サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

	ブックオフ宅本便ページ修正

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 塩野七生ルネサンス著作集 5 海の都の物語 下

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

塩野七生ルネサンス著作集 5 海の都の物語 下

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.8
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/453,12p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-646505-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

塩野七生ルネサンス著作集 5 海の都の物語 下

著者 塩野 七生 (著)

塩野七生ルネサンス著作集 5 海の都の物語 下

2,160(税込)

ポイント :20pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

海の都の物語 ヴェネツィア共和国の一千年(下)―塩野七生ルネサンス著作集5―

1,534 (税込)

海の都の物語 ヴェネツィア共和国の一千年(下)―塩野七生ルネサンス著作集5―

ポイント :14pt / 紙の本より626おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「塩野七生ルネサンス著作集 5 海の都の物語 下」が含まれるセット商品

塩野七生ルネサンス著作集 7巻セット

塩野七生ルネサンス著作集 7巻セット

  • 塩野七生 著
  • 税込価格:13,932129pt
  • 発送可能日:購入できません

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

塩野七生は結局これ!

2005/05/19 23:04

10人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

塩野七生の本は沢山あるが、結局「サントリー学芸賞」を受賞した
「海の都の物語」に尽きますな。商業国家として繁栄を極めた中世の
都市国家ヴェネチア。最盛期には大英帝国顔負けの植民地帝国を築き
あげ、地中海を我が海としたヴェネチア。その栄華の絶頂期に衰退の
兆しは始まり、一旦衰退が始まると今までヴェネチアの長所だったもの
が短所となり、すべての歯車が逆回転を始めてしまう。帝国は衰退し
敗戦につぐ敗戦で領土は次々と失われていくが、皮肉なことにそれでも
ヴェネチア人は豊かであり続けたが故に、危機感は国民の間に高まる
ことはなく、構造改革の火は消され、衰退は続くのだった。豊かに
なった人間がリスクを取ることを避けるようになり、安全な道のみを
選ぶようになったことが国家から進取の気性を奪い去り、国家を衰退へ
と導いたという塩野の議論は初版から20年以上たった今も、その輝き
を失っていない。衰退した日本の大手都市銀行員に是非読ませたい一冊
である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ある国との類似

2008/07/26 02:09

6人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コーチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『海の都の物語』下巻では、強国オスマン帝国の台頭、宿敵ジェノヴァとの戦争、さらに大航海時代以後にゆらぐ地中海での覇権など、15世紀以降次々と新たな時代の荒波にもまれるヴェネツィアの姿が描かれる。
 特にオスマン帝国との戦いでは、スペインと結んだレパントの海戦など、痛快な勝利を収めたこともありはしたが、結局、資源に乏しいこの海洋国家が無尽蔵の資源を有する陸の大国に対して最終的勝利をおさめることはできなかった。地中海支配の要であったクレタ島の攻防戦は実に25年も続き、その最終段階においてはまるで亡霊のようだと形容されたヴェネツィアの兵士たちの守りもむなしく、結局オスマン側に要塞を明け渡すこととなる。
 国内の社会変化も、さまざまな角度から綴られていく。ヴェネツィアでは、伝統の共和政を維持しつつ、有事の際の政治的指導力強化のため、やがて政治家の世襲制が開始される。つまり代々政治家を輩出する家が生まれたわけであり、彼等は貴族といってもよい階級ではある。しかし、これは一般の貴族とは様相を異にする。一種の名誉職ともいえる政治家であるが、彼らの収入は決して多くはなく、16世紀になると、金に困って顔を覆いながら乞食をするような者も出たという。
 「聖地巡礼パック旅行」という章では、15世紀を中心に行われたイェルサレムの巡礼ツアーに国をあげて取り組む様子が描かれるが、今でいう観光事業にも手をのばす彼らの巧みな商才には思わず微笑んでしまう。
 もともと潟(ラグーナ)だけであった領土も、国家の隆盛とともに周辺地域にひろがってゆく。その過程でヴェネツィアは、海洋国家から農耕中心の国家へと徐々に移行していく。かつては国家の安全と繁栄を守るために必死になって戦った覇気にあふれる国民性もいつのまにか萎え、18世紀にはかつてのような覇権国家とはほど遠い存在となりながらも、市民たちは平和と豊かさとを享受し、その華やかな文化はゲーテを始めとする多くの観光客を魅了する。
 しかし、文化的絢爛のさなかにあったこの国も、フランス革命後に頭角を現したナポレオンによって征服され、花火のように消えてゆく。ナポレオンの恫喝に、市民も政治家もただ怖気づいて、結局一度も剣を交わすことなく、ヴェネツィアはフランスの手に落ちたのだった。かつてクレタ島を死守したときのような覇気はどこにもなかったのだろう。
 最後まで読んでみて、ヴェネツィアという国が、現代のある国と歴史や国の性格、国民性の点から非常に似ていると感じた。
 四面を海に囲まれ、天然資源にも恵まれていない。しかし、この国の民は古来、高い道徳性と勤勉性により、豊かな文化と物質的繁栄とを生み出してきた。海を隔てた近隣には、領土的野心に燃えた大国が数カ国存在する。先人たちは自国を愛し、それを守るために自分の命さえも投げ出して戦い、これらの国々の侵略を許さなかった。しかし、その後訪れた長い平和と繁栄のなか、その子孫たちは平和を自らの努力によってかちとるものということを認識を忘れたばかりか、そのような考えを否定ないしは軽蔑するようにさえなっている。(ついでに、かつて各々生活苦をかかえながらも他の階級の上位に立っていた支配階級がいた点も似ている。)
 その国とは、いうまでもなく我が日本である。ヴェネツィアの歴史をそのまま当てはめるならば、日本もやがて近隣の大国に併呑されてしまうということか?それも戦わずして降参することによって...

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/05 15:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/16 13:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/26 10:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/01 19:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/22 22:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/26 10:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/26 14:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/12 16:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/21 23:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/24 16:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ヨーロッパ史 ランキング

ヨーロッパ史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む