられた娘は、視覚に異常をきたしていき、縮みゆく母を幻視する!
 自分は主婦なのに、娘には医者になれという家の専制君主「おかあさん」。私も過干渉の母に育てられたゆえ、「母のその日の機嫌が私の幸不幸のすべてを決定する」って気持ちわかりすぎ。
 リアルな設定から始まった物語は、どんどんシュールさを増してゆく。小説だもの、たとえ家の女帝の「おかあさん」にだって何をしてもよいのだ、たぶん。
 「母の発達」親戚に電話をかける娘。なぜなら、「おかあさん」が…「おかあさん」を私が…。
 どんどん物語はムチャクチャになっていくが、その破天荒ぶりが面白い。荒唐無稽でいて、グサリとくる本当のことが書いてあるから油断がならぬ。
 「母の大回転音頭」変化した「おかあさん」が旅に出る…孤独な娘は母を探すが。
 これは単なるおおぼらか、それとも世界を創る神話なのか? 隠しテーマは親子愛なのか? 筒井康隆もかくやの怒濤の描写に惹きつけられる!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

娘と母の3編

2017/04/15 04:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

親子の関係を縮んでしまった母親という奇妙な視点から描いている。ルテーナなど肉体への嫌悪感が伝わってくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そうだったのか三重県民!

2015/08/25 15:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sin - この投稿者のレビュー一覧を見る

そうだったのか三重県民!などとだまされてはいけない。血液型で断定する性格判断のような県民性は作者自らの出自を、いや語られる描写と大差のない日本国民を貶める為のものであって、そこには文中で語られる母性の破壊との共通点が見られる。同じ女性性である母の破壊はあまりに現代的な私小説であり、50音を羅列し語られる物語は物語それ自体を破壊し読む者にとって、もはやお経の世界である。このすんばらしい垂れ流し私小説をこの世のすべての女性にそして女性な男性に読んでほしい。いや仏壇の前で朗読して聞かせてあげたい三重弁でw

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

言葉の奔流

2002/07/21 13:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よんひゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

解説を斎藤美奈子が書いてるから、というわけではないが、やはりこれは、女性であることが大きなテーマになっている作品だと思う。母と娘の葛藤とはいっても、子育て云々ではない。育てることを否定した母の話なのだから。

などと、理屈っぽく解説しようと思うと、いろんな読み方ができるが、とりあえずは言葉の奔流に身をゆだねるのがよい。不思議な快感。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/08/17 23:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/04 21:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/18 20:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/20 03:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/21 17:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/26 01:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/04 11:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/14 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/04 14:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/27 13:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

河出文庫 ランキング

河出文庫のランキングをご紹介します河出文庫 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。